「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 ユニフレーム

卓上で焚火ができる!|ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチスタンドが熱い

投稿日:2018年1月3日 更新日:

あけましておめでとうございます。soloniwaです。

今回紹介したいのは「ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチスタンド」です。

 

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチスタンドとは?

もともとダッチオーブンなどをのせるためのものです。コンパクトに折りたたむことができ、構造が単純なので使い勝手が良いです。そして、あまりに頑丈なので「他に何か使えないかなー?」と常々思っていたんですが、色々試してみたところどうやら「卓上焚き火」が最適でした。

「もともと熱々のダッジオーブンをテーブルに近づけない道具」→ 「当然焚き火の熱も近づけないでしょ」いう流れでやってみました。

結果「この用途の方が使えるんじゃないの?」と思っています(笑)

具体的には、このダッチスタンドと、「100均などのステンレスバット」(食品などをのせる四角いステンレス製の浅い容器)があると、すぐに卓上で焚火ができてしまうんです。(なければ、手元にあるスキレットやフライパンでも代用できます。)

本当に気軽にできてオススメなので、ぜひ試してみてください。

画像:ユニフレームの焚火テーブルの上で焚火をしています。凄く暖かい。

 

卓上での焚火が気軽にできる

ダッチスタンドは、もともと重量のあるダッチオーブンのごとくです。普段はごとくとして使い、100均一のバットなどと一緒に使うことで、卓上での焚火ができてしまいます。焚火台などのメインの熱源 + 卓上にもうひとつ熱源を置くことで「Wストーブ」となり、本当に暖かいです。

寒い冬のキャンプには本当にオススメです。

極太7mmの丸棒|ステンレス製なのでずっと使える

ダッチスタンドはステンレス製です。つまり錆を心配することもなくよほど手荒に扱わない限りはずっとつかえます。丸棒の太さは7mmもあるので、ダッチオーブンをのせても全く歪みません。少々オーバースペックと思えるほど頑丈です。通常の使い方であれば、おそらく一生モノになるでしょう。

実際の使い方は?

ダッチスタンドを適当な大きさに広げます。その上に100均一で買ってきたバットをのせます。その上で薪を燃やすだけです。テーブルはユニフレームの焚火テーブルがベストだと思います。(天板がステンレスなので)

上の画像ではEPIのウインドスクリーンを使用して熱を自分の方だけに反射させています。この組み合わせは熱に無駄がなく、最高に暖かいです。ぜひ試してみてください。

 

今回紹介したもの

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチスタンド 661291

EPI(イーピーアイ) ウインドスクリーン A-6502

 

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104







-キャンプ道具, ユニフレーム
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

焚き火は科学だ|焚き火のやり方 & 薪が燃える仕組み – solo×niwa

こんばんわ、solo×niwaです。 今日は「焚き火」について科学しましょう。出来るだけ数値化してみました。 なぜなら、私たちは “キャンパー” です。 ”焚き火の真理” をも …

熊でも壊せない?スノーピークのクーラーボックス ハードロッククーラー を使用してみました。

今日の ソロノニワ(solo×niwa) おすすめのキャンプ用品はこちら。   スノーピーク クーラーボックス ハードロッククーラー   今日の関東は最高気温35度。 本格的な暑さ …

ナイフとファイヤースチールで火起こし|極太のフェロセリウムロッドが凄い!

こんにちわ、solo×niwaです。 焚き火の火起こしで困ったことはありませんか? 今日はライターを使わない着火方法について紹介します。使うのはナイフとファイヤースチールという金属の棒。フェロセリウム …

ソト(SOTO) のフィールドホッパーはハイキングやバイク旅に大活躍です。

今日のおすすめのキャンプ用品はこれ。 ソト(SOTO) のミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630 です。 少し暖かくなるとバイクで渓流に行くんですが、そんな時に本当に重宝しています …

スノーピークのテント「アメニティドーム M」「S」が優秀すぎる!!

スノーピークのテント「アメニティドーム」 カーキに赤いラインが特徴的なスノーピークのテント。色々なキャンプ場で必ずといっていいほど張られているので、スノーピークを知らないという人でもおそらく一度は目に …