MSRに「エリクサー1」登場!| ソロモデルの魅力に迫る。

MSRエリクサー1 というソロキャンプ向けのモデルが誕生しました。

エリクサーといえば、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルでありながら高品種の素材を使用している大人気のテントです。

安価で丈夫、快適な室内空間をもつ素晴らしいテントなのでチェックしておきましょう。

本記事では “エリクサー1” の魅力にせまります。

エリクサー1 の特徴

快適な室内空間

特筆すべきは天井部部に設けられた短いリッジポール。このおかげで箱型に近い構造となり、非常に快適な室内空間となっています。

※ 天井の幅が広くとられた素晴らしい構造です。

5分で設営

フットプリントが最初から付属しています。小型なので、慣れれば5分で設営と撤収が可能です。インナーは設営のしやすいフック吊り下げ式です。

※ソロにおいて設営のしやすさは最重要ポイントです。

リップストップ生地を採用

幕体には引き裂き強度に優れたリップストップ生地が採用されています。価格の割にとても良い生地を使用しているのがエリクサーの特徴です。

※テントはリップストップに限ります!

リップストップってなに?

格子状のラインが編み込まれた構造の生地です。とても破れにくく、格段に引き裂き強度を増すことが可能です。高品質なテントはたいていリップストップ生地が採用されています。

前室がとても広い

エリクサー1はコンパクトながら煮炊きのできる前室も確保しています。以前のモデルより35%広くなっています。ソロテントでこの前室の広さは貴重です。

※ソロテントで前室が広いのは珍しいです。

フットプリント付き

テント本体だけで2万円台というのはよくありますが、フットプリント(テントと地面の間に敷くシート)までついているテントは少ないです。通常専用のフットプリントは数千円〜1万円程度はするものなので非常にコストパフォーマンスは高いです。

※フットプリント付き(通常数千円はする)はとても嬉しいポイント。

エリクサー1 のサイズ

長さ2.18m 幅0.84mの室内はソロでは十分なスペースです。そして広い全室があるので、よくありがちな全室のほとんどない山岳用テントとは違います。

「しっかりとキャンプを楽しめる」そんな印象です。

エリクサー1 のスペック

■ブランド名:MSR
■商品名:エリクサー1
■商品型番:37310■ブランド名:MSR
■商品名:エリクサー1
■商品型番:37310
■定員:1
■ドアの数:1
■最小重量(フライ/本体/ポール):1780g
■総重量:2160g
■室内最大高:100cm
■収納サイズ:48×15cm
■フライ材質:68Dポリエステルリップストップ、
耐水圧1,500mm ポリウレタン&DWRコーティング
■フロア材質:70Dナイロンタフタ、
耐水圧3,000mm ポリウレタン&DWRコーティング

まとめ

もともと評価の高いMSRのエリクサーですが、ソロモデルが登場したことでより価格も抑えられ、試しやすくなりましたね。

最大の特徴は以下のとおり。ソロテントとしては最高峰の使い勝手ではないでしょうか?

  • ソロテントには珍しく広い前室がある!
  • 箱型に近い快適な室内!
  • フットプリント付き!

参考になれば嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA