メスティンで「551蓬莱」の「豚饅」を蒸してみた。

メスティンを使って蒸し物をします。網を使って底上げすれば簡単。

大阪のお姉ちゃんにあったらお土産をくれたので、トランギアのメスティンを使って551蓬莱の豚饅を蒸してみました。

結果は大成功。レンチン(レンジでチン!)の10倍くらい美味くなった気がします。

トランギアのメスティンとは?
スウェーデン軍の飯盒に使用されているアルミ製のクッカーです。長方形の形状とアルミの熱伝導の良さから、炊飯はもちろん、パスタや、蒸し物、くん製、スープなど、あらゆる調理が可能な万能クッカーです。

メスティンを蒸し器にするアイテム

メスティンを「蒸し器」にアップデートするには、底上げのネットが必要です。

おすすめなのは本間冬治工業が販売しているバット網。メスティンにぴったりで、純正品としか思えないシロモノです。

これがあると肉まんやシュウマイを蒸したり、鮭や野菜を蒸したりできるので本当に便利。数百円の課金でメスティンが更に便利になります。

ステンレス製なのでずっと使えるのも嬉しいポイント。

さっそく豚饅を蒸してみみる

論より証拠です。早速、551蓬莱の「豚まん」を蒸してみましょう。

用意するのはもちろん、バット網です。

蓬莱の豚まんとは?

551蓬莱の「豚まん」は、職人達のハンドメイドです。ダイス状に荒切りカットされた豚肉と、ほんのりとした甘みがある皮が絶妙で、大阪名物となっています。

網にかからないように水を張って。

豚饅を載せます。なんとシンデレラフィット!

弱火にして10分ほど蒸してみましょう。

スマートな呪文は、「ヘイSiri、10分後に教えて!」です。

出来上がりました。

皮もお肉もいい具合に蒸されています。

蓬莱の豚饅ってダイス状の肉と、外側の皮がふっくらしていて美味しいんですよね。

ありがとうメスティン。

レンチンのやり方でもなんとか食べることはできますが、やはり固い部分ができてしまいます。メスティンを使用することで、たった10分の手間で驚くほど美味しく食べることができますよ。

メスティンのバット網はずっと使用していますが、本当に便利。

蓬莱のものでなくても「井村屋」の冷凍肉まんでもためしてみてくりゃられりゃ。

マエダタイソン

【第1弾】10分で完成!メスティンを使った燻製の作り方




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA