【排水溝のぬめり対策】網と蓋をステンレス製に変えてみた。




こんにちわ、@ソロニワ です。

今回はキッチンの排水溝をアップデートしてみたいと思います。プラスチックのダサいパーツを、全てステンレス化していきますよ。

排水溝のぬめりに困っている方にはとてもおすすめです!

ステンレス化する理由

キッチンは、毎日使用もの。そして、食材を扱うところですから汚れがつきやすいです。でも一般的なキッチンの排水溝はほとんどがプラスチックですよね?

なんてナンセンスなんでしょうか・・

実際にプロのキッチンはほとんどがステンレスですから、清潔を保ちやすく、長持ちなのは実証されていますよね。

排水受けを交換する

これが今までの排水溝です。き・・汚い・・

プラスチックですから、汚れがこびりつくともうピカピカには戻りません。

こいつをステンレス製の排水溝受けに交換します。日本製で抗菌加工がされているのでヌメリがつきにくいそうです。

早速はめてみると、ジャストフィット。気持ち良いー。

排水蓋を交換する

蓋もbelcaのステンレス製に変更します。

プラスチックと比較すると雲泥の差です。

見た目も気分もすごく清潔感があってよい!キッチンって何十年も使用するものだけに、課金の効果が大きいですね。

オールステンレス製は、お湯もガンガンかけられて衛生的。汚れた時も、重曹で煮れば新品同様にできますね。

確実に生活の質が上がりました。持ち家の方にはオススメですよ。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA