砥石で人生が変わる?シャプトン 刃の黒幕のススメ (包丁&ナイフ)

みなさん。お気に入りのナイフや包丁はありますか?

ソロニワを見てくれている方はそのほとんどがアウトドアが好きな方でしょうから、もちろんお気に入りの1本や2本はあるとは思います。

では、そのお気に入りをしっかりとメンテナンスできているかといえば、半数くらいの方は・・・

今日は一つはもつべき、”MY砥石” を紹介したいのです。

上をみればキリがないのでしょうが、実際に使用してみて感動を覚えた砥石がこちら。

セラミック砥石のトップブランドとして永年にわたり愛用されているシャプトン社の砥石が改良を加えた逸品!!品質が従来のシャプトン砥石よりさらに良くなりました。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 1000

では、なにが素晴らしいのかを見ていきましょう。

 

ステンレスの包丁が研げる!

セラミック製なので、セラミック以外、つまりステンレスと鉄の包丁を研ぐことができます。

 

研磨力が高く、仕上げいらず。

硬い砥粒の占める割合が高いため、荒研がいらないくらいにノリが良く刃付が早いです。研いだ後は野菜や肉に スーっと包丁が入っていく感覚に感動しますよ。仕上げの番手の細かいものまで購入できるのなら良いですが、何個も砥石を・・というのはプロでもない限り現実的ではありませんよね。一個でも十分切れ味が戻りますので、この1000番をぜひお試しください。

 

長時間水に浸さず、すぐに研げる

砥石原料に占める砥粒と結合剤の割合が高く気孔が少ないため、長時間水に浸しておく必要がありません。5分もあれば十分。私はさっと水をかけて直ぐに研いでしまっていますが、問題なく研げています。

 

ケースがそのまま滑り止め付きの台になる

プラスチックケースが砥石の台になり、ケースにはゴムの滑り止めがついているので新たに滑り止めなどを用意しなくとも、この製品単品と水だけで研磨作業ができるのが非常に便利ですね。

 

非常に変形しにくい

砥石が大変硬いため研ぎ面がなかなか変形しません。そのため、砥石の修正を頻繁に行わずに済みます。

 

以上、一個で全てを済ませる場合は、上記のオレンジ(#1000)がオススメなんですが、「いやいや仕上げは絶対に必要でしょ!」という方にはこちらをオススメいたします。より一層シャープな切れ味をお楽しみいただけます。

 

オレンジ(#1000)→エンジ(#5000)

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 1000 シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 5000

 

さらに「悪いけど、俺はさらに上にいくよ!」という方にはこちら(笑)究極の切れ味を味わうことが可能です。

 

オレンジ(#1000)→グリーン(#2000)→メロン(#8000)

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 1000 シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 2000 シャプトン セラミック砥石 刃の黒幕 #8000仕上砥石 メロン

 

刃の切れ味が戻ることで食材を力を入れずに切ることができるようになりますし、非常に料理が楽しくなります。

大げさですが、人生が変わりますよ(笑)

 

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA