「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

スノーピーク

Snow Peak 2018| 新作の展示会に行ってきました in 昭島「モリパーク アウトドアビレッジ」

投稿日:2018年3月4日 更新日:

こんにちわ、solo×niwaです。

今日はスノーピークの2018年 新作展示会へ行ってきました。

場所は、昭島「モリパーク アウトドアビレッジ」というところだったんですが、色々なアウトドアブランドが集結した「夢の村」です。もちろん、ここにスノーピークの店舗も入っています。

「夢の村」の入り口はこんな感じ。

スノーピークの展示会場に着きました。

予約制なので受付をしてから入ります。スノーピークのアプリをダウンロードされている方は「アプリダウンロード記念」として100ポイントがもらえます。あとホッカイロもくれました。優しい(笑)

スノーピークアプリは、先日ダウンロードして使ってみましたが、トップページにイベントなど情報の更新があってすごく見やすい。商品はカテゴリ別にサクッと見ることができて、会員情報を紐づけておけば、カードを持ち歩く必要がなくなりました。かなり便利なので、スノーピーカーなら絶対入れた方が良いと思います。

「あっ、今日忘れちゃったんであとでレシート持ってきます」とかもう2度と言わなくて良いんですぞ!

公式ページからダウンロード

 

スピアヘッドPro.

スピアヘッドPro.は、スノーピークの流線型1ポールシェルターです。アイボリーの色味と立ち姿がとても美しいですね。清潔感のある色合いと、開放的な空間は、大勢でグランピングを楽しむのに良さそうですね。もちろん、Pro. なので最上級の210Dの生地が使用されています。

これは、スピアヘッド同士の連結。カッコ良い。雪山を連想しますなー。

ラゴ Pro.air 1

気になっていた 山岳用テント、「ラゴ Pro.air1」 もありました。最低限必要な素材と空間だけを用意したソロ用のテントです。ダブルウォールなのに950g!なんと1kgを切るという代物。これは地味に欲しい・・狭いのは分かっていますが、このミニマムな合理的空間はすごく魅力的に感じます。

「ラゴ Pro.air1」 には、その名のとおり、Pro.Airという生地が使用されています。色はベージュっぽいカーキなんですが、これが、めちゃくちゃ良い色です。ブラックとの相性がとんでもなく良いし、自然に映える!

生地自体は薄めなのですが、その分リップストップ加工(生地に格子状にナイロン繊維を縫い込む)により引き裂き強度を格段にあげています。

今後は、ミニマリストキャンパー向けの製品も強化して欲しいなぁ。まだPro.Airを使用したスタンダードなドーム型テントはリリースされていないし・・今後に期待しています。

スノーピークのテントで使用する生地については例え山岳用であっても「耐久性のない生地は採用されない」らしいです。なぜなら、道具にとって「長く」使えるということは絶対的な価値だから。

だからこそ、軽量な素材でも安心して使うことができるんですよね。ほんと理念の貫き方が徹底していて素晴らしいと思います。

エントリーパックTT

あっ!エントリーパックTTの写真を撮り忘れた・・

下の写真の奥に写っているアメドカラーのものがそうです。かまぼこ型のテントで、サイズはアメニティドームのMくらい。特徴としてはアウトフレーム構造で吊り下げ式インナーなので、アウターがさくっと建てられるところ。インナーはあとで吊り下げるだけ。インナーをはずせば簡易シェルターとしても使えます。

テント本体とタープまでついて49,800円なので、「スノーピークを始めてみたい人」には最適だと思います。(スノーピーククオリティでこの価格は破格ですよ!)今後はこちらが主流になるのかなー?

 

60周年限定モデル|リビングシェルPro.

今回、60周年限定モデルとして、リビングシェルのPro.幕も限定発売されます。

下の写真は私がお願いして設営しておいてもらったリビングシェルです。(サイズ確認のためのレギュラー幕です)Pro.幕になると生地がリップストップ(生地に格子状にナイロン繊維が縫い込まれた生地)になり、引き裂き強度が格段に上がります。

下の画像が 60th リビングシェル Pro. です。めっちゃカッコ良いです。ルーフ部は210D、ウォール部は150Dのリップストップ生地にグレードアップされます。サイドの赤い切り替え部分はグレーになり、より引き締まって見えます。個人的にはこのデザイン変更は大賛成で、渋さが増して良いです。リップストップというところ、デザインの違いが引き金となり、予約してしました。右側の下の方に60周年のロゴがありますが、Pro.のロゴも入るようです。

6月には手に入る予定ですが、めちゃくちゃ楽しみです。


画像:snow peak

スノーピークeat

昭島のアウトドアビレッジにはスノーピークeat も店舗に併設されています。ダッチを使用したパエリアとか煮込みハンバーグなんかも食べることができます。結構賑わっていましたよー。

 

ヘキサ Pro.air S

あとね、めちゃくちゃ気になったものがもう一つあって・・

「ヘキサ Pro.air S」 超カッコ良いです。これは完全にやられた・・

このタープを中心として、サイト構成を一から作り直したくなりました。カーキとブラックにこんなに破壊力があるとは・・・

サイズはコンパクトなのに横方向に長さがあるので、良い具合に快適なリビングができます。Sなのにファミリーならいける感じでした。ちなみにポールは210cm と 180cmで張っているそうです。少し高さを抑えると日陰の面積が大きくとれて良いですねー。

ブラックポールにブラックの張り綱、シルバーの自在という完璧なコーディネートに心奪われました。。ローチェアショートとの相性も抜群ですね。

ヘキサ Pro.air S  超絶オススメです、これは近いうちに絶対買う!

 

ブラックポール280

ブラックポール240

最後に

スノーピークの製品は、デザイン・質・顧客体験  全てにおいて大きな感動を与えてくれます。「徹底したユーザー目線」「世の中にないものを作る」これからも理念を貫き、まだ世に生み出されていない「最高の道具達」をバンバン生み出していただきたいです。

ではまた。

サントリー×スノーピーク|「南アルプスSPARKLING」発売開始です!







-スノーピーク
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] Snow Peak |2018 新作の展示会に行ってきました in 昭島アウトドアビレッジ […]

  2. […] Snow Peak |2018 新作の展示会に行ってきました in 昭島アウトドアビレッジ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノーピークのチタントレック 900 は本当に素晴らしいクッカーです。

今日の ソロノニワ(solo×niwa) おすすめのキャンプ用品はこちら。   スノーピーク チタントレック 900 Trek 900 Titanium    スノーピーク(sno …

お洒落キャンプには、無印のステンレスバスケットとシェルフコンテナ

無印良品のステンレスバスケットとスノーピークのシェルフコンテナを組み合わせてみました。凄く便利です。以前から無印良品の商品とスノーピークとの親和性はとても高いと思っていましたがまたもやヒットです。 無 …

ソロキャンプで揃えるものは?スノーピークを中心に、揃えるべき道具をご紹介します!

ソロキャンプってご存知ですか?自分のペースで楽しめる一人キャンプのことです。 ソロキャンプって何もかも自由です。つまり自分と自然の関わり方を自由にデザインできる、ある意味非常にクリエイティブな活動だと …

石油ストーブで極上の冬キャンプを楽しむ|スノーピーク レインボーストーブ

今日は関東も肌寒い気候でしたね。もうシャツやジャケットがないと寒いくらい。 夏を過ぎてこんなふうに急に気温が下がり始めると、途端に石油ストーブが頭に浮かんでくるんですよね。 暑がりでもあり 寒がりでも …

シンデレラフィット! ユニフレーム ヘビーロストル とスノーピーク 焚火台M

ユニフレーム ファイアグリル ヘビーロストルとスノーピークの焚火台Mについて 非常に屈強なキャンプ用品である両者ですが、タッグを組むとバッチリなんです。ヘビーロストルは本来同社のファイアグリルのオプシ …