大人気!スノーピークのシェルフコンテナを試してみました。

今日の ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品はこちら。

 

スノーピーク シェルフコンテナ

 

インスタでも大人気のこの商品。みなさん楽しんでますねー♪ 私もこの間入手したので早速使用して来ました。そして、結局「もう手放せない」という結果に。キャンプから帰ってきて、追加で2個発注!合計3個になってしまいました。(笑)

 

大きさについて

大きさは正直なところ小さい25の方がオススメです。荷物を乗せると25でも結構重量はあるので、収納するものによりますが50に満載してしまうと腰がつらいかも・・・小さめのサイズを数多くもつ方が楽で安全だと思いました。

使用方法ですが、私は畳んだ状態でコンテナとして車に積み込み、サイト設営後は下の画像のように広げてテントの前室に置いて使用しました。虫除けやライト、歯ブラシなどの場所が「一目瞭然」で取り出せるので、非常に便利でした。

このシェルフ機能は予想以上に素晴らしいです!広げると必然的にものの場所を把握しやすく、非常に取り出しやすいです。

ほんのちょっとのことですが、キャンプという普段と違う環境の中ではこの微差が大差になります。

「シェルフ機能」は以前から知ってはいましたが、実際に使用してみると本当に便利!ちょっと「感動モノ」でしたよ!

 

シェルフコンテナ25 を、アメドSの前室に置いて使用してみました。ユニフレームの焚き火テーブルとの相性も非常によろしいです。

 

 

「シェルフ機能」と「コンテナ機能」の2つの利点

「シェルフ機能」と「コンテナ機能」が一体になった製品です。車へ積む時は箱型にして荷物を詰めます。細かいごちゃごちゃしたものを気にせずポンポン放り込め、サイトでは変形させ、拡げて物を取り出し易い状態で置いておけます。

 

お洒落に・安全に積み重ねができる

下の写真のように3段まで積み重ねることができます。四隅にある樹脂パーツのおかげで、積み重ねてもぐらつきがなく、非常に安定感があります。

 

キャンプ中の便利な棚として_009

 

素材が頑丈でずっと使える

ハンドルは竹で挟み込んでいるので手馴染みがいく、本体は素材がプラスチックではなく金属なので、ずっと使えるのも嬉しいですね。10年経って古くなっても、きっと素敵な雰囲気を醸し出してくれると思います。やはりこういうものは一生使えるような素材を選びたいですよね。

 

ロック機能搭載で安心・安全

変形できるということは不安定になる可能性があるということでもあります。しかしこのハンドルには合計4つのロック機能を搭載。「シェルフ状態」「コンテナ状態」の各姿勢をしっかりと保つことができます。安心ですね♪

 

 

 こりらは、積み重ねとレイアウトがとてもオシャレですね。さすが公式インスタです。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA