スノーピークの竹テーブルについて 〜 私が本当にオススメする2つのテーブル。

竹の集成材を使用した高品質なスノーピークのテーブル。今回は特に気に入って利用している2つの製品をご紹介します。

スノーピークのテーブルを検討される方のほとんどが、同社のテントやチェアを持つ方だと思いますが、自信を持って言えるのは、「スノーピークのテントやチェアにはスノーピークのテーブルしか似合わない」ということです。

なぜかというとスノーピークのギアにはいたるところに「スノーピークらしさ」があり、素材が統一されているから。

例えば製品の多くにベージュカラーと「竹素材」を使用しています。ローチェアの肘掛けにしてもそう。シェルフコンテナの持ち手もそう。火ばさみの持ち手もそうです。だからスノーピークの製品を揃えたくなってしまうんですよね。

 

 

スノーピーク ワンアクションローテーブル竹

  • 展開サイズ:50×85×40cm
  • 収納サイズ:25×85×5cm
  • 重量:5.5kg
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミアルマイト加工、カバー/ポリエステル折り畳まれた2枚の天板を開くと脚部が中から現れるワンアクションセッテイングです。地上高40cm,新しい快適なスペースをリビングに提供します。

素材と大きさ

大きさは長さが85cm、奥行きが50cmです。少し贅沢に2人で利用したいところですが、大人4人であればなんとか使用することができます。全長が85cmなので車に積み込むにも大きすぎず使い勝手が非常に良いです。贅沢ですが、ご夫婦など2名で使用された時の快適さは抜群だと思います。高さはロースタイルに合わせた40cm程なので、地面との距離が近くなることでとてもリラックス感できます。同社のローチェアローチェアアイボリーと相性が良いです。

設置方法

こちらの製品の最大の特徴はワンタッチで設営ができ、もちろん撤収もワンタッチで行えるということ。この機能が想像以上に便利で、アウトドアでは車から出してサッと設営することができてしまいます。この快適さは一度味わったらやめられません。設営に手間がかかるロールタイプのアルミテーブルなどはもう使えませんよ。

シチュエーション

ウッドデッキなどで食事をしたり、来客時の簡易テーブルとしても重宝します。人前に出しても恥ずかしくない質感とデザインなのが嬉しいです。我が家ではデッキやガレージでバーベキューをする時にも重宝しています。

スノーピークMy竹テーブル

  • 展開サイズ:450×335×385mm
  • 収納サイズ:430×335×72mm
  • 重量:1.8kg竹の木目の美しさが際立つテーブル。デザインが良いので、アウトドア用はもちろん、部屋のインテリアにもオススメです!天板の裏には荷重を受ける線材がX状に配され、スムーズな開閉作業をサポートしてくれます。

素材と大きさ

このテーブルも上記と同じく竹の集成材の天板です。つるっとしているのですが、やはり温かみを感じるんですよね。水分はしっかり弾いてくれますし、汚れがついてもサッとふき取るだけでOKです。非常にコンパクトなサイズなのでチェアと一緒に車に積んでおけば、いつでもどこでもリビングに早変わり。何かと役に立ちますよ。

設置方法

設置も撤収もワンタッチで一瞬で終わります。畳むときも広げるときもポイントはひとつです。足の底を開いたり閉じたりすることでスムースな開閉がきますよ。

シチュエーション

コンパクトである程度高さがあるので、焚き火でまったりする時などには最高です。このテーブルにビールやウイスキー、本などを置いて・・もうこれがないキャンプは考えられないですね。また、家ではベッドサイドで使用したり、読書の時のサイドテーブルとしても大活躍します。

 

以上、本当におすすめできる、スノーピークのテーブルの紹介でした。同社のテーブル竹の集成材を使用した天板で有名ですが、機能的でモダンなデザインなのにどこかしらに温かみのある素材感と、和の雰囲気を残していますよね。天板の質感も凄く良いので、きっと満足していただけると思いますよ。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA