石油ストーブで極上の冬キャンプを楽しむ|スノーピーク レインボーストーブ

今日は関東も肌寒い気候でしたね。もうシャツやジャケットがないと寒いくらい。

夏を過ぎてこんなふうに急に気温が下がり始めると、途端に石油ストーブが頭に浮かんでくるんですよね。

暑がりでもあり 寒がりでもある私にとって、ストーブの人生における重要度は、眠る時の毛布と同じくらい。そして中でも石油のストーブが大好きです。

空気の温度だけを考えたらエアコンでも良いのですが、なぜか暖かさの”質”が全く違うと思うんですよね。空気を温めるエアコンに対し、石油ストーブの場合は、自身の体や、ファニチャーはもちろんのこと、部屋の壁など周りの素材まで ”芯から” 暖めてくれるような気がしています。

そんな石油ストーブが大好きな私がオススメしたいのは、 スノーピークのレインボーストーブ です。

スノーピーク好きにはたまらない一品です。こんな風に大切な仲間と暖をとりながら語り合うのは本当に理想的ですよね。これぞライフスタイルの提案かな?

なんて素敵な時間の過ごし方なんでしょうか。 画像:snow peak

 

スノーピーク(snow peak) ストーブ スノーピーク レインボーストーブ ブラック KH-001BK スノーピーク(snow peak) 収納ケース スノーピーク レインボーストーブ バッグ BG-101


こちらのpapaさんはランドロック内にレインボーストーブをインストールし、極上の時間を過ごされています。たまりませんね。

 

スノーピークのレインボーストーブを一番にオススメする理由

 

優れたデザイン * 美しい炎

はっきり言ってお値段は同程度の製品と比べて高いです。しかしながらフレームのデザインや、傘の部分の質感など、他の製品には真似のできない”デザインの良さ”があります。そして独自のガラスフレームの採用により炎が美しい!カラーに関してですが、ブラックの本体はその美しい炎を邪魔しないので凄く良いですよ。そして ”snow peak” のロゴがあるだけで安心感が生まれるから不思議。キャンプ場では優越感に浸ることができます。どうせ買うならこちらを選びたいですよね。 画像:snow peak

電源がいらないからキャンプでもOK

そんな寒い時期には欠かせない石油ストーブですが、「電源がいらない」というのが大きなポイント。そんなアウトドアで便利なストーブを冬のキャンプに使わない手はありません。おそらく、冬のキャンプは相対的にオートキャンプが主体になると思います。つまり重たい荷物も持っていけるということ。どうせ車を利用するのであればこの快適さを一度味わってみた方が良いと思います。

家でもキャンプでも使えるから一台で済む

キャンプでもお家でも使えるから一台あれば良いです。収納場所も一つあれば良いので本当にオススメですよ。ケースはクッション性のあり専用のものがあるので、そちらを使用した方が良いと思います。

4.9Lで20時間使用可能|程よいタンク容量

タンク容量は4.9Lあり20時間の使用が可能。これだけあれば一泊二日程度なら十分ですよね。ファミリーがテント内で使用するのに最適なストーブだと思います。

照明代わりにもなる明るさ

ストーブの副次的なメリットは「照明になる」ということ。そしてこのレインボーストーブの上部にはさらにリフレクター付きなので足元がより明るい。ストーブの上部に、帽子のつばのようなものがついていますよね。このあたりが、アウトドアでの使用を想定しているからこそ生まれたアイデアなんですよね。ちょっと便利です。

 

以上、スノーピークのレインボーストーブの紹介でした。今年から石油ストーブを持ち込んで、大切な家族や仲間と極上の時間を過ごしてみたはいかがでしょうか。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

 

 

 

ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品

 




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA