キャンプには「斧」が必要?オススメの斧をまとめてみた。

こんにちわ、solo×niwaです。

キャンプ場で頻繁に焚き火をするようになってくると、必ず必要になってくるものがあります。その1つが  薪割り用の「斧」です。

私はこのように考えています。

  • 「まるで映画のワンシーン」のようにキャンプの雰囲気を盛り上げてくれるもの
  • 「薪を自在に操る」ことで「焚き火」の体験を最大限に高めてくれるもの
  • 「キャンパーと共に育つ」相棒のようなもの

斧とは?

「斧」はキャンプに「味」をもたらす

「重厚で美しい刃」と使用するほどに「色づく柄」はそこにあるだけでキャンプに「味」をもたらしてくれます。そして、自分が映画のスクリーンの中にいるかのような気持ちにさせてくれるものです。

だからこそ絶対にオススメしたい。キャンパーならば「自分だけの斧」を持ちましょう。

「斧」は薪を自在にあやつる

焚き火に使われる薪は通常そのままの使用ではなかなか火がつきません。ですが、斧や鉈で細かくすることによって空気と触れる面積が増えるので、簡単に火がつくようになります。

「ナイフで割ればよいのでは?」「ハンマーで割れないの?」なんて声があるかもしれませんが、ナイフでは非常に効率が悪く、ハンマーではとてもじゃないですが、薪は割れません。

薪を自由自在にあやつることによって最高の焚き火体験をしましょう。

 

​薪割り用の斧には2種類ある

斧には、「和斧」と「洋斧」の二種類があります。何が違うのか?というと、刃の形状です。

「和斧」は薄く真っ直ぐな刃の形状をしており、繊維の真っ直ぐな杉などには刃がスッと入ります。
「洋斧」は刃先だけが薄く、中央付近から太くなるような形状をしています。そのため薪の繊維を引裂きながら割ることができます。

どちらがオススメかというと「洋斧」の方です。なぜなら「よく割れる」から。

一方で、「和斧」については、面白い話があります。昔から国産の伝統的な斧には、3本線と4本線がつけられています。片方に3本、もう片方には4本の筋が彫られ、木を切る際に「身を避ける」というお守りの意味がるそうです。3は「身を」4は「避ける」を意味します。また、この3本線は「お神酒」を示し、4本線は「地水火風」の四気を示しているとも言われています。なので、林業や木こりの方は、いまだに斧のことを「ヨキ」と呼ぶことがあるとか。

これは長年育ってきた「木を切らせていただく」という敬意からきているそうで、木を切る前には、木に斧を立てかけ祈るそうです。日本人は昔から自然に敬意をはらいながら生活してきました。なんとも日本人らしい心遣いに心がほっこりとしませんか?

「和斧」と「洋斧」それぞれ違いはありますが、機能性や背景などを知ると、両方欲しくなってしまいますね。

 

キャンプにオススメの斧は?

ひとつあればキャンプなどで大活躍してくれる「斧」。焚き火用の薪を割ったり、骨付き肉を叩き切ったり、非常に便利に使うことができます。しかしながら、色々なブランドと種類がありますが、今回は日本で手に入れることのできる斧をいくつかご紹介致します。

ぜひ、お洒落でカッコよく、安心して使える自分の斧を手に入れて、快適なアウトドアライフを満喫してください。

 

和斧

越乃火匠 久八(こしのかしょう きゅうはち)の斧

新潟は三条にて、唯一の斧鍛治職人が作る和斧です。三条で数百年に渡って受け継がれてきた伝統的な技から作り出される斧は、まさに芸術品。日本を代表する「火の道具」です。

 

曲がり柄馬斧(まがりえばきん)

刃の両側につけられた三筋と四筋は 三(身)を四(除)けるという意味合いを持っています。(斧を使用する際の危険を遠ざける)日本人の心を感じる一品です。長さは女性でも扱いやすい37cm。斧頭は800gなので威力がありながらも扱いやすいサイズの斧だといえます。

全長:37.0cm
重さ:0.80kg
刃渡り:10.0cm

 

木割 五百匁(きわり ごひゃくもんめ)

薪割りに最も適した硬度に鍛え上げられた斧頭を持つ斧です。長さは90cm 重さは2.75kgもあります。どんな木材も切り裂くことができる屈強な日本の斧です。

全長:90.0cm
重さ:2.75kg
刃渡り:8.5cm

杣人(ソマウド)の斧

南国土佐にて、一本一本職人の手で打ち鍛えられた斧は全てが鍛造品。 刃が非常に鋭く、刃先は食い込みやすいのが特徴。「日本刀のような切れ味」をもった斧と言われています。

杣人(ソマウド)スタンダード 2.0kg

全長:90.0cm
重さ:2.00kg
刃渡り:10.0cm

 

洋斧

グレンスフォシュブルークス

グレンスフォシュ・ブルークスは、スウェーデンで1902年から斧などの製造を行ってきた鍛鉄メーカーです。針葉樹林と清く澄んだ水、良質な鉄材に恵まれた北欧で、技量に誇りをもつ職人達がひとつひとつ打ち鍛えて作った斧は「鍛鉄の芸術品」といえます。日本でも、非常に評価と人気が高い斧で、斧選びで迷った時は、グレンスフォシュを選んでおけば間違いはないです。

 

ワイルドライフ

非常に計量でコンパクトな斧です。刃が非常に鋭く、ナイフの代わりにもなってしまうのが特徴。焚き付け作りなどに大活躍します。キャンプでは焚き火のまわりに1本置いておくと、非常に便利です。このくらいのコンパクトな斧は一本は持っていたいですね。

全長:34.5cm
重さ(斧頭):0.40kg
刃渡り:10.0cm

 

ハンドハチェット

先に紹介したワイルドライフよりもさらに軽量な斧です。コンパクトさから非常に人気のあるモデルで、ソロやバイクキャンプ、女性のキャンパーなどにオススメしたい一本です。

全長:24cm
重さ(斧頭):0.40kg
刃渡り:7.6cm

 

薪割り鎚 ショート

実は最もオススメしたい斧です。2kgを超える斧頭から生み出される破壊力は圧巻です。重さだけで薪割りができるようなイメージ。日本人の体型にあわせて、別注をかけたモデルになります。

全長:69cm
重さ(斧頭):2.56kg
刃渡り:7.0cm

 

ハスクバーナ (Amazon ベストセラー1位 

ハスクバーナ 手斧 (全長38cm) 576926401

スウェーデン鋼製の刃にヒッコリー素材の柄をつけた、コンパクトで持ち運びしやすいと人気の斧です。。

柄長は38cm

重厚で切れ味が良いと評判の斧です。見た目だけでなく触った感覚の評価も高く、Amazonのベストセラー1位 にもランクインした人気商品です。付属の皮製ケースも丈夫な作りになっています。お値段が控えめなので、初心者の方にもおすすめです。コスパは抜群だと思います。

 

ハルタフォース スカウト

Hultafors(ハルタホース) スカウト 840025 H006SV

 

1883年創業というスウェーデンの老舗工具メーカー、ハルタフォース社製の斧です。

柄長:38cm

良質の鋼材を使った刃は、独特の取り付け加工により、柄から外れる心配がありません。特徴ある形状の木製の柄は、持ちやすく振りやすいと人気です。刃には刻印があり、落ち着いた高級感を感じさせます。このハルタフォースのスカウトも凄くバランス良い斧だと思います。グレンフォシュと比べると、少しアーバンよりなデザインがカッコいいですね。お値段もグレンフォシュよりは少し控えめです。

モーラ・ナイフ Mora knife Camping Axe 

モーラ・ナイフ Mora knife Camping Axe Military Green

 

スウェーデンのモーラが作っている斧|モーラ・ナイフで有名

全長:約32cm 

その品質はスウェーデン国王からも高い評価を受け、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けています。

素材には「ボロン鋼」というボルボの車内居室を守るフレームに使われる金属を使用しており、非常に頑丈な斧頭になっています。モダンでクールなデザインが斬新な一品です。

 

BAHCO(バーコ) Hatchet 手斧

BAHCO(バーコ) Hatchet 手斧 HGPS-0.6-360

 

フランスのポップな印象の可愛い斧です。

手軽なお値段と明るいカラー、使いやすいサイズと刃渡りのサイズが人気です。小型斧にしては刃渡りが大きく、独特な形状の柄は握りやすく使い勝手も良好。枝木を叩き切るためにも重宝します。

材質:工具鋼
原産国:フランス
刃長(mm):110
全長(mm):360
質量(g):800

スミス&ウエッソン アックス

スミス&ウエッソン EXTRACTION EVASION 斧 アックス

 

 

アメリカの銃器メーカー、Smith&Wesson(スミス&ウエッソン)のハチェット(手斧)です。「死神の鎌」かと思うほどの漆黒のボディが最高にかっこいいです。

レード材をハンドル材で挟み込んだフルタング構造。一体成型の為非常に堅牢で、ブレードには硬度が高く、耐摩耗性に優れた1070炭素鋼を使用しています。包丁の先なんかに使われるのが炭素鋼ですね。そして反対側がピッケル状となっているので便利です。大きさは手ごろな感じで重すぎないので、女性の薪割りにも使用できます。一体成型なので非常に堅牢ですが、その分滑りが少しあるのでグローブはした方が良いと思います。

 

Kershaw キャンプアックス

Kershaw 斧 キャンプアックス 1071BW ティンダー

 

多機能さで人気の「斧」です。

刃の反対側がハンマーになっている他、刃には数種の六角レンチ、柄にはボトルオープナー(缶切り)やひもなどを切れるラインカッターがついており、一本で何かと便利に使えます。柄には滑り止めがついており、薄い割に重みがあり、振るのにバランスがとりやすい構造です。

最後に

多くのキャンパーにとって、「どれだけカッコよく自然の中で過ごせたか」というのは重要なことではないですしょうか? 道具がもたらす雰囲気がひとつひとつのキャンプの思い出を作ると言っても過言ではないでしょう。私たち ”キャンパー”にとって斧は長く連れそう相棒のようなものでしょう。

だからこそ「斧」にはぜひこだわってみてください。自分に本当にあったお気に入りの一品を見つけてくださいね。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA