「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 タープ 夏キャンプ

これで完璧!|夏のキャンプの「暑さ対策」「虫対策」「タープの選び方」

投稿日:

こんにちわ、ソロニワです。

皆さん、キャンプ楽しんでますか?


画像:貧乏ワンコキャンプ

日本はあいにく梅雨ですが、ジメジメとした梅雨があければ本格的な暑さがやってきます。

そこで、夏のキャンプを快適に過ごすための3つのポイント、「暑さ対策」と「虫対策」「タープの選び方」についてまとめました。ポイントだけ押さえて、夏のキャンプを快適にお過ごしください。
 

 

夏のキャンプの「暑さ対策」

近年では気温30度など当たり前。クーラーなどの冷房設備がない、キャンプ場では「暑さ対策」はマストです。ということで、私の考える、3つのポイントを紹介します。

ちなみに、どれも根拠が明確な為、非常に高価が高い方法です。

 

1.大自然の冷房を使ってしまえ!


画像:ニコニコキャンプとのんびりライフ

まず一番効果的なのがこれです。

大自然の冷房を使ってしまいましょう。気温は、標高が1,000m上がるたびに約6.5℃下がります。つまり平地が30℃であっても、標高1,000mを超えるキャンプ場であれば、25℃前後で過ごせるということ。自然の摂理に従うのが一番です。

真夏でも標高が高いキャンプ場を狙ってしまえばそれだけで暑さ対策完了。「夏にはここにいけばOK」、そんなお気に入りのキャンプ場を持っていたいですね。

 

2.設営場所を工夫せよ!


画像:軽井沢スウィートグラス

次に気を付けたいのが設営場所です。

オススメなのは風が冷たい水で冷やされる川沿いや、日光が直接あたらない林間サイトでの設営。こういった場所に設営するだけでもかなり涼しく過ごすことができます。

そして副次的な効果として、夏の風鈴に代表される「音の効果」もあります。さらさらと水の流れる音や、木々の心地よいざわめきが、聴覚を通して涼しさを運んでくれることでしょう。

そのため、できるだけ川や林間サイトのあるキャンプ場を選ぶと快適。牧場をそのまま使用しているような芝生サイトはとても素敵ですが、大抵の場合逃げ場が少ないので、真夏は避けた方が良いかもしれませんね。

3.タープを冷やしちゃえ!

タープ用の冷却材、「水」はどこのキャンプ場でも入手可能です。

真夏にタープの裏面に手を近づけてみると分かりますが、タープは非常に熱を持っています。ポールを高くして生地との距離を離せば涼しくなるのですが、高さにも限界があります。そこで生地自体の温度を低くしてしまいましょう。

定期的にタープに水をかけてあげると、水分が蒸発する時の気化熱によってタープ表面の温度が下がり、結果的に涼しくなります。

 

夏のキャンプの虫対策

夏のキャンプといえば、虫が大敵。

特に小さなお子さんがいる方はしっかりと対策をしておきたいところですね。一人の時はもちろん、家族の為にも「蚊除けグッズ」をしっかりと押さえておきましょう。

ここで紹介している方法を2つくらい組み合わせるとかなり効果的です。ぜひお試しください。

おすだけベープは効果大

イチオシなのはこちらの商品です。部屋にプシュっとするだけで蚊を退治できる優れものですが、意外と野外でも使えます。経験上、座っているチェアの四方の地面にスプレーするだけで、蚊をよせつけなくなります。

私はこの「おすだけベープ」をよく使いますが、これだけでもほぼ蚊に刺されることはありません。蚊除けに非常にオススメのスプレーです。

パーフェクトポーションはいい匂い

オーストラリアの虫よけローションです。こちらは肌につけて使用するタイプで、独自のにおい成分が蚊をよせつけません。ただしアブとかブヨには効果があまりないようなので注意です。

特徴は凄く良い匂いで、蚊除けの効果が高いこと。女性を中心に非常に人気のスプレーです。

富士錦 パワー森林香が凄い!

日本の伝統的な蚊除け用品の「蚊取り線香」です。

中でもオススメなのは、「林業のプロ」の方が使用されている「森林香」。真っ赤な蚊取り線香になります。何が違うかというと、蚊よけの成分がプロ仕様!煙の量が違います。蚊だけでなくアブやブヨすらも寄ってきません。

蚊取り線香ホルダーはソリステで

蚊取り線香に付属のホルダーはたいてい頼りなく、すぐに錆びてしまいます。せっかくキャンプで使用するのですから、蚊取り線香ホルダーはペグにしましょう。

スノーピークのソリッドステークなら、一般的な蚊取り線香をホールドできるのでオススメです。キャンパーの間では有名な方法で、見た目的も抜群ですね。

 

真夏のタープの選び方

タープは夏キャンプの最重要アイテム。

しっかりと日差しを防ぐために、ここにはお金をかけたいところです。贅沢かもしれませんが、春夏のタープと秋冬のタープは分けて用意すると、一年中快適に過ごせると思います。

夏用のタープを選ぶ際に気を付けたいこと。それは主に以下の2点になります。

  • 日陰をつくる十分な大きさがあるか?
  • 生地の厚さは適切か?

大きさについて

「雨を防ぐにはこのくらいで十分だろう」と思われるサイズよりも、少し大き目を選ぶと凄く涼しく過ごせます。十分な日陰を作るには想像以上に大きさが必要なんです。涼しさは、「影を落とす面積」で決まると言っても過言ではありません。

積載や重量に問題がなければ、ワンサイズ大き目にすることで、真夏のキャンプをより快適にすることができます。

生地の厚さについて

意外と見落としがちなのが、生地の厚さ。

色々なタープを使用してみると分かりますが、一般的にUL(ウルトラライト)と呼ばれるものは真夏向きではありません。なぜかというと、軽量化のため非常に薄い生地で作られているから。

雨は十分にしのげるため秋冬は重宝しますが、日差しを通しやすいので真夏は無理です。大きさの割に軽いものは避けましょう。

 

オススメのタープ

タープは色々なメーカーから販売されていますが、特にオススメしたいのはスノーピークと、ヒルバーグのものです。

どちらも一流メーカーであることはもちろん、一貫した理念を貫きとおしている企業なので、品質が非常に高く安心して使用できます。

スノーピークのタープの特徴は、耐久性が高く、シールド加工(濃い日陰を作れる)がされていて、永久保証という点。

ヒルバーグのタープの特徴は非常に強靭なオリジナル生地「ケルロン」を使用し、経年劣化がほとんどないというところです。

この2つのブランドならまず安心です。

ファミリー向け

スノーピークヘキサエヴォ







-キャンプ道具, タープ, 夏キャンプ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スコッチブライトはキャンプに最適なスポンジだと思う。

アメリカでもNO.1 スコッチブライトが安かったので大人買いしました(笑)     キャンプには必需品なので、ストックが常に必要です。 ユニフレームの「ダッジオーブン」やドイツのクラッシック …

冬キャンプ ×「薪ストーブ」は新しい火遊びの形だと思う。

今日は薪ストーブについて。一瞬、「大変そう!」と思いましたか? 体験したことのない人にとっては遠い世界のことのように思えるかもしれませんが、家ではなくキャンプで始めるなら意外とハードルは低いです。なぜ …

コットン素材が最高|コールマンのフォールディングチェアを張替えてみた。ーColeman

こんにちわ、solo×niwaです。 張替えキットを使用して、コールマン(coleman) ファイアープレイスフォールディングチェア を張替えました。 この記事は、「フォールディングチェアを張り替えて …

おすすめの北欧ナイフ|モーラナイフ・ブッシュクラフト・ブラックのレビュー Mora knife Bushcraft Black

モーラ・ナイフ Mora knife Bushcraft Black のレビューです。 モーラナイフ・ブッシュクラフト・ブラックの特徴 こちらのブッシュクラフト・ブラックは、スタイリッシュなブラックの …

キャンプ好きには絶対刺さるはず!ミステリーランチ ブーティーバッグ が素敵すぎる!|MYSTERY RANCH Booty Bag

今日の CAMPS おすすめのキャンプ用品はこちら。 ミステリーランチ Booty Bag ブーティーバッグ コヨーテ(Coyote) みんな大好きミステリーランチ。ブーティーバッグが凄く使い勝手が良 …