ソロキャンプで揃えるものは?スノーピークを中心に、揃えるべき道具をご紹介します!

 

ソロキャンプってご存知ですか?自分のペースで楽しめる一人キャンプのことです。

 

自然との関わりかたをデザインする

いつ、何を持ってどこにいくのか?どこに拠点を建てるのか?何を食べるのか?ソロキャンプでは、全てが自由です。つまり自分と自然の関わり方を自由にデザインできる、非常にクリエイティブな活動だと思うんですよね。

ソロキャンプに必要な道具

あたり前ですがソロキャンプに必要なものは、優れたキャンプ道具です。どこのものがオススメかというとスノーピークのエントリーモデルを中心としたギア達です。

お求めやすい価格で高品質のテントを中心に、まわりの道具を組み立てていきましょう。

 

スノーピークのテントを中心に考える

 

①テント

最も基本となるテントからです。このテントが決まると周りの色々なギアが決まってくるので、非常に重要です。

これは実体験から得た教訓ですが、ポイントは、インナーテントの幅に余裕を持たせること。1人用ではなく2~3人用を使用すると快適です。

縦は220cmくらい、幅は120cm〜160cmくらいのものを探しましょう。幅に余裕がないと荷物はおけないし、ゴロゴロできないから辛いんです。

ではどのテントが良いのかというと、やはりスノーピークから初めてみることをオススメします。かの有名な、スノーピークのアメニティドーム。その小型版 S があるのですが、これは間違いないと思います。

インナールームの大きさは、縦が220cm、幅が150cmなのでソロキャンプに最適です。

大人2名・子供1名が定員になるのですが、これをソロで使うと抜群に心地よいです。

寝床の脇には荷物がたくさん置けて、クッションをしけば座ってくつろぐスペースまでできます。テント内で座って調理なんかもできますので、もう何も言うことはありません。最高です。

専用のグランドシート(テントの下に敷くもの)とマット(テントの中に敷いて快適にするもの)、入り口の幕を跳ね上げるためのポールセットは必ずセットで入手した方が良いと思います。(なくてもなんとかなりますが、必ず欲しくなると思いますよ。)

スノーピーク テント アメニティドームS [3人用] スノーピーク テントシート アメニティドームS マットシートセット スノーピーク(snow peak) アメニティドームアップライトポールセット TP090

 

②シュラフ

いわゆる「寝袋」というやつですね。これは好きなものを選んでいただいて良いと思いますが、可能であればダウンを使用したものが良いですね。(暖かさはもちろんですがコンパクトになるので、収納面でも優れています。)これもスノーピークで揃えれば最高ですね。(ちなみに、このオフトンは、初めてテント泊した女子が感動していました。)

 

スノーピーク(snow peak) セパレートシュラフオフトン [最低使用温度5度] BD101

 

③マット

寝袋の下に敷くマットレスです。マットレスにはお金をかけましょう。地面の冷えから体を守り良質の睡眠を約束してくれます。ここでけちってペラペラのマットにすると風邪をひいたりします。スノーピークのキャンピングマットは、寝心地が最高です。

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.0w TM-192

軽量なものが良い方は、サーマレストのZライトが良いですよ。私も多用しています

。折りたたみ可能で非常にコンパクトになります。キャンプのみならず、バイクで出かける時なんかにくくっておくとどこでも昼寝できて最高ですよ。ちなみにこの色もポイント。なんともいえないベージュが最高なんですよ!私のお気に入りのひとつです。

THERMAREST(サーマレスト) 寝袋 マット Z Lite Zライト コヨーテ/グレー レギュラー(R) 30302 【日本正規品】

 

④チェア

これはどう考えても必須ですよね。忘れるとキャンプになりませんw

 

スノーピーク ローチェアカーキ

スノーピークのチェア。このカーキは色も作りも抜群に良い!究極のチェアのひとつだと思うんですよね。今後これ以上のものをどうリリースするんだろう?ってくらいいい製品ですね。

スノーピーク(snow peak) ローチェア30 カーキ LV-091KH

キャンパルジャパン(CAMPAL JAPAN) ハイバックチェア コットン ナットブラウン

こちらも名品!本当に素晴らしい製品です。キャンパルジャパンのハイバック。現在購入できるだけでも幸せだと思います。伝説の小川キャンパルの流れをくむ製品なので間違いないです。背もたれが長いので、頭までしっかりとカバーしてくれるチェアです。しかも火の粉に強いコットン素材というのがポイント!数少ないコットン素材のチェアは本当に貴重ですよ。

キャンパルジャパン(CAMPAL JAPAN) ハイバックチェア コットン ナットブラウン(77)


[商品スペック] ●重量 : 約4.4kg
●素材 : 座面:綿100%、フレーム:アルミ合金
●サイズ : 座面:幅50×奥行40×高さ43cm、全高:94cm

 

Onway(オンウェー) コンフォートチェア2

Onway(オンウェー) コンフォートチェア2 OW-72BD-BM

少し大きめで重めですが、車での移動でしたらおすすめできます。座り心地が凄いです。他のチェアに比べると座面も広いので、王様のような気分でくつろぐことができるチェアですよ。しかも6号帆布を使用しているので火に強く肌ざわりも座り心地も抜群です。耐荷重は100kg!すこし体の大きい男性などに本当におすすめしたいですね。これは最高の相棒になると思いますよ。またベージュのカラーも凄く良いですね。

  • サイズ:幅64×奥行74×高さ96cm(使用時)、幅19×奥行21×高さ116cm(収納時)
  • 座面高さ:42cm
  • 重量:4.8kg
  • 耐荷重:100kg
  • 素材:フレーム/アルミ合金、座面/6号帆布、肘掛/竹集積材、金具/ステンレス

⑤テーブル

調理をしたり、ご飯を食べたり、荷物をのせたり、これも必須になります。ここで初めてスノーピーク以外が登場しましたね。もちろんスノーピークでも素晴らしい製品がたくさんありますが、一つ買うとなるとこのユニフレームの焚き火テーブルをまずご検討ください。数々のキャンパーに愛される名品になります。

高さは40cm程度で座りながら調理をするのにベストです。そして天板がステンレスなので、そのままバーナーを使用しても大丈夫ですし、錆びません。そして耐荷重は50kgもある 非常に堅牢なテーブルです。まず最初に買うのはこのテーブルからで間違いないと思います。

 

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

 

⑥焚き火台

焚き火台はソロキャンプの夜の主役だと思います。ここは選択の余地はありません。これです。

本当にスノーピーク押しで申し訳ないですが、「これ以外には考えられない」その位素晴らしい焚き火台です。薪のサイズを考えるとMサイズ以上がオススメですよ。

 

スノーピーク(snow peak) 焚火台 Mスターターセット [3~4人用]

 

⑦ガスバーナー

料理をするのに必要になりますよね。アルコールストーブやポケットストーブ、色んな熱源がありますが、取り急ぎシングルバーナーは揃えましょう。一度買うと壊れることはほぼないので、何年も使うことになると思いますよ。このギガパワーストーブは素晴らしい一品です。

 

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100

 

⑧マグ

コーヒーをいれたり、水をのんだりするのに使います。おすすめは軽くて熱くなりにくいチタン製の300cc程度のもの。私はこれがベストだと思います。ダブルではなく、構造がシンプルなシングルマグ好きなのです。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ 300 [容量300ml] MG-142

⑨コッヘル

ここはトランギアのものをオススメします。トランギアはアルミ製品の品質が素晴らしいという印象が強いです。アルミの良さを生かして、デザインの良いシンプルなクッカーを作っているメーカーです。1人分の炊く、煮る、焼く、炒めるが、十二分にできます。どちらもアルミ素材で、熱伝導率が高くこげつきにくいです。チタンは焦げ付きやすいので、少々扱いづらいので、素材は用途によって選ぶのが必要ですね。

 

trangia(トランギア) クッキングセット メスキット TR-401124

 

 

 

⑩カトラリー

ナイフ・フォーク・スプーンがあればほとんど用は足りてしまいますよね。あとは買い出しの時に割り箸を数本もらってくれば良いと思います。このワッパー武器はチタン製のカラトリーを非常にコンパクトに収納できるので、ソロキャンプには本当にオススメですよ。

スノーピーク(snow peak) ワッパー武器 SCT-001(グリーン、イエロー、ベージュ、ブルー、パープルの全5色。色選択不可)

 

いかがでしたでしょうか。これからソロキャンプにチャレンジする方の参考になれば幸いです。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA