ソロキャンプの記録|焚き火という名の「アタラクシア」

こんにちわ、@ソロニワ です。

ソロキャンプ に行ってきたので、ギアの写真などを記事にまとめました。夏のキャンプは、ちっちゃい焚火台があれば十分ですね。

エビスで「くーっ」てなる

マウス(指)をのせると「くーっ」ってなりますw

いきなりお酒ですみません・・

しかし・・エビスって「くーっ」ってなる「苦味」が最高ですよね。ブラスっぽいゴールドの缶もほんと素敵。

ブッシュボックス 最高

くし焼きウインナーはルーティン♩

今回使用している焚火台は 「ブッシュボックス XL」 です。

最近買ったギアでは間違いなくNO.1です。いまのところ「ここがやだなぁ」みたいな弱点がないんですよね。

ちなみに最強の理由はこちら。

  • チタンで錆びない
  • 薄く収納できる
  • 500gしかない
  • 大きめの薪が使える

焚き火というアタラクシア

ウルヴァリン(めちゃくちゃ気に入ってる)&ブッシュボックス(めちゃくちゃ気に入ってる)

夏は小さな焚き火をゆったりと楽しむことができます。

小さくゆれる炎を見ていると「心の平穏」が訪れるんですよね・・

古代ギリシアの哲学者はこう言いました。

平静な心を保つのは、幸福な人生のためのもっとも有効な手段である

それを「アタラクシア」と呼ぶそうです。

炎は力の象徴だったりするけど、規模によっては「癒し」そのものです。

焚き火ってアタラクシアだよなぁ・・

夏はタープ だよね

幕はDDタープの3×3に、アメドSのインナーを入れています。

前180cm、後170cmくらいのポールで小川張りするとちょうど感じ。

夏は前後がメッシュになるインナーが最高なんですよね。フライじゃなくタープにすれば風が吹き抜けるし。

蚊帳でタープ 泊とかもいいんですが、フルクローズ可能なインナーテントだとプライベート感があって快適ですね。

ルーメナー という「虫収集機」

つづいてちょっとしたキャンプハックを紹介します。

明るいメインランタンですが、テーブルから少し離したところにぶら下げておくといいですよ。虫収集機になってくれるので(笑)

最近はもっぱら、1000ルーメンのルーメナー を愛用しています。明るいのにかさばらないし、充電式なのが最高!

結局シンプルなものに落ち着いてしまう・・

テーブルランタンはフェアーハンドの灯油ランタンです。

ガスとかいろいろ買ったんですけど、淘汰されて最後に残ったのがこれでした。構造がシンプルだから壊れる要素がないし・・100年以上作られているものはやはり実用的ですね。

もうこれ以上の灯油ランタンはできないでしょう?

これは死ぬまで使おうと思っています。

まとめ

今日はあまり荷物を持ってきませんでした。

頑張って重いギアをたくさん持っていった時期もあったんですが、いまはそういう気分じゃないんですよね。自然の中で炎を眺められたらそれで十分。

シンプルって最高だな。

campgear-osusume

【本当に買ってよかった!】おすすめのキャンプ道具 65選!