iPhone X とiPhone8 の違いをまとめてみた-solo×niwa

iPhone X ついに発表されましたね。

「すべてがスクリーンのiPhoneを作る」

Apple が持ち続けてきたビジョンが形になりました。

発売前ですが、「自然だけでなくテクノロジーを愛する」私としてはスルーすることはできませんので、一体どんなiPhone が登場するのか、まとめてみました。

画像:IT media

このビジョンがあったからこそ iPhone X が生まれたのだと思います。

Appleの公式サイトより

私たちはずっと変わらないビジョンを持ち続けてきました。すべてがスクリーンのiPhoneを作ること。デバイスそのものが体験の中に消えてしまうほど夢中になれるiPhoneを作ること。あなたの指や声、さらには視線にも反応できるインテリジェントなiPhoneを作ることです。iPhone Xが、そのビジョンをすべて現実のものにします。iPhone Xへようこそ。ここから未来が始まります。

すべてがスクリーン

Phone Xでは、デバイスそのものがディスプレイです。画面サイズは 5.8インチ。少し大きめ。これは今流行りのサイズ感。ディスプレイには次世代のSuper Retina Dispayが採用されています。ディスプレイ上部は凹の変形仕様となっていて、右側にセルラー・Wi-Fi・バッテリー残量。左側には時刻が表示されるようになっている。これらの項目が、外に出たことで、ほんの少しではあるが、従来よりもディスプレイを広く使用できるようになっています。

次世代ディスプレ有機EL(OLED)を搭載

美しいディスプレイに搭載されているのは次世代の技術。有機ELとは、「有機エレクトロ・ルミネッセンス」(Organic Electro-Luminescence)の略。特定の有機化合物に電圧をかけると発光する “現象”のことを指します。日本ではこの名称が良く使用されています。世界的には「OLED/オーレッド」(Organic Light Emitting Diode)という呼称が一般的で、こちらは、有機EL現象を応用した「発光ダイオード」(LED)の意味になります。厳密には「有機EL」と「OLED」は意味合いが異なるのですが、スマホやテレビのディスプレイなどについて話す場合、両者は同義で扱われるケースが多いです。

最も耐久性のあるガラス

前面と背面は、これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラスで作られているそうです。フレームは、医療用と同グレードのステンレススチール製。充電は非接触式でワイヤレス。これにより優れた耐水性能と防塵性能を誇ります。また、パネルはデバイスのカーブに沿うように作られていて、非常に高級感のある仕上がりになっています。

顔認証のシステム Face ID

究極の認証体験を提供するFace ID システム。これはユーザーの顔を認識して操作を可能にするものです。「世の中に無いものを作る」Appleならではの認証システムですね。Face ID はTrueDepthカメラによって機能し、3万以上の目に見えないドットを投射して解析、高い顔認識精度を持っているそうです。

Phone 8とのスペックを比較

カラーは2種類と3種類

iPhone Xはシルバー・スペースグレイの2色、iPhone 8・Plusはシルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色になります。

ケースの素材

ケース素材はXが医療用レベルのスレンレススチール製。iPhone 8・Plusはこれまでどおりアルミとなります。素材の強さとしてはアルミよりステンレスに軍配があがりますが、放熱製はアルミの方が上だと思います。

※どうでもいいですが、アウトドアブランドで言えば ユニフレームvsトランギアといったところでしょうか?

画面サイズ

iPhone Xは5.8インチ iPhone 8:4.7インチ iPhone 8 Plus:5.5インチ ですが、iPoneXはベゼル部分がないので、Phone 8 Plusよりもコンパクトになります。さすがはX 素晴らしいですね。

ディスプレイ解像度

iPhone X:2,436×1,125px iPhone 8:1,334×750px  iPhone 8 Plus:1,920×1,080px やはり最上位モデルのXに軍配があがります。

容量について

全モデル64GBか256GBになります。写真や動画をとりまくる人、アプリをたくさん入れたい人はは256GBの一択だと思います。

駆動時間

インターネットアクセス時の駆動時間は、Phone 8 Plus(最大13時間)>iPhone X(最大12時間)=iPhone 8 (最大12時間)になります。

重さ

iPhone 8  148g < iPhone X 174g < iPhone 8 Plus:202gになります。

知っておくと便利な操作方法

・スクリーンショットは右側の電源ボタンと左側の音量ボタンの上を同時押し。
・ボタンを押す代わりに、スワイプ一回でどの画面からでもホームに戻れる。

予約注文は10月27日から

予約注文は10月27日から、11月3日に発売になります。本当に待ち遠しいですね。価格は11万程度と決して安くはないのですが、このお金を出せば、次世代の技術に触れられると考えると・・・

 

うーーーん。買ってしまうかな(笑)これ持ってキャンプ行きたいです!

 

おまけ

Web業界に想定されるインパクト

iPhone X の画面サイズは5.8インチ(横375pt×縦812pt)

従来の機種のベースは4.7インチ(横375pt×縦667pt)

iPhone X は縦方向に145pt追加された。

これにより予想されるのは・・

・単純に情報量が増える。

・上部メニューのコンバージョンが低下

・縦スクロール系コンテンツのコンバージョンが増加

・画像解像度も約3倍になることから、×3の解像度の画像素材が必要になってくる。

デザイナー泣かせの機種となりそうですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA