「毎日同じ服を着る」5つの利点 S・ジョブズも実践

 

「毎日同じ服を着る」

かの有名なジョブズも実践していたライフハックですが、成功者か実践しているその裏には決して譲れない利点があるはず。

考えてみましょう。

 

意思決定の回数が減る

 

まず真っ先に思いつくのは、「意思決定の回数を減らせる」ということ。毎日の洋服の選択をなくすという事はその分より重要な決定に時間を使えるということ。認知資源という言葉を聞いたことがありませんか?人が1日に降せる意思決定には上限があるそうです。このことからも、非常に理にかなったハックだと言えるのではないでしょうか。

 

エネルギー消費が減る

 

洋服を決める事とはいえ、決断には大きなエネルギーが必要です。例え小さな省エネだとささても、毎日のことであれば長期的には大きな利点となります。

 

時間が増える

 

人生は有限です。長いように思える人生も、細かく分けてみれば日々の時間の積み重ね。服を選ぶという時間を、家族や友人と過ごすという、大切な事に使ってみましょう。

 

お金が溜まる

 

無駄に流行を追いかけて複数の洋服を買うよりも、質の高いミニマルなクローゼットを心がけてみましょう。結果的にお金が溜まることになるでしょう。無駄な消費を減らすということはその分を稼ぐことと同じです。

 

自分のカラーになる

 

同じ服を着るという事は自分自身の表現につながります。例えばネイビーな人、ボーダー好きな人、など他人への自分のカラーを定着させることにもなります。パーソナルブランディングの一環として試してみる価値はあると思いませんか?

 

 

以上、私は基本的にグレーのVネックをワードローブとしています。仕事に行く時も、寝る時も同じものを着ています。素材感の良いものを選んでいるので常に快適。オススメですよ。

 

毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代 今を読み解くキーワード集 (光文社新書)

 

ではまた。

No フーディニ No Life ❤️ パタゴニアの究極のライトシェル




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA