ゴールデンウィークにおすすめの本|ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

普段はビジネス書をメインに読むのですが、お休みの日はコーヒーを片手にビジネス書ではないものを読むようにしています。そうすることでオンとオフの切り替えがしっかりと出来るんですよね。先日読んだのはこちら です。

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

ビジネス書以外で、久々に良い本に出会いました。

ドイツのエアランゲンという地方都市の話なんですが、一度訪れたい気持ちになりました。一人身なら移住してみたいです。

本書でフォーカスされているドイツ・エアランゲン市は、知名度は低いものの、「ドイツで最もクリエイティブな都市」に選ばれるほどの都市。「企業が街とともにある」「鳥瞰図的な街づくりがしっかりと出来ている」「歴史や統計を大事にし、街づくりに活かしている」など、経済・文化・コミュニティが絶妙のバランスで溶け込み、一つの街を作ってる感じがします。

今後の日本の地方都市が学ぶことは多いのではないでしょうか。休日に読む本としては最高でしたよ。

宜しければぜひ読んでみてくださいね。
ではまた。

ドイツの地方都市はなぜクリエイティブなのか:質を高めるメカニズム

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA