Snow peak(スノーピーク) 「焚火台S」 のレビュー|ソロキャンプにおすすめです!




スノーピークの焚火台Sのレビューです。

スノーピークの焚火台にはS・M・Lと3種類のサイズがあるのですが、実際に使用してみると、軽くて、コンパクトで、本当に重宝するのがSサイズ。

家族ではMサイズを使って焚き火やバーベキューをして楽しんでいますが、一人だけで行く ”ソロキャンプ” 「焚火台S」がおすすめなんです。

Mサイズと比べて重さは半分の1.8kg。持ち運びが圧倒的に楽になり、焼き面は27cm四方あるので、1人で焚き火や調理をするには丁度良いサイズ感です。

これからスノーピークの 焚火台S の購入を考えている方のために、特徴や使い勝手をまとめたので、参考にしてみてください。

焚火台とは?

「焚火台」は、スノーピークが開発した焚き火をするための道具です。(スノーピークが元祖!)直火では芝や木の根を痛めてしまうことから、自然を守りながら焚き火を楽しむツールとして開発されました。

圧倒的に美しいデザインと、耐久性は本当に魅力的。長年、多くのキャンパーに愛されているのも必然と言えるでしょう。

焚火台Sのスペック

スペックは以下のとおり。上からみて四方の大きさが27cm×27cmです。面積的には27cmの靴を横に3つ並べたくらい。

  • 使用サイズ:270×270×210mm
  • 収納サイズ:350×410×25mm
  • 重量:1.8kg
  • 素材:ステンレス鋼
  • 板の厚み:1.5mm

焚火台Sのいいところ

気軽に持ち運べる重さ

焚火台Sの重さは1.8kg、焚火台Mの重さは3.5kgなので約半分です。ずしっと重い焚火台Mと比較すると「焚火台ってこんなに軽いんだー」って思います。「バイクに乗せていってもよいかな?」と思えるくらいの重さですよ。

圧倒的耐久性

焚火台Sはコンパクトながらも、圧倒的な耐久性を誇ります。部材となるステンレス板の厚さは1.5mmもあるのでいくら燃やしても変形しません。スノーピークの焚火台が壊れたとか、変形したという話は一度も聞いたことがないですね。

設置&撤収が簡単

構造は非常にシンプルです。4枚の板が繋がってる構造なので、設置は「広げるだけ」、撤収は「折りたたむだけ」です。折りたためば、薄い板のようになるので持ち運びもとても楽です。

グリルブリッジ(焼き網)はすごく便利

オプションのグリルブリッジ(網)を使用すると、27cm四方が焼き面になります。大きくはないですが、ソロ(1人)・デュオ(2人)では十分に楽しめるサイズです。

グリルブリッジは、脚が折りたたみ式で、高さが3段階に変えられるので、とても便利です。そして、ストレート網なので焦げが落としやすくて良いです。

豊富なオプション

焚火台Sはオプションがとても豊富(5種類)です。

私は「ベーススタンド」以外は全て持っていますが、とりあえず揃えるのであれば、とても丈夫な帆布ケースと、便利なグリルネット(焼き網)はマストで揃えたいところです。

オプション名説明
帆布ケース帆布製の極厚ケース
グリルネット高さが3段階に変えられる網
炭床ProS薪・木炭の効率いい燃焼を促すプレート
ベースプレート焚火台の放熱を緩和し、芝や微生物を守る
ベーススタンドベースプレート下に設置し、芝や微生物を守る

焚火台Sを実際に使用している動画

実際にグリルネットを設置し、メスティンで炊飯をしている様子がこちらです。

まとめ

以上、スノーピークの焚火台Sのレビューでした。

ソロキャンプではいつもこの焚火台Sを使用していますが、軽く扱いやすいので本当に便利です。そして何度使用しても一切歪みがないのが素晴らしい。

まさに一生モノですね。

焚火台S、ソロキャンプに凄くおすすめですよ!

【レビュー】コンパクトな焚火台ならピコグリル398(Picogrill)がおすすめです!

【キャンプ道具のおすすめ 77選!】実際に使っているものだけ、紹介します。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA