キャンプ × のこぎり ≒ シルキーポケットボーイ

シルキーポケットボーイ(ゴムボーイ)ってご存知ですか?

日本製で、兵庫県小野市というところで生産されている折りたたみ式のノコギリになります。このノコギリが、なんとニュージーランドの園芸家の間では「よく切れる」と大変評判なんです。実際に使用してみると、非常に切れ味もよく、折りたたみ式のため手軽に持ち運びでき、キャンプに持っていくには最適です。

キャンプ道具の中でも、「絶対に間違いのないもの」ってあるじゃないですか?テーブルなら「ユニフレームの焚き火テーブル」が最高に使いやすいし、ペグならスノーピークのソリステが最高だし。折りたたみナイフならオピネルが有名ですよね?まさにそれです。

折りたたみノコギリならこれ!

「ポケットボーイ」と「ゴムボーイ」という2種類の製品があり、短いものが「ポケットボーイ」、長いものが「ゴムボーイ」という製品名になっています。

焚火には鋸が必要

キャンプの焚き火で必ず必要な薪。

みなさんは「薪を短くする時」ってどうしていますか? 斧があるから大丈夫?

でも実際は斧ではだめなんですよね。斧や鉈は木目に沿って縦に割る道具です。つまり、木目に沿っていないと使い物になりません。つまり繊維に対して直角に切り込み、薪を短くするのは無理な話です。

ではどうしたらよいのか?

薪を横に切断するには、鋸で繊維を削って切るしかないんですよね。半分に切ることで薪割りは想像以上に楽になりますし、焚き付けのための小さな薪を作るには、薪を短くする必要があります。だから「ノコギリ」が必要になるんですよね。

一度使用してみればわかると思いますが、鋸を一本持っていると本当に薪の処理が楽になります。

ちなみにポケットボーイを購入するのであれば、この17cmがおすすめ。13cmのタイプもあるのですが。それでは太めの薪を切るには役不足です。やはり使い勝手を考えると17cmの長さがベストだと思います。この長さは直径10cm程度の薪を半分に切るくらいの用途にちょうど良いと思います。もっと太いもの(丸太など)を切りたい時は、「ゴムボーイ」という長めのノコギリを選択してください。後ほど紹介します。

 

シルキーポケットボーイ(ゴムボーイ)の特徴

 

日本製で高品質な鋸

刃物の町で有名な兵庫県小野市で生産されています。「道具として所有する喜びを感じてもらえるように全てのパーツを高品質のもので作っている」そうです。なんだか嬉しくなりませんか?道具とはこうあるべきだと思います。

「アサリなしの刃」による美しい切り口

シルキーポケットボーイの刃は「アサリなし」という特殊な刃の形をしています。刃先が開きにくく、硬い木を切る時でも刃が負けにくいです。切り口が非常に美しいのも特徴で、刃は曲面研磨することで綺麗な切り口を実現しています。切り口が美しいということは雨水などで濡れても乾燥が早く、切断後の木が腐りにくいということでもあります。つまり園芸にも最適ということです。

折りたたみなので携帯しやすく安全

なんといっても折りたたみ式のノコギリになるので、携帯性は抜群で、安全性も高いです。腰にぶら下げておいて、使用する時だけ変形させる様も非常に絵になりますね。折りたたみのノコには、「道具を使う楽しさ」があります。

 

シルキーポケットボーイ(2種類)はこちら

刃の長さは13cmと17cm の2つの長さを選ぶことができます。ポケットにも入るそのサイズはバックパックでのキャンプやバイクキャンプに最適です。コンパクトさを重視する方はこちらのポケットボーイを選択すると良いでしょう。

 

Spec ポケットボーイ万能目 130

  • 刃長:130mm
  • 目数:10枚目
  • 刃厚:1.2mm
  • 切幅:1.1mm
  • 全長:折込時170mm・使用時290mm
  • 重量:180g

Spec ポケットボーイ万能目 170

  • 刃長:170mm
  • 目数:10枚目
  • 刃厚:1.2mm
  • 切幅:1.1mm
  • 全長:折込時210mm・使用時375mm
  • 重量:225g

 

シルキー ゴムボーイはこちら(4種類)

刃の長さは 21cm・24cm・27cm・30cm の4種類から選ぶことができます。ポケットボーイ同様切れ味は抜群で切り口が美しいのが特徴になります。販売されて30年以上。世界で初めてノコギリにゴムグリップを採用したのがこの製品らしいです。太い薪や丸太を切断する時には刃の長さが必要になりますので、目的に応じてこちらを購入しましょう。

 

Spec ポケットボーイ万能目 210

  • 刃長:210mm
  • 目数:10枚目
  • 切幅:1.2mm
  • 全長:折込時240mm・使用時445mm
  • 重量:230g

Spec ポケットボーイ万能目 240

  • 刃長:240mm
  • 目数:10枚目
  • 切幅:1.3mm
  • 全長:折込時270mm・使用時505mm
  • 重量:265g

Spec ポケットボーイ万能目 270

  • 刃長:270mm
  • 目数:10枚目
  • 切幅:1.3mm
  • 全長:折込時305mm・使用時560mm
  • 重量:290g

Spec ポケットボーイ万能目 300

  • 刃長:300mm
  • 目数:10枚目
  • 切幅:1.3mm
  • 全長:折込時335mm・使用時620mm
  • 重量:320g

最後に

以上、シルキーの「ポケットボーイ」「ゴムボーイ」の紹介でした。薪を半分にきるくらいだとポケットボーイの170mmのもの。林で燃やす木を探して倒木を切るような使い方だと240mm 以上は欲しいところです。

自分の用途と携帯性を考えながら長さを決めてみてくださいね。個人的には170mm と 240mm あたりのセットを持っていると不便することもなく、重宝すると思います。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA