ソロキャンプが与えてくれるもの|偉人の暮らし方から学ぶ

 

ソロキャンプが与えてくれるもの

 

ソロキャンプは一人で行うキャンプです。

 

多くの偉人がそうしたように、自然の中で孤独になり、シンプルに暮らすことは、私たちに多くのものを与えてくれます。例えばこのようなことです。

 

  • 自身と深く向き合う時間
  • 自然の中で生きている実感
  • 大切なことに注力する時間

 

ソロキャンプとは、世間と距離を置き、自分と向き合い、生きるという高尚な行為なのです。

 

大人には孤独が必要

 

平日は働き、休日は家族と過ごす。

 

ごく当たり前の生活のようですが、何かが足りません。

 

それは、自分の心と向き合う「孤独の時間」です。

 

現代では孤独は悪い事のように考えられがちですが、それは違います。

 

孤独な時間があるから自分と向き合うことができ、本当に大切なことを考えることができるのです。

 

身分や肩書きの縛りを解き、世間の複雑さから離れて過ごす1人だけの時間。

 

大人にはそんな時間が必要です。

 

偉人達の暮らしから学ぶ

 

多くの偉人が自然の中に小さな小屋を建て、シンプルな暮らしを実践してきました。

 

そうやって自分自身と向き合い、大切なことに注力し、世の中に影響を与えてきたのです。

 

アメリカの作家、ヘンリー・D・ソローは、ウォールデン湖畔に丸太小屋を建て、2年と2ヶ月暮らし、代表作である「ウォールデン 森の生活」を書きました。

 

鴨長明は京都の日野山に、四畳半ほどの小さな庵を建て、「方丈記」を書き綴りました。

 

千利休の茶室が、僅か2畳ほどしかないのは有名な話です。

 

大切なことに注力するには、他のことをシンプルにしなければなりません。多くの偉人が世の中に結果を残せたのは、シンプルな生活を実践し、最も大切なことに集中したからこそです。

 

キャンプ場というインフラと優れた道具

 

上記の偉人のように、昔は「小屋を建てる」というのが一般的でした。でも今は違います。驚くほど軽量なテントがあり、各地にはキャンプ場があります。

 

キャンプ場というインフラと優れた道具の登場で、一カ所にとどまることなく、自然の中でシンプルな暮らしを体験することが可能になったのです。

 

私たちはとても恵まれています。

 

最後に

 

過去にフォーカスしてみると、自然の中で小さな暮らしを作り上げることは、とても高尚な行為であることが分かりました。

 

そして、私たちはそれをとても簡単に実現できる時代に暮らしています。

 

テントは現代版の小屋と言えるもの。

 

どこにでも建てることができ、小さな室内は、あなただけの快適で甘美な隠れ家になります。

 

自然の中で暮らす体験は、きっとあなたにエネルギーをもたらし、生き生きとしたインスピレーションを与えてくれます。

 

週末は、自然の音をBGMに、ゆったりとした時間を過ごしてみては?

 

ソロキャンプ、良いですよ。

 

 

 

関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA