スノーピーク ヘキサ Pro.air S [TP-348] のレビュー

スノーピークの ヘキサ Pro.air S のレビューです。

ずーっと欲しくて買いました。このヘキサタープにはまさに一目惚れ。自然に溶け込むような優しい色味はなんて素敵なんだろう。

ヘキサ Pro.air S とは?

スノーピークから販売されている小型のヘキサ型タープです。

カーキにブラックが効いた洗練された色味が特徴的で、大自然にとても映えます。「男のロマン」を色にしたらこんな感じですね、きっと。

Pro.Airの色味には、無骨さの中にアーバンが潜んでいる。

ヘキサ Pro.air S のスペック

スペックは以下のとおりです。ペンタのサイズが400×320cmですから、まさにソロ〜デュオサイズ。ソロで使用するとかなり贅沢に使えますね。

  • サイズ:670×640cm
  • 収納サイズ:80×17×22(h)cm
  • 重量:1.5kg
  • 材質:75Dシリコンポリエステルリップストップ
  • 耐水圧1,500mmミニマム
  • 対応人数:2人

Pro.airとは?

Pro.airというのは軽量・コンパクトを追求したラインナップです。

生地を薄くすると同時に目の細かいリップストップ生地(ナイロンが格子状に編み込まれている)を使用しているため、軽さと強度を両立しています。また、シリコーンコーティングを施すことにより、耐水性を高めていることも特徴的です。

リップストップなので引き裂き強度が格段に増している

ヘキサ Pro.air S を設営する

ヘキサ Pro.air S を買って来ました。

収納袋は大きめ。ポールなども詰め込めるのでいいかも。

我慢できなくなり、フィールドへ来ました。

早速設営しましょう。ペグは25cm以上が8本必要です。

注意
今回は1人でやりますが、安全のため設営は必ず2人以上で行なってくださいね。

幕をひろげます。手前側のほうが少し長くなっています。(長翼)

ロープの確認をしましょう。前後は10mの二股ロープ×2です。

スノーピークのロゴがある方が長翼になります。ここには3mのサブロープ×2です。

こちらの短翼には4mのサブロープ×2です。

左右4箇所にサブロープを設置しましょう。特に指定がないので「もやい結び」にしました。穴の大きさが変わらず、緩まず、水に濡れても解きやすいというチートな結び方です。

もやい結びは「結び目の王」(King of knots)とも呼ばれる

サブロープを取り付けると、こんな感じになりますよ。

張る位置を決めます。前後は二股ロープですよ。

まずは手前側の二股ロープをペグダウンします。(2箇所)位置はそれぞれ中心から45度が理想です。

ロープはペグに対して90度にします。

ポール三角金具にとおし、二股ロープを設置して。

うりゃ!と立ち上げます。

反対側も同じように立ち上げましょう。

サブロープ4箇所をペグダウンします。(位置はタープの中心から各コーナーのグロメットの延長線上が理想です。)

張り具合を調整しましょう。テンションのかけ方は以下のとおりです。最初は8割くらいの力でかけ、残りの2割で仕上げになります。

  • サブロープに対角線順にテンションをかける(8割)
  • メインロープ(二股)にテンションをかける(8割)
  • 上記の順にもういちどテンションをかけて完成(2割)

完成しました。

かっこいい!!

かっこいぃぃいい!!! 

ロープと自在もめちゃくちゃイケてます。もうスキがない。

興奮してしまったのでちょっと休ませてください。

コーヒーの包装はスプーンにするのがセオリーです。

ファル3を設置してみる

今度は「ファル3」を設置してみましょう。

ちなみにポールは指定(240cm・210cm)より低い汎用ポール(200cm・150cm)で張っています。それでもファル3はすっぽり入りますね。

ただ純正のポールじゃないとだめですね。強度が全然足りない・・

少し斜めに設置してみると。

こんな感じで前室いらずのスペースが生まれます。

小川張りしてファル3を設置してみる

小川張りしてみました。これで200cm×200cmです。

かっこいい!かっこよすぎる!!!

当たり前ですが、ファルとヘキサSの相性は抜群ですね。これ以上かっこいいものがあるだろうか?

軽量で小ぶりのサイジングなので、大自然を胸いっぱいに感じたいソロキャンパーや、コンパクトカーで趣味を楽しむ大人のキャンパーにはぴったりでしょう。

ヘキサ Pro.air S を撤収する

撤収します!ポールを倒して、風の影響をなくしてからペグを抜きましょう。

まずはロープをまとめましょう。これは10mの2又ロープです。みごとにねじれていますね。これは直しておきましょう。

2本に分けてからの方が、ねじれが取れやすいです。

自在を端まで戻して。

くるくるくるっと巻きましょう。40cmくらい残しておいて。

横方向に巻きつけます。

一番端の輪っかに指をとおしておき、隙間をあけます。

ロープの先端をとおしてキュッとしめたら完成です。

これで次回も気持ちよく設営できますね。

サイドの4箇所はもやい結びを外して。(気にならなければつけたままでもいかもしれません)

先ほどと同じようにまとめます。

生地をたたみましょう。まず半分に折ります。

端を1/4くらい折ります。

もう一度折ります。

前後を折ります。

くるくるっと巻いたら終了です。

収納袋が大きいのでスポット入ります。

ちなみにファル3を入れても余裕がありますよ。

この中にタープも幕もポールも入っているなんて素敵です。ボストンバックとしても使えそう!

まとめ

思えば去年3月、昭島の展示会でみたのが最初でした。

まわりのスタッフさんに「あれかっこいいですよね!」「あの色いいですよね!」と言いまくっていたのを思い出します。(恥ずかしい・・)そのあとファル3を買って感動し、今回のヘキサPro.air S が追加されました。

春に向けて究極の幕とタープを手にした感じがします。

もう1セット欲しいな・・









indeed



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA