春の気候の特徴と、キャンプ用品についてまとめてみました。

Pocket

こんにちわ、@ソロニワです。

もうすぐ春が来ますね。「大自然の息吹」を肌で感じながらキャンプするなんて最高です。春はキャンプにはベストシーズンだと思いますが、実はいくつか気をつけたいことがあります。

ということで、春キャンプにおける気候の特徴と、オススメのキャンプ用品などをまとめてみました。

春の気候の特徴(3月・4月・5月)

偏西風が西から東に吹く

春に特徴的なのは、西から東へ流れる上空の風、「偏西風」です。この偏西風により、「高気圧」と「低気圧」が西から東へ交互に通過するようになります。春はとても天気が変わりやすいのです。

春の「三寒四温」

春の気候は「三寒四温」とも表現されます。高気圧と低気圧が交互にやってくるため、2、3日おきに天気が変わります。冬の冷たい空気と、春の強い日差しが混ざり会うため、気温の変化が激しい点にも注意が必要です。

画像:weathernews

風が強い

春は南北の温度差が大きいので風が強くなります。春に近づく頃、北にはまだ寒気が残り、南では徐々に暖気の北上が強まります。日本付近では、北の寒気と南の暖気がぶつかりやすいため、風が強くなるのです。

画像:ツイナビ

紫外線が強い

春のUV-Aの量は真夏とほぼ変わらないんだそうです。UV-Aは紫外線の95%ほどを占め、肌の奥の真皮層に作用してハリや弾力のもとになる細胞組織を破壊すると言われています。

画像:カプレーブ


春の気候の特徴 まとめ

  1. 気候が変わりやすい
  2. 気温差が激しい
  3. 風が強い
  4. 紫外線が強い

春におすすめのキャンプ用品

春の気候の特徴(気温・風・紫外線)をもとに、おすすめのキャンプ用品をまとめてみました。

穏やかな日差し 草木は芽吹き 野山の動物達は動き始める

暖かい寝袋&マット

春は穏やかな日差しに恵まれますが、夜には10度以下になることもあります。そのため、シュラフは「マミー型」という頭までしっかりと覆われるものがオススメ。すごく暖かいですよ。(人間の体温の50%は「頭」から逃げていくそうです)

春の平均最低気温(東京)

  • 3月の平均最低気温:6度
  • 4月の平均最低気温:11度
  • 5月の平均最低気温:15度

ナンガ オーロラライト 600DX

最もオススメしたいのはこちら。平地であれば4シーズン使うことができます。寝袋にはいろいろありますが、機能性や永久保証であること考えると、ナンガが一番だと思います。

イスカ ダウン エア Air 450X

ISUKA イスカの「モノづくり」は、寝袋から始まりました。そのため、シュラフは評価が高いです。これはダウンを使用し、冬の低山まで対応できるモデルになります。

スノーピーク キャンピングマット2.5

厚さが6.2cmある極厚のインフレータブルマットです。圧倒的な防寒性能と寝心地は別次元です。しかも永久保証という素晴らしいマットレスです。

サーマレスト トレイルスカウト

マットといえばサーマレストです。こちらはR値3.4でそこそこ暖かいモデル。春ならこれくらいでも大丈夫ですね。

サーマレスト マットレス Zライト

寝心地だけをいえば先に紹介したインフレータータイプが良いですが、パッと広げてサッと収納するならクローズドセルタイプがおすすめ。とても使い勝手が良いですよ。

風に強いタープ

春の風の強さと紫外線を考えるとループ数の多いタープがベストです(固定する箇所が多いので強い)となると、多くのキャンパーに愛され、ループに定評のある「DDタープ」がおすすめですよ。

DDハンモック DDタープ 3X3

DDタープ3×3は、縁に16箇所、タープの中央に3箇所ものループが付いています。強風でも安定した設置が可能で多彩な張り方を楽しむことができます。

DDハンモック DDタープ 4X4

大判のDDタープです。2人以上で使用するのであればこちらがおすすめ。3×3と同じようにループが多いので風に強く、多彩な張り方を楽しむことが可能です。

夜には焚火台がマスト

夜は冷え込むので焚火台はマストです。オートであれば圧倒的な耐久性を誇るスノーピークがおすすめですが、他にも人気の高い焚火台を紹介します。

スノーピーク 焚火台

1.5mmという極厚のプレートを組み合わせて作られた焚火台は一生モノの道具です。これ以上の焚火台は存在しないでしょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

価格と性能のバランスが良く、根強い人気の焚火台です。こちらもオートキャンプ向きですね。

ピコグリル398

A4サイズに収納できる超軽量焚火台です。荷物を極力減らしたい方にはベストな選択だと思います。

便利なガスヒーター

夜の防寒にはカセットタイプのヒーターが便利です。小さなものでも一つあると重宝しますよ。どれを選んでもよいのですが有名メーカーだと安心です。

ニチネン カセットボンベ式ガスヒーター

最後に

春の気候の特徴と、春におすすめのキャンプ用品の紹介でした。

どの季節も思うんですが、キャンプギアは「自然に寄り添うため」にが存在しているんですよね。だから自然の特徴をちゃんと理解して、季節にあったギアを選択していきたいですね。

少しでも参考になればうれしいです。

春のデイキャンプに最適!? DODの「サカナシェード」に注目です。

本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ用品 45選

これで完璧!クーラーボックスのおすすめと選び方

Pocket









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA