スノーピーク(Snow Peak)の『雪峰 』が好き過ぎて追加購入した。

スノーピーク(Snow Peak)の『雪峰』を追加購入しました。

昨夜は野営していたのですが、夜はかなり冷え込みました。そうなると断熱効果が高く、大きめのマグが欲しくなります。

ということで、愛用しているH200(200ml)の『雪峰』に、 H300(300ml)を追加することにしました。

『雪峰』本当に大好きなんですよね。

デザイン、質感、実用性、ネーミング、全てが極上の道具だと思います。

一言で表すとしたらこんな感じ。

燕三条の技術力ハンパない!!

『雪峰』とは

スノーピークが販売しているダブルウォールのチタン製マグです。真空なので断熱効果が高く、チタン製なので軽量で錆びることがありません。日本人に馴染みのある「湯のみ」のような形状がとても愛らしいマグです。

これが『雪峰 H300』です。

メッシュのケース付き。

相変わらず美しいっすね。

ちなみに、雪峰の質感は凄いです。

こんなに寄っても耐えられる感じ。

この曲線美・・

おしりの丸み・・・

 

・・なんか変態みたいですいません。

 

チタン特有の渋いシルバー・・

美しい書体で描かれた漢字のロゴ・・

スタイリッシュなのにどこか日本を感じさせるデザイン・・

そのどれもが心の琴線にビンビン触れてきます。

千利休がアップルに入社したらこんなものができるだろうか?

 

燕三条万歳!

 

熱くならず「暖かい」

熱いお茶を入れても全然熱くないんですよね。湯のみの形状なので、ほんのりと暖かくてちょっとしたハンドウォーマーになります。ハンドル付きのマグでは暖かくはないですからね。

冬のキャンプには「雪峰」ですよ。

スタッキングが美しい

『雪峰』の素晴らしい点はまだあります。

雪峰同士はもちろんのこと、スノーピークのチタンマグとも美しくスタッキングすることができます。

下の写真は雪峰H200雪峰H300です。

こんなふうにスタッキングすることができます。

記事を書いていたら「究極のお茶セット」ができた。

さらにスノーピークの「チタンシングルマグ450」にすっぽりと納めることができます。

「チタンシングルマグ450でお湯を沸かして、雪峰2つでお茶を飲む」なんていう夢のようなことが可能になりますよ。

※注意※ シングルマグは直火OKですが、『雪峰』は絶対に火にかけないようにしましょう。

自分で書いてて気がつきました。

「あれ、これって究極のお茶セットかも?」

よくないですか?参考になれば嬉しいです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA