ソロキャンプに行こう!|全部スノーピークで揃えてみた。

こんにちわ、@ソロニワです。

本記事ではスノーピーク製品をベースに、ソロキャンプの道具を揃えてみました。

スノーピークのキャンプ道具は全てがラグジュアリーでハイエンド。多少お金はかかりますが、極上の体験ができることは間違いないです。

ソロキャンプの魅力とは?

全てが自由

ソロキャンプは一人ですから、いつ、どこで、どんな道具で過ごすのも自由です。自然との関わりを自分でデザインできるので、家族やグループでのキャンプとは全く違った魅力があります。

最小限の道具で済む

ソロキャンプでは道具が小さくて済みます。つまり設営や撤収も楽々。思い立ったその日にキャンプにいくことができます。せっかく少ない道具で出かけるのですから、出来るならバイクで行くことをおすすめします。

全部スノーピーク製で揃えてみた

ソロキャンプに揃えるものを全てスノーピーク製でまとめてみました。高品質なエントリーモデルのテント アメニティドームSを中心に、メインとなる道具を紹介しています。

テント

ソロでの快適さの秘訣は、インナーテントの幅に余裕を持たせることです。

幅に余裕があれば荷物はおけますし、テント内で調理もできます。可能であれば幅が150cm程度のものを使用しましょう。

最もおすすめなのは、スノーピークのアメニティドームS。縦220cm、幅150cmなのでソロキャンプに最適。

ソロで使うと快適すぎてやめられません。

シュラフ

シュラフは可能であればダウンを使用したものが良いです。暖かさはもちろんですがコンパクトになるので、収納面で優れています。

スノーピークのオフトンは、封筒型で窮屈さを感じさせない構造になっています。上下を分けて使うこともでき、キャンプとは思えない寝心地が最高です。(ちなみに、このオフトンは、初めてテント泊した女子が感動していました。)

マット

寝袋の下に敷くマットレスです。経験から言えることは「マットレスにはお金をかけたほうがいい」ということ。めったに買い換えることもないので最高のものにしましょう。

スノーピークの2.5wという極厚のマットレスは、地面の冷えから体を守り良質の睡眠を約束してくれます。永久保証というのもポイントです。

チェア

スノーピークのローチェアは徹底的に使いやすい構造を考えて作られています。座ってみればわかるはず。

チェアはもっともユーザーが長い時間、身体を預ける道具です。贅沢をしましょう。

テーブル

スノーピークのワンアクションローテーブルは文字通り開くだけで設置と撤収ができる、とても便利なテーブルです。先に紹介したローチェアとの相性もバッチリです。

焚き火のとなりにはMY竹テーブルを設置すると飲み物などがおけて便利。サイトに一体感が生まれます。

焚火台

焚火台に選択の余地はありません。圧倒的ナンバー1なのがスノーピーク製です。サイズはS・M・Lとありますが、ソロではSサイズを用意しましょう。間違いないです。

火ばさみ

焚火台とセットで揃えたいのが火ばさみです。もっとグレードの高いモデルもあるのですが、おすすめなのはこちら。適度な柔らかさと軽さが最高です。

シングルバーナー

料理をするのに必要にです。スノーピークのギガパワーストーブ地は恐ろしくコンパクトで優秀なシングルバーナーです。これを買ってください。

マグ

コーヒーをいれたり、水をのんだりするのに使います。おすすめは軽くて熱くなりにくいチタン製。これがベストだと思います。

クッカー

最もとっつきやすいのはアルミ製です。熱の電動率が良いのでご飯を炊いてもこげつきません。炊飯以外の調理には軽くて丈夫なチタン製のクッカーをおすすめします。

クーラーボックス

スノーピークといえばグリズリー社と共同開発した「ハードロッククーラー」です。分厚いウレタン断熱材の使用により圧倒的な保冷力を誇ります。ソロであれば20Qで十分ですよ。

まとめ

以上、全てスノーピークで、ソロキャンプの道具を揃えてみました。スノーピークの製品は、他の安価なブランドと比べると高価ですが、実はリセールバリューが高いというメリットがあります。

つまり売るときにそこそこの値段で売れるのです。(状態がよければ7割〜8割ということもあります)

そういったことも考えながら選んでみると選択の幅が広がって楽しいと思いますよ。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA