「おすすめの本」 と「 Kindle」 が最高という話

こんばんわ、solo×niwaです。

最近読んだ本の中で ”特にオススメのもの” を紹介します。(IT系の本が多いです)

1,000円程度で成功した人の人生を疑似体験できるんだからありがたいです。

読書する時間が無限に欲しい。

 

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学

ジョブズを「広告の側」で常に支えてきた「ケン・シーガル」さんの本。アップルが「シンプルさ」にどれほど重きを置き、実践してきたか。アップルの成長を振り返りながらその過程も知ることができます。結構前の本ですが、絶対読むべき。「なんでいままで読んでなかった??」と自分を責めました。もう一度言います。絶対読むべき。

これからの世界をつくる仲間たちへ

「モチベーションのない人間はやがて発達したコンピュータに飲み込まれる。逆にモチベーションのある人間は、コンピュータが手助けしてくれる」 激しく同意しました。落合さん最高。私たちは、魔法をかける側の人間にならなければならないのです。

アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」

ビッグデータxAIで個の分析の究極へと向かっているアマゾン。冒頭からアマゾンが描く近未来が描写されています。アマゾンについて、散らばっている情報をまとめてくれている感じ。まさに「有料の情報は投資」ということでしょうか。

「時給思考ー1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル

金川 顕教 さんの本。「やることを決める前に、やらないことを決める」「有料の情報は自己投資」など、参考になることは多いです。おそらく本の内容を意識するだけでも、元はすぐにとれるだろうと思います。

仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える

ドイツのメッツラーに10年以上勤めた筆者。ドイツの人生感や労働観がみごとに描写されています。すらすらと読めてジワーッと余韻が残る名書だと思います。

「日本はドイツを参考にしてみては?」「お客様は神様やめましょう」と私は言いたい。超オススメです。

 

「Kindle 最高!」というお話し

最近本を読むのはkindleだけになってきました。ポケットに入れてどこにでも持ち歩けるので「スキマ時間」がとんでもなく充実します。

電池はアホみたいにもつし、液晶ペーパーは紙みたいに見やすくて全くストレスを感じな位。21世紀最高の発明の一つだと思います。

1万円ちょっとで、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)ガン上がりです。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi 

このケースは柔らかいレザーでクッション性も良いです。ほんと素晴らしい。

 

お買い物の参考になれば幸いです。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA