ナイフとファイヤースチールで火起こし|極太のフェロセリウムロッドが凄い!

こんにちわ、solo×niwaです。

焚き火の火起こしで困ったことはありませんか?

今日はライターを使わない着火方法について紹介します。使うのはナイフとファイヤースチールという金属の棒。フェロセリウムロッドというものがあるんですが、これが凄い!

一般的なファイヤースチールと違い、極太で火花の量が凄いんです。もちろん。麻ひもをほぐした火口などがあれば一発着火。

火口(ほくち)とは?
火をおこすとき,最初に火を燃上がらせるために用いる物です。個人的には、「麻ひもほぐしたやつ」最高です。

フェロセリウムロッドは、太くて長くて持ちやすいので非常に扱いやすいです。

SOTOのスライドガスマッチと並べていますが、存在感でひけをとりません。まさに一生モノともいえるファイヤースチールでしょう。

まずは動画をご覧ください。

フェロセリウムロッド 火起こし

動画のコマを抜き出したものがこちらです。

麻ひもをほぐしたものを用意しましょう。

ナイフの背をロッドに押し付けて。

素早くすります。

火花が飛んで。

麻ひもの上に落ちます。

ほぐしてある麻ひもは空気を大量に含んでいるため、火花で十分に燃え始めます。

着火完了。これからフェザースティックなどの焚き付けに火をうつしていけばあっという間に焚き火の完成です。

簡単でしょ?

なぜナイフと金属の棒で燃えるのか?

ナイフでフェロセリウムロッドをこすることによって、摩擦熱が生まれます。削れた金属粉(ファイヤースチールに含まれるマグネシウム)がこの摩擦熱で燃えることによって大きな火花を散らすことができます。その温度はおよそ3,000度とも言われています。

フェロセリウムロッドの詳細

大きさと太さ

約12.7cmの長さです。タバコの1.5倍くらいの長さがあります。

太さは1.2cm程度。極太です。

火付けに必要なのはロッドとナイフ。燃料がいらないので非常にエコ。究極の火起こしと言っても良いでしょう。

ナイフの背側をこすりつけます。背にエッジが立っていた方が火花が出やすいです。

ロッドがナイフの背側で削られ、摩擦熱で削られた金属粉に着火します。

極太フェロセリウムロッドの長所

・ライターがいらない

・極太なので一生モノ

・火花の量が凄い

・持ちやすい

極太で長さがあるので安定して持つことができます。そして、火花の量が凄いです。つまり着火力に優れているんです。

一般的なファイヤースチールとは比べものにならない大きさなのでよほどヘビーに使わなければ、一生使うことができます。

車に常に積んでおけば火起こしに困ることもなくなるでしょう。ライターを忘れても良いのです。

極太フェロセリウムロッドの欠点

当たり前ですが、極太で長さがあるということは重くかさばるということ。その欠点を補って余りあるメリットが火花の量が凄いということなんですが・・

もしウルトラライトな装備にしたいのであればもっと軽量なものを選んだ方が良いでしょう。オートキャンプメインであれば重さは関係ないのでオススメします。

まとめ

以上、ライターよりも味のある火起こしができる「フェロセリウムロッド」の紹介でした。金属と金属をこすり合せることで火起こしができるのは素晴らしいですよね。きっと火起こしが儀式のように楽しくなると思います。キャンプには遊び心を忘れず、火起こしひとつとっても「雰囲気」や「味」を大切にしたいものですね。

オススメのフィアヤースチール

Farfar ビッグサイズフェロセリウムロッド

Forfar 12.7mmx12.7cm ビッグサイズ フェロセリウムロッド フェロセリウム ロッドフリント ツールキットキャンプハイキングサバイバルアウトドアブラック便利 ファイヤースターターライターマグネシウム

今回紹介しているのはこちらです。600円台でこれだけの大きさのロッドが手に入るのは凄いです。紹介したとおり着火も良好。一度買えば一生モノとなるでしょう。とても素晴らしい製品だと思います。最もオススメしたい!

ハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールアーミー

  • サイズ:スターター/約96×24mm、プレート/約55×18mm
  • 重量:約55g
  • 発火回数:約12000回
ハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールアーミー BK 26011

コンパクトに持ち運びたい方はこちらがオススメ。ハイマウント製で非常に人気の高いモデル。すごくシンプルなデザインも素晴らしいです。”THE”という定冠詞を与えたいくらい。

マグネシウム メタルマッチ

火打ち石 ファイヤースターター マグネシウム メタルマッチ 着火器 緊急災害・アウトドア・キャンプ・サバイバルツール

銀色の部分がマグネシウム、黒い部分がフェロセリウムです。マグネシウムを削ってフェロセリウムの火花で火をつけるタイプです。非常にコンパクトで火付きも良好、そして数百円と安価。かなり評価が高いです。オススメ。

karesuando kniven カレスアンド ファイヤースチール

  • 全長:約105mm
  • ファイヤスチール:約55mmx9mm
  • ハンドル:トナカイの角
karesuando kniven カレスアンド ファイヤースチール

ハンドルが貴重なトナカイの角で作られています。太さも9mmあるので安心して長く使うことができます。お洒落さと実用製を兼ね備えた一品です。個人的にはデザインが一番好きです。超オシャレ。

AURORA ファイヤースターター シルバー 440Cブレード

デザインと収納性が優れたファイヤースターターです。マグネシウム部を少々削り、削り粉に火花をとばして着火させるタイプです。アルミの削り出しの質感がかっこいい。

AURORA ファイヤースターター シルバー 440Cブレード 900

http://soloniwa.jp/2018/01/09/bonfire-and-firewood/




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA