モンベルの寝袋なら安心|冬の快適キャンプ

キャンプで必ず必要なものといえば寝袋です。特に冬の季節、体温が保持された快適な睡眠がたっぷり取れた朝は最高。だからこそ寝袋にはお金をかけるべきだと思っています。

モンベルといえば登山用品。キャンプで使用するには十分すぎる製品が数多くありますが、その中でも非常にバランスが良い寝袋がいくつかあるので厳選してご紹介します。

 

バロウバッグシリーズ(化繊)

バロウバッグの特徴は化繊ということ。暖かく速乾性に優れた化学繊維綿「エクセロフト」 を使用しています。ダウンほど値段はかけられないが、車がメインなので少しかさばっても同じような寝心地は欲しい。汚れを気にせずガシガシ洗いたい。そんな方にぴったりの寝袋です。

化繊の特徴

・値段が安い
・洗濯しやすい(汚れても気にならない)
・水に濡れてもすぐ乾くし保温力も下がらない

 

バロウバッグ3 極寒以外であればこれで十分

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ 3 サンライズレッド 左ジップ [最低使用温度1度] 1121273 SURD L/ZIP

保温性と速乾性を併せ持ったモデルです。対応温度は6℃、限界が1℃なので極寒でなければこれで過ごせるかなといった程度です。お値段もそこそこなのでお求め安い。中綿は暖かく速乾性に優れた化学繊維綿のエクセロフト。そして、スーパースパイラルストレッチシステムが抜群の伸縮性で快眠をサポートします。

 

バロウバッグ0 雪山までこなせる

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ 0 サンライズレッド 左ジップ [最低使用温度-14度] 1121270 SURD L/ZIP

先に紹介したバロウバッグの最高峰がこちらです。対応温度は-7℃、限界が-14℃なので、冬のキャンプはもちろん、雪山までこなせるモデルです。条件付きですが、3,000m級の山でもこなせる実力があるのでキャンプでは安心感がありますね。冬に薄着で寝たい方はおすすめ。

 

ダウンハガーシリーズ(ダウン)

ダウンハガーの特徴はもちろんダウンということ。高級品です。そのため持ち運びは圧倒的に軽く、圧縮すればコンパクトになります。一方で水に濡れると保温力が落ちてしまうことがあり、汚れてしまうと洗濯が大変、という特徴もあるのでそのあたりも頭に入れてから検討してください。

ダウンの特徴

・値段が高いが、圧倒的に軽くてコンパクト
・洗濯しにくいので汚れると困る
・水に濡れると保温力が下がってしまう

 

モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3[最低使用温度-2度] サンライズレッド L/ZIP SURD 1121291-SURD

先日友人に借りたのですが、寝心地は抜群でした。対応温度は3℃、限界が-2℃なので、夏の高山から冬の低山キャンプまで1年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。復元力800フィルパワーの高品質グースダウンの採用で抜群の保温力とコンパクト性を実現しています。

 

モンベル(mont-bell) 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 0 [最低使用温度-18度] サンライズレッド 1121299-SURD

ダウンハガーの最高峰です。キャンプではオーバースペックだと思いますが。対応温度は-10℃、限界が-18℃ になります。ここまでのモデルが必要な方はあまりいないと思いますが、絶対的な安心感がありますね。

 

以上、モンベルの寝袋の紹介でした。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA