ミニマムな防災用品「MINIM+AID(ミニメイド)」が美しすぎる。

こんにちわ、@ソロニワです。

災害時に役立つ防災グッズ。収納場所や道具の数に制限がないのであればいくらでも用意できるでしょうが、現実にはその全てを持ち出すのも、把握しておくのも難しいのではないでしょうか?

本日ご紹介するのは「MINIM+AID(ミニメイド)」という防災用品です。

MINIM+AID(ミニメイド)について

開発コンセプト

災害時に大切なのは「すぐに持ち出せること」である。ミニメイドの開発はここから始まりました。大切なのは「素早く避難所までたどり着くこと」そのために重い荷物は不要なのかもしれません。

優れたデザイン

ホイッスル・ランタン・懐中電灯・ラジオ・バッテリー・ポンチョが筒状のケースに全ておさまっていて、いざというときにサッと持ち出すことができます。優れたデザインは玄関にもリビングにも馴染むためどんなところにも立て掛けて置いておくことができます。

カラーは3種類

ミニメイドのカラーはホワイト・シルバー・ブラックの3種類です。ギアの内容は変わらないので、お部屋のイメージに合わせてセレクトすればよいでしょう。

美しく機能的な4つの機能

ミニメイドは「01」から「04」の4つのパーツに分かれており、それぞれに機能があります。そして、蓋の部分にはホイッスルが隠れています。

01. 懐中電灯+ランタン

01は懐中電灯とランタンの機能があります。安心で安全な夜を過ごすにはマストともいえるでしょう。

02. 自由な収納スペース

02はあなたの好きなものを入れるケースです。メガネ・薬・コンタクトレンズなど、避難所にはない「個人的」に必要なものを収納しておきましょう。

03. ラジオ+バッテリー

03は手回しラジオとバッテリー機能。災害情報やお天気情報のキャッチはもちろん、スマートフォンの充電も可能です。

04. ポンチョ

04はポンチョです。急な天候の変化や寒さを防ぐために防水性の高い上着はマストでしょう。

まとめ

色々な考え方があると思いますが、災害時というのは自宅から避難所までの移動が非常に重要になるそうです。

あれもこれもと詰め込んでフットワークを犠牲にするよりも、必要最低限なギアを揃えておくのがよいのかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA