「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 スノーピーク

スノーピークのストーブの魅力|秋冬もキャンプを楽しもう。

投稿日:

今日はスノーピークのストーブについて

当ブログでも何度か取り上げているテーマですが、本当にストーブが恋しくなってきましたよね。特に夜の涼しさがもうすっかり秋ですね。さて、スノーピークのストーブといえばコンパクトなタクードと、少し大きめのレインボーストーブがあります。どちらも良いストーブなのでよろしければ最後までお付き合いくださいね。


画像:snow peak

1.タクードストーブ

スノーピーク タクードストーブ

SPEC

  • 点火方式:点火棒(マッチ等)による
  • 使用燃料:灯油(JIS1号)
  • 出力:2.15kw(1,800kcal/h相当)
  • 油タンク容量3.1ℓ
  • 燃焼継続時間:約15時間
  • 外形寸法:380×380×340(h)mm
  • 重量:6kg

 スノーピークのコンパクトストーブ

タクードストーブは、大きさは 38cm×38cm、高さは 34cm、容量は 3.1L の、スノーピークから発売されているコンパクトタイプのストーブです。直置きはもちろんのこと、同社のIGTやIGTスリムと組み合わせてぶら下げることもできるので、活用の幅はさらに拡がります。

連続15時間の燃焼時間

連続燃焼時間は約15時間なので、ソロ〜DUOで一泊で夕方〜朝を迎えるには程よい容量かと思います。ファミリーキャンプにはもう少し容量のあるレインボーストーブをオススメします。

煮炊きができるストーブ

このタクードストーブは、もともとトヨトミが新興国や途上国の生活問題や健康状態の改善をテーマに開発した「BOPコンロ」というストーブが元になっているようです。BOPコンロは品質の高い素材を使用することで買い替えのリスクを低減し、安全でかつ、安価であることをテーマに開発された商品です。社会的な意義のある製品のため本当に良く考えられていて、燃料も無駄にしないよう天板上で煮炊きまでできるように作られています。なんて素晴らしい取り組みなのでしょう。

 

2.レインボーストーブ

スノーピーク レインボーストーブ

SPEC

  • 種類:自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型
  • 点火方式:電池点火(単二型乾電池2個・別売)
  • 使用燃料:灯油(JIS1号)
  • 最大燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)
  • 暖房出力:2.5kW
  • 油タンク容量:4.9L
  • 燃焼継続時間:約20時間

スノーピーク(snow peak) 収納ケース スノーピーク レインボーストーブ バッグ BG-101

美しいデザインと炎

レインボーストーブのデザインは美しいです。国内の一般的なストーブにはない洗練されたデザインはインテリアとしての存在感も抜群です。そしてそんなデザイン性の高い本体だけでなく、独自のガラスフレームにより炎が非常に美しいんです。キャンプ場では間違いなく優越感に浸ることができますよ。

画像:snow peak

4.9Lで20時間使用可能

タンク容量は4.9L。約20時間の使用が可能です。この容量があれば、一泊二日程度なら十分ですよね。ファミリーがテント内で使用するのに程よく、最適なストーブだと思います。

家でもキャンプでも使えるから一台で済む

スタンダードな形と落ち着いたデザインはキャンプでもお家でも使えるから便利です。ストーブはかさばるものなので、収納場所が一つあれば良いのは嬉しいですね。ケースはクッション性がある専用のものがあるので、車で持ち運ばれる方は使用した方が良いと思います。

 

照明代わりにもなる明るさ

レインボーストーブを使用するメリットの一つは「照明になる」ということ。なぜかというと、本体上部に傘のようなリフレクターがついているから。このリフレクターのおかげで、足元がより明るくなるのです。これはアウトドアでの使用を想定しているからこそ生まれたアイデアでしょうね。素晴らしいですよね。

本当に素晴らしいスノーピークのストーブですが、しっかりと注意事項を守っていただだき、「安全で楽しいキャンプ」を楽しんでくださいね。

 

ストーブを利用する際の注意事項

テント内で使用するには以下の注意事項を必ず守ってください。
使用できる製品は、スノーピーク製のシェルター(リビングシェルなど)・2ルームシェルター(ランドロックなど)に限ります。テント内での使用は酸素不足による不完全燃焼、タープ(側面にパネルのあるタープ含む)内での使用は風の影響により異常な炎が出て危険です。絶対に使用しないでください。
安全にご使用頂くためにも必ず事前に取扱い説明書をよく読んでお使い下さい。
対応シェルターであってもシートやマットの上、またインナーテント内では使用しないでください。

画像:snow peak

 

以上、スノーピークのストーブの紹介でした。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

 

 

ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品







-キャンプ道具, スノーピーク
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

あたりが薄暗くなったら「焚き火の時間」|揃えるべき7つ道具 を紹介します。

今日のおすすめのキャンプ用品。テーマは「焚き火をするのに必要な7つ道具」 キャンプ場で昼間からバーベキューをして、お腹も満たされまったり。 近くの自然を散策したり、子供たちは芝生の上ではしゃいでいる。 …

スノーピークのチタントレック 900 は本当に素晴らしいクッカーです。

今日の ソロノニワ(solo×niwa) おすすめのキャンプ用品はこちら。   スノーピーク チタントレック 900 Trek 900 Titanium    スノーピーク(sno …

10分で燻製ができる? 長谷園 燻製器 いぶしぎん について

先日は友人達と相模湖の湖畔で一泊。 チーズにソーセージ、うずら、鮭__酒のつまみに燻製を作りながらちびちびとワインと日本酒を愉しむ。それはそれは、最高の夜でした。 画像:長谷園 燻製の作り方について話 …

OPINEL ナイフ 徹底レビュー|黒錆加工&オイル仕上げのやり方

​オピネル(OPINEL)の黒錆加工・オイル仕上げ(油漬け)についてまとめました。サイズの選び方や、分解の仕方、研ぎ方についても触れています。購入した際の参考になればと思います。 ※黒錆加工はカーボン …

大人気!Helinox(ヘリノックス) チェア徹底解剖&モデル比較

今日の ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品はこちら。   Helinox(ヘリノックス) のチェアです。   画像:Helinox   Helinox …