世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

エリートじゃないけど読みました。

本は昔から好きでよく読んでいます。ワインとチーズの燻製などを用意して、リラックスできる音楽を流しながらする読書は最高です。そしてそれが少なからず自分の知見となるのだから、こんなにひおいしい自己投資はないと思っています。

今回読んだのは電通→戦略コンサル→人材開発コンサルというキャリアをたどっている、山口周氏の新刊です。

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

相次ぐ不正など

東芝、電通、DeNAなどのコンプライアンス違反や、車業界での立て続けな不正など、ここ最近は企業のバランスを欠いた経営が非常に目につきますが、全てにおいて共通するのが経営者の美意識の欠如であると著者も言っています。てるみくらぶなんて逮捕されましたよね。

アート分野への進出

一方で、Googleなどの超先進的な企業のエリート達は積極的に「アートの分野」に進出しはじめているという事実があります。本書はそのあたりについてアート、サイエンス、クラフトの視点から論じています。

サイエンスといえば「データ」です。世界共通ですから説得力がありますし、絶対に正しいと思ってしまいがちですが、データやロジックから導きだされる答えというのは、How to が分かれば誰がやっても同一の答えを導きだしてしまいます。つまり企業の差別化にはならない。

そして企業が直接的な利益に結びつかない「アート」を無視し「サイエンス」に偏りすぎれば、必ずコンプライアンス違反や不正などにつながってくる。だからこそ「直感や美意識というものにもう一度焦点を合わせてみるべき」という筆者の考えには激しく同意しました。

いま求められているのは戦国時代の「千利休」のようなアートの側面をもったコンサルなのかもしれませんね。うーん「千利休」を深堀りしたくなりました。

これ、政府が経営者に無償で配布したら日本が少し変わるんじゃないかな?間違いなく、今の日本にドンズバな本だと思います。

かなりおすすめ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA