ユニフレーム 焚き火テーブル専用|キッチンペーパーホルダーを作ってみた。−キャンプ道具

どうも solo×niwa です。

 

今回は一つの大きな悩みを解決しました。多分多くの人がかかえている問題じゃないでしょうか。

 

「キャンプ場でキッチンペーパーの居場所が落ち着かない」を何とかしたい。

 

長い間キャンプの時の「キッチンペーパーホルダー問題」に悩んでいました。机の上に置いておくと邪魔だし、たまにコロコローーっと転がり落ち、土まみれになって呆然とする・・・そんな事もあり、長年使えそうなホルダーを色々探していたのですが、いまいち希望どおりのペーパーホルダーってないんですよね。汎用性はあまりないし、どれもみんな嵩張りそうで・・

なので、思い切って「自作」してみました。ちなみに、以下のような条件で製作しました。

  • 嵩張らないもの
  • 構造が簡単なもの
  • 頑丈で壊れないもの
  • いつも使用しているテーブル(焚き火テーブル)にとりつけられるもの。
  • 装着には汎用性があるもの

いうことで、試作品を作ってみました。材質は金属ワイヤーとマグネットなので素材そのものが非常に堅牢。構造も非常にシンプルなので壊れることもないと思います。これ以上の軽量なものは難しいと思いますが、「できればマグネットの部分をチタンで作りたいなー」と夢みています。

縦方向にとりつけるとこんな感じ。

横方向にもつけられます。

裏側にはこんな感じで強力なマグネットで固定されています。

キッチンペーパーの取り付け方は、このようにワイヤーをペーパーの穴に通してマグネットでくっつけるだけです。

収納するときは裏にパチッとくつけておけば全く存在感はなくテーブルの厚み内に収まってくれます。我ながらこの収納性は素晴らしいです。

強力な磁力でくっついているのでとても安心です。

ペーパー以外にも、フライパンの蓋やシェラカップなどもひっかけることができます。ワイヤーの張り具合は自由自在。

スノーピークのシェルフコンテナでも全然いけました。金属製のものならなんでもオッケー!ちなみにこの シェルフコンテナ25 は大量にストックしてある広葉樹の薪をポンポン放り込んでキャンプに出かけています。これでソロ・デュオくらいなら大体間に合います。

このようにトランクのハッチ部分にぶら下げることもできました。車で移動中にサクッと調理したいときに便利です。

 

ペーパーの回転は鉄のパイプには及びませんが、使用には問題ありません。ワイヤーのため非常に軽量ですし、なかなか使い勝手が良いです。(パイプで作ろうとすると結局かさばってしまいます)

受注生産できたらいいなぁ(笑)

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

今回紹介したもの

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104 ファニチャー シェルフコンテナ 25

http://soloniwa.jp/2017/06/01/muji-totanbox-snowpeak-shelf-container/




4 件のコメント

  • キャンプ好きおじさん より:

    画期的な発明ですね。特許物だと思います。
    質問ですがマグネットはどのようなものを使って作成したのでしょうか?ホームセンターではなかなか同様なものが見つかりません。あとワイヤーの長さなどもベストな長さあれば教えて頂ければ幸いです。

    • soloniwa.jp より:

      コメントありがとうございます。

      マグネットについては100均などにあるフック付きのもの(なるべく強力なもの)を買って、フックを外して代わりにワイヤーを通す感じです。長さは意識していませんが、実際にペーパーを通してみて適度なたるみがでる長さで調整すれば良いと思います。

      参考になればうれしいです。また何かあればいつでも!(^^)

  • masato より:

    キッチンペーパーの心に塩ビ管でも通しておけば
    回転が良くなると思いますよ。

    • soloniwa.jp より:

      コメントありがとう御座います。
      なるほど。回転の抵抗が減りそうですね!(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA