チタンで炊飯を成功させる方法「ソロセットチタン」を使用

今日はチタンのクッカーで炊飯をする方法を紹介します。

使用するのはスノーピークの「ソロセットチタン」。「ソロセット極チタン」をベースに、さらに使い勝手をよくしたソロ用クッカーで、ソロキャンプや登山などにとても便利です。

とても気に入っているのですが、唯一の弱点としてはチタン製ゆえに「熱電動率」が低いということ。つまり、熱の電動率の高いアルミクッカーなどに比べて、熱が一点に集中し、焦げ付きやすいのです。

なぜ「ソロセットチタン」を買ったのか?

「ソロセットチタン」を買った理由は道具としてとても美しいからです。チタンの独特の質感、色合い、サイズ感、全てに一目惚れでした。

とくに下にスタッキングされる「カップ」は540mlという絶妙の大きさで、110缶も収納することができます。蓋もついているので、これで炊飯ができれば究極のソロクッカーになると考えたのです。

チタンは炊飯に向いていない。

チタンの「熱電動率が悪い」という特性上、チタン製クッカーは「炊飯」には向いていません。それは紛れもない事実。過去、数々の勇者がチタンでの炊飯に挑戦し、多くの犠牲者がでているのはみなさんがご存知のとおりです。

でも私は「ソロセットチタン」を使うことを諦められませんでした。

だってカッコいいんだもん。

どうしてもチタンで炊飯がしたい

チタンが炊飯に向いていないことはわかりました。でもなにか方法があるはずです。どうしてもチタンで炊飯がしたい・・

ということで、銅板を切り出してきました。大きさは10cm×10cm程度。厚さは1mmです。

 

銅の熱伝導率はチタンの23倍

「銅」は熱電動率が高いことで有名です。つまり熱の広がりが均一で焦げ付きにくいということ。数値化すると以下のとおり。なんと チタンの23倍もの熱電動率 をもちます。

  •    銅:403
  •  アルミ:236
  •    鉄:83.5
  •  チタン:17

「ソロセットチタン」のカップを載せてみました。いけそうですね。

早速「炊飯」をしていきましょう。

お米をといで、水をいれて。今回は0.7号炊き(水は140ccくらい)にします。1合の場合は水は200ccくらいで良いでしょう。

トータルの時間は10分〜12分くらいです。少し短いようですが、十分に美味しいご飯を炊くことができますよ。

最初の3〜4分くらいは強火にかけます。

沸騰したら弱火にしましょう。

10分〜12分程度で火から下ろします。(少しでもチリチリという音がしたらおろしてしまった方がよいです。)その後はタオルなどで巻いて10分蒸らします。

炊けました。

焦げは一切なし。大成功です。

フィールドで「チタン炊飯」してみる

紹介したのは室内での実験でしたが、風や気温など、条件がまちまちなフィールドでも問題なく炊飯することができました。

素晴らしいルーティンが確立できてとても嬉しいです。

まとめ

以上、「チタンクッカーを使用した炊飯」の紹介でした。

今回炊飯に成功したことで、「ソロセットチタン」だけをもってソロキャンプをすることも可能になりました。カップでご飯をたいて、ポットでレトルトを湯煎すれば一食完成ですからね。

ソロセットチタン、おすすめですよー。

関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA