スノーピークの「焚火ツールポール」を絶対に買うべき ”3つの理由” 

こんにちわ。solo×niwaです。本日紹介するのはこちらです。

スノーピークの焚火ツールポール

焚き火台の近くの地面に突き刺し、火はさみなどをかけておくステンレス製のポールになります。あまり期待していませんでしたが、実際にフィールドで使用したところ、えらく気に入ってしまいました(笑)これはもはや「神の道具」です。

スノーピーク(snow peak) 焚火ツールポール N-100
  • 材質:ステンレス、樹脂
  • サイズ:110×25×1000mm(ゴムキャップを除く)
  • 重量:1.2kg

実際に買う前の印象

  • パイルドライバーの短いやつ?
  • パイルドライバーは5千円代だけどこれは一万円で高い
  • ステンレス製というところは魅力的

つまり全然期待していなかったんです。でも実際にお店で見てみると「ぅ・・美しい・・・」と一目惚れしてしまい購入。ということで、早速フィールドテストしてきました。

 

フィールドテストの結果

一言でいえば、「とてつもなく素晴らしい」です。

よーく見てください、タークの26cmの重量級フライパンが余裕でぶら下がっています。(腱鞘炎になる程重いドイツ製のクラッシックフライパン)しかも「てこの原理」からすると「一番外側」は「一番辛い」はずですが、全く問題ありませんでした。

この安定感は素晴らしいと思いませんか?

ハンマーで打ち込みをするヘッド部分。ステンレス製なので錆に強いです。そして美しい。

パイルドライバー用の帆布ケースです。このケースは焚き火ツールポールもスッポリと入ります。パイルドライバーとポール類もバンバン突っ込めるので、めちゃ気に入ってます。

フックの部分はこんな風にコンパクトにすることができます。本当に良く考えられていますね。スノーピークの開発力は素晴らしいと思います。

こんなにシンプルな構造なんです。だから壊れない。

 

「焚き火ツールポール」を買うべき3つの理由

ペグハンマーで打ち込める

設置の方法ですが、まず先端のキャップを外します。先は尖っているので、そのまま地面に突き刺してハンマーで地面に打ち込むことで、非常に堅牢なポールが立ちあがります。ステンレスの一体成型でに作られているので、ペグハンマーでガンガン打ち込んでも不安は全くありません。素晴らしいです。ちなみに下の画像は、スノーピークの ペグハンマーS(銅でなく鉄製) 打ち込んだ後のポールですが、全く変化がありません。

ステンレス製だから錆びない

同じくスノーピークのパイルドライバーはスチール製なんですが、こちらはステンレス製です。つまり錆びずに半永久的に使えるということ。キャンプ道具において、錆びの心配をしなくてよいのは本当にありがたいです。

構造が簡単なので壊れない

スチールの棒に穴が空いていて、そこにぶら下げるポールが通っています。穴の形状に工夫があり、立てる時はきっちりと水平に、しまう時はポールに沿うような形で水平になるので、コンパクトに収まり収納も楽々。構造が単純ということは「壊れる箇所が少ない」→「壊れにくい」ということです。どうしたら壊れるのか、想像がつきません(笑)

 

まとめ

構造が単純で、頑丈で錆びない、非常に安定したポールになります。お値段は張りますが、その頑丈さのため、「もう2度と買わなくて良い」と考えると全然安いものだと思いませんか?

 

スノーピーク(snow peak) 焚火ツールポール N-100
  • 材質:ステンレス、樹脂
  • サイズ:110×25×1000mm(ゴムキャップを除く)
  • 重量:1.2kg

おまけ「タークのフライパンについて」

ちなみに記事中にご紹介したタークのフライパンです。一枚板から作られたドイツの伝統的なフライパン。フィールドでの使用には、文句のつけようがないです。取ってが長いのでそのまま持てます。そしてツールポールにぶら下げることができます。

肉厚の鉄で打ち出されたフライパンで焼くステーキは本当に美味しいですよ♪

現在、並行輸入品が12,700円程度で販売されています。普通にドイツから輸入しても1万円くらいはするので今はお買い得だと思いますよー!少し前までは2万超えていましたので。。

turk ターク Classic Frying pan 26cm クラシックフライパン 65526 鉄 ドイツ並行輸入品 [並行輸入品]

 

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

 

今回紹介したもの

スノーピーク(snow peak) 焚火ツールポール N-100 スノーピーク(snow peak) パイルドライバーケース LT004B スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

http://soloniwa.jp/2017/08/13/snowpeak-pile-driver/




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA