スノーピーク|ファル 3(FAL Pro.air3)のレビュー

スノーピークのテント「ファル 3」のレビューをします。ファル3の初張りを兼ねて、グランドシートやインナールームの設置、設営や撤収の仕方、特徴などをまとめてみました。

ファル3はスノーピークの山岳用テントです。

生地には「Pro.Air」という軽量で耐久性のあるリップストップ生地が使用され、重量は2kgを切ります。軽量なのに210cm×150cm という室内空間はとても快適。ポールも短く収納できるので、バックパックにも楽々入ります。ソロキャンプやバイクツーリングには最適でしょう。

実際に聞いた話ですが、スノーピークスタッフの多くがこの「ファル3」を使用しているんだそうです。(イベントとか多いですからね。)

スペック的には3人用のテントですが、一番おすすめしたいのはソロキャンプでの使用です。一人で使用すると本当に快適ですよ。

 

ファル3 のスペック

ファル3のスペックは以下のとおり。2kgを切る重量と、150cmという魅力的な幅。耐水圧は1,500mmミニマムと低く思えるかもしれませんが、これはスノーピーク独自の「ミニマム」表記だからです。

※ミニマム表記:どこの一点をとっても、「耐水圧は保証する」というもの。

  •  サイズ:210×150×103(h)cm
  •  収納サイズ:本体ケース/φ17×35cm フレームケース/11×51cm
  •  重量:1,920g(本体・フレームのみ)
  •  対応人数:3名
  •  耐水圧:1,500mmミニマム

ファル3 の設営

設営の仕方

本体とポールです。ケースがブラックなのがカッコいい。

グランドシートを敷きます。専用のオプションもありますが、これはアメドSのものです。(インナーサイズがぴったりなので流用可能です)

フライを拡げます。左側にスノーピークのロゴがある方が前です。

こっちは後方です。ファスナーは真ん中に一本。ロゴはありません。

ポールを組み立てて。前方から2本通します。後方はポールが止まるようにポールエンドがついてます。

ポールは押しながら入れます。スリーブが結構タイトなので注意です。(ポールを差し込んだらスリーブも伸ばしながら入れるとスムースに通せます。)

黒いポールエンドまでしっかりと通しましょう。(ちゃんと最後まで通さないとポールが曲がったり折れたりしますよ。)

こんな感じになりました。

ポールを手前のポールエンドに差し込んで立ち上げていきます。

手前側2カ所のマジックテープを止めます。

インナールームは後方から順に吊り下げましょう。

11カ所(4隅、前2、後ろ1、張り綱2、サイド2)ペグダウンしたら完成です。写真のようにガイラインが2重になるようにペグダウンするのが正解です。

前後を解放するとこんな感じです。前のパネルは右側に斜めに開くようになっています。右前のペグを外すと、さらに大きく開放することも可能です。

インナールームの様子。

1人文のベッドを作っても余裕で荷物がおけます。半分で寝て、半分でいろいろ作業できる感じ。幅150cmってソロだと最高なんですよね。

大の字になっても足がとどきません。めっちゃ快適。

前方下側はメッシュにすることができます。

ベンチレーターは後方にあります。ランタンなどをぶら下げるフックは5箇所。

後方はこんな感じ。小さな荷物出し入れ用の出入口があります。前後を開けると空気が抜けて気持ちいいんですが、メッシュにはできません。

これは実際に使用していて感じたんですが、こちら側を頭にして眠ると、頭上が開放的になってとても気持ちがいいです。

フライトインナーのクリアランスはこのくらい。結露は大丈夫でしょうね。

撤収の仕方

今回はインナーを吊り下げたまま撤収します。しっかりと乾燥してから撤収すれば、毎回この方法で良いと思います。

張り綱部分と前後のペグを抜きます。

張り綱はこんなふうに巻きつけて。

横にくるくるっと巻きつけて、先端を巻きつけた隙間に通してしめるといい感じにまとまります。(自己流なので参考程度にしてくださいね。)

この一手間で次の設営が「気持ちよく」行えますよ。

手前のポールスリーブを外し、ポールを2本抜きます。

ポールは押しながら抜きましょう。引っ張らないのがセオリーです。

ポールの収納はちょうど真ん中から折っていくと、中のゴムに偏りがでず、長持ちします。これも鉄則。

袋の長さに合わせて畳んで。

空気を抜きながら、くるくるっとまいたらケースにしまいましょう。

終了です。めっちゃ簡単。

ファル3 の特徴

耐水圧1,500mmミニマム

「たいしたことないじゃん」と思いましたか?

「耐水圧1,500mmミニマム」というのは、どの場所で測っても最低耐水圧1,500mmを約束することを指しています。これはスノーピークの独自の基準で、生地に対する絶対的なこだわり故の表記なのです。

ニマム表記について
スノーピークの山井社長がユーザーとの対話の中でコメントしていたんですが、耐水圧1,800mmミニマムというのは、耐水圧5,000mm程度のスペックがあるんだそうです。つまり耐水圧1,500mmミニマムだと耐水圧4,000mm程度ということです。ミニマム表記、恐るべしですね。

吊り下げ式のインナーテント

ファル3のインナーは吊り下げ式です。なにが良いかというと、一度設置すれば、そのまま収納することができます。つまり次回の設営が圧倒的に楽になります。インナーを取り外せば、シェルターのように使用することが可能です。

荷物の出し入れに便利な後室

ファル3には後室の扉があります。荷物の出し入れができるのはもちろん、前後を解放すればとても効率的に換気ができます。ファル2には後室はないので、これはファル3の特権です。(3サイズある中でファル3が選ばれる理由でしょう。)

ファル3 に適したシーズンは?

ファル3 の構造を考えると、春・秋・冬 が適したシーズンだと思います。メッシュ部分が少ないので正直夏は暑いんですよね。私はそれを知っていて買いました。なぜかって?

だってカッコいいんだもん(笑)

惚れてしまったんだからしょうがないです。

後方の出入り口がメッシュなら良かったんですけどね・・自分でカスタムしてメッシュ化するのもありかな?と考えています。

実際に使用している様子

ファル3を実際にフィールドで使用している様子です。コンパクトなテントなのでどんな場所でも張ることができます。

渓流のわずかなスペースに設営。大自然を贅沢に味わうことができる。
LEDの灯りも、テント越しに眺めてみるととても美しい。
インナールームからの眺め。前室スペースは狭いがちょっとした煮炊きは可能。くつも置ける。

まとめ

スノーピーク ファル Pro.air 3(SSD-703)のレビューでした。

スノーピークの小型テントがずっと欲しかったんですが、ようやく手に入れることができました。

ファルを購入して一番気に入っているのはカラーリング。山岳用の小型テントって原色ばかりなので、落ち着いたベージュ系のカーキはとても貴重なんです。

あとは室内のサイズ感。210cm×150cm の空間ってソロキャンプで使うと本当に快適なんですよね。これは同社のアメニティドームSのインナールームと同等のサイズ。

半分に寝て、半分は荷物を置いたり調理をしたりできるから超快適。快適にソロを楽しむにはこのサイズがベストだと思っています。

ファル3、おすすめです。

@ソロニワでした。

ヘキサ Pro.air S は、ファル3とめちゃくちゃ相性の良いタープです。これは絶対に揃えるべき。

スノーピークの新作テント「エントリー2ルームエルフィールド」ってどうなの?

2018.12.02

スノーピーク|ファル 3(FAL Pro.air3)のレビュー

2018.10.01

【2018年版】おすすめのキャンプ用品 総まとめ!

2018.09.01

スノーピーク(snowpeak)リビングシェルのレビュー

2018.07.27




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA