「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 スノーピーク

スノーピークの「ハードロッククーラー」を2年使ってみた感想

投稿日:2018年6月16日 更新日:

こんにちわ、ソロニワです。

スノーピークのハードロッククーラーをご存知ですか?熊でも壊せないアレです。

2年ほど前に購入し、大切に使用してきましたが、保冷力がとても高いので、夏のキャンプでは大活躍です。

今日はその感想をまとめてみました。

snowpeak-hardrock-cooler

いきなり結論ですが、これが正直な感想。


 「買ってよかった!!」

 

やはりスノーピークのクーラーボックスは最高だと思いました。

この2年間、常に所有欲を満たし続けてくれました。そして、それはいまでも全く色褪せることはありません。

スペックだけでいえば、厚さが5cmのウレタン断熱なので、あの有名な「イエティ」のものと同じですが、デザインを含めるとやはり「ハードロッククーラー」の方が良いと思います。

好みの問題ですけどね。

こちらが同サイズのYETIのもの↓

 

ハードロッククーラーの特徴

 

デザインがカッコいい


落ちついたベージュ色の本体に、シックなバーガンディの頑丈な留め具。さりげなく天板に掘られた snow peak のロゴはまるで彫刻のような趣です。

「ずっと使っていたい」そんな風に思わせるデザインが素敵です。

熊でも壊せない

蓋を開けると「Grizzly」の文字がデカデカと掘られています。このデザインが凄くいい。

開けた瞬間に「カッコいい…」となります(笑)

実はこのクーラーボックスは米国の Grizzly Coolersとスノーピーク(snowpeak)とのコラボ商品なんです。

snowpeak-hardrock-cooler

Grizzly Coolersとは?

1983年創業。アメリカのアイオア州で、堅牢なクーラーボックスを製造しているメーカーです。回転整形という特殊な製法で作られたクーラーボックスは非常に頑丈で、熊でも壊せないということが証明されています。スノーピークと同じく通常の使用であれば「永久保証」が約束されています。

 

ベア耐性認定

ちなみにこれは米国のグリズリーベア委員会にて、ベア耐性認定を得たという表示だそうです。「熊に襲われたとしても中身を掻き出されない」ということを保証する、認定証になります。

グリズリーベアの力

グリズリーがどれくらいの力があるかというと、ボウリングの玉を軽々噛み砕き、ライオンの首を一撃で叩き折り、張り手で人間の頭が吹き飛ぶ程・・

お・恐ろしい・・

 

保冷力が非常に高い

分厚い厚さ5cmのウォールと蓋のおかげで、非常に高い保冷力を誇ります。真夏に一泊のキャンプを終えても保冷剤はまだ凍っています。

夏のキャンプ、飯の安全性は最優先事項。抜群の保冷力には、絶対的な安心感があります。

snowpeak-hardrock-cooler

頑丈な持ち手

ハードロッククーラーは持ち手も頑丈です。金属製のパイプにクッション製をもたせたものです。

非常にスタイリッシュで持ちやすいので、気に入っています。(この持ち手は20QTのサイズ限定です。)私がこのサイズ選んだ理由に、この持ち手のデザインがあります。

 

抜群の耐久性

2年間使用してみて、劣化は全くみられません。外観はもちろん、蓋を閉めた時のなんとも言えないかっちりとした締まり具合も健在です。

少なくとも、私が生きている間は使えそうですね。永久保証ですしね(笑)

 

使用後のメンテはしっかり

非常に耐久性が高く、いつまでも使えるクーラーボックスですから、キャンプ後のメンテはしっかりと行いたいところ。私は水抜きの蓋を外し、内部を乾いた布で拭き取ってから、保管しています。

非常にシンプルなケアですが、これでカビはもちろん、嫌な匂いがついたことも一度もないです。

 

まとめ

以上、スノーピークのハードロッククーラーの感想でした。使用するたびになんとも言えない満足感を感じる、数少ないキャンプ道具です。

とても保冷力が高く、頑丈で、スタイリッシュ、そして永久保証。長年キャンプを共にする相棒にはこれ以上のものはありません。

落ち着いたサンドカラーにバーガンディの留め具。そのカラーリングはやはりスノーピークの幕にとても良く映えます。

「スノーピークのテントをお持ちの方」そろそろ「ちゃんとしたクーラーボックスが欲しい」と思っている方に、全力でオススメします。

ではまた。

 







-キャンプ道具, スノーピーク
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【レビュー】ドイツ製の火吹き棒|「ファイヤーブラスター」は絶対にオススメ|solo×niwa

こんにちわ、solo×niwaです。 「ファイヤーブラスター 」を買いました。私は “焚き火” が趣味なので、こういった道具は満足度に直結します。だから少しでも焚き火が楽しくな …

キャンプに極上のベッドルームを|スノーピークのテント おすすめ|Snow peak

スノーピーク(Snow peak)のテント 画像:snow peak ■目次 1. アメニティドームM(5人用) 2. エントリーパック TT(4人用) 3. ランドブリーズ(4人用) 4. ドックド …

冬キャンプ ×「薪ストーブ」は新しい火遊びの形だと思う。

今日は薪ストーブについて。一瞬、「大変そう!」と思いましたか? 体験したことのない人にとっては遠い世界のことのように思えるかもしれませんが、家ではなくキャンプで始めるなら意外とハードルは低いです。なぜ …

コールマンの ファイアープレイスフォールディングチェア

今日は今年初の本格的な火入れでした。 お買い物のついでにオガ炭ゲット。 やはり煙の出方は違いますよ。 木炭はダメです。匂いが強いので。 ガレージのセッティング完了。 コールマンのストライプのチェアは最 …

SOTO フィールドホッパーのレビュー|キャンプブログ-ソロニワ

SOTOのフィールドホッパーを久々に使用して「ああ、これやっぱり最高だな」と感じたのでレビューをします。 一言でいえば、「ユーザーを感動させるテーブル」です。アウトドアの「軽量テーブル」というジャンル …