Snow peak|スノーピーク 「焚火台S」 の徹底レビュー

こんにちわ、@ソロニワです。

今日は スノーピークの焚火台S について、徹底的にレビューをします。

実際に使用してみると、軽くて、コンパクトで、本当に重宝するのがSサイズ。

家族ではMサイズを使って焚き火やバーベキューをして楽しんでいますが、一人だけで行く ”ソロキャンプ” にはやはり「焚火台S」がおすすめ。

なぜなら、Mサイズと比べて重さは半分の1.8kg。持ち運びが非常に楽になり、焼き面は27cm四方と、1人で焚き火や調理をするには丁度良いサイズ感です。

使ってみると実感しますが、「サイズや重さが目的にあっているか?」って思った以上に重要な要素で、キャンプが格段に快適になります。

これからスノーピークの 焚火台S の購入を考えている方のために、特徴や使い勝手をまとめたので、参考にしてみてください。

焚火台とは?

スノーピークが販売している焚火をするための道具です。

直火では芝や木の根を痛めてしまうことから、自然を守りながら焚火を楽しむツールとして開発されました。圧倒的に美しいデザインと、耐久性は本当に魅力的。

長年、多くのキャンパーに愛されているのも必然と言えるでしょう。

”焚火台S” の疑問に答えます。

大きさや重さははどのくらいなの?

上から見て四方の大きさは 27cm×27cmです。面積的には27cmの靴を横に3つ並べたくらいです。重さは1.8kgなので、スノーピークの焚火台にしては十分軽量だと思います。

 Spec

【使用サイズ】270×270×210mm
【収納サイズ】350×410×25mm
【重量】1.8kg
【素材】ステンレス鋼
【部材の厚み】1.5mm

下の画像は、トランギアの600mlのケトルを乗せたものです。

”S”とは名ばかりで、重いんじゃないの?

焚火台Sの重さは1.8kg、焚火台Mの重さは3.5kg です。約半分の重さになるので、焚火台Mサイズと比べると「焚火台ってこんなに軽いんだー」って思います。「バイクに乗せていってもよいかな?」と思えるくらいの重さです。

焼き面が小さいんじゃないの?

27cm四方が焼き面になるので、大きくはないですが、 ”気軽さ” とのトレードオフと割り切ってください。3人くらいまではなんとかなりますが、それ以上なら焚火台M を使用した方が良いと思います。

下の画像は、オプションのグリルブリッジを使用して肉を焼いている様子。高さが3段階に変えられる網でとても便利です。これはマストですよ。

小さくて薪がちゃんと入るの?

市販の薪は30cm~45cm程度でしょうか?そのままのサイズでは厳しいです。(はみ出して良いならそのままいけますが)なので、コンパクトノコギリを用意しましょう。それで解決です。ノコギリで真っ二つに切ってから薪割りをすればよいのです。下の画像は高儀のコンパクトノコギリです。凄くコンパクトで切れ味もよく日本製(しかも燕三条産)価格は1000円以内という素晴らしいノコギリですよ。最強です。

http://soloniwa.jp/2017/06/21/taking-compact-saw/

どんなオプションがあるの?購入の優先順位は?

1.極厚の帆布ケース
2.グリルネット
3.炭床
4.ベースプレート
5.  ベーススタンド

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S 

1帆布製の極厚のケース。

2焼き網は3段階の高さ調整ができます。

3燃焼を効率的にするために底に敷くもの

4・5 芝生を守るために焚火台の下に設置するものになります。

優先順位的には上記の順番で良いと思います。お金に余裕があれば全て揃えたいですね。スノーピークの焚火台は一生モノですから。

焚火台のどこが凄いの?

耐久性が半永久的

本体のステンレス板の厚みが1.5mm。極厚でヘビーなスペックは徹底したフィールドテストから決められたそうです。だから歪むことがない。これはおそらく、スノーピークの焚火台にしかない特徴だと言えるでしょう。耐久性は半永久的と言っても良いと思います。

設置と撤収が簡単な構造

構造は非常にシンプルです。4枚の板が繋がっていて設置は広げるだけ。撤収は折りたたむだけ。すごく簡単なのに折りたためば、薄い板のようになるので持ち運びも簡単です。シンプルだから壊れないし、部品がなくなるなんてこともない。だからずっと使えるんです。

フレームが極太ワイヤーなのでひっかけることもできる

焚き火台のフレームは極太のワイヤーです。だから収納の際にどこかに「引っ掛けて吊るしておく」なんてこともできてしまいます。これもスノーピークの焚火台にしかない特徴だと言えるでしょう。私は階段下の収納に引っ掛けて収納していますよ。Sサイズなら軽量なので余裕です。

オススメのシチュエーションは?

ソロ〜デュオキャンプ(1人〜2人)がおすすめ。下の画像は私のソロキャンプの様子です。夏だったかな?しかし焚き火の炎が凄いですね(笑)

焚火台Sを実際に使用している動画

実際にグリルネットを設置し、メスティンで炊飯をしている様子がこちらです。

まとめ

以上実際に使用しているからこそ分かる焚火台Sの使用感でした。

ソロキャンプではいつもこの焚火台Sを使用していますが、軽く扱いやすいので本当に便利です。そして何度使用しても一切歪みがないのが素晴らしいです。

まさに一生モノ。これほど優れたキャンプ道具は他にないでしょう。

参考になれば幸いです。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA