「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプハック キャンプ道具

家にある鍋で燻製ができる?|ユニフレーム ダッチオーブン底上げネットで燻製を作ってみた。with 無水鍋

投稿日:2017年10月27日 更新日:

スモークはしょっちゅうしてます。主にメスティンですが、家族や友人と食べるにはちょっと小さすぎる。でも大規模なスモーカーはたまにしか使わないのに収納が大変。そんな風に考えていたら良いのみつけたんですよね。「ユニフレームのダッチオーブン底上げネット」 です。サイズは8インチ〜12インチまであります。

見た瞬間、「数センチ底上げできるから鍋さえあれば燻製ができる!!」と思いつきました(笑)

うちにある鍋で最適なものは・・・あった。

「無水鍋」日本で最初のアルミ合金鋳物厚手鍋として誕生した鍋です。茹でる、蒸す、炊く、煮る、焼く、揚げると超万能な名品です。私の使用しているのは24cmのものです。

なんと!ジャストフィットじゃないか(笑)

早速、アルミを敷いて、さくらチップを設置。

今日はチーズ2種。うずらの卵、シャウエッセンのラインナップでいきますよ。

リビングでやると嫁に殴られそうなので、ガレージにやって来ました。

カセットコンロで強火から始めます。

ちょっと蓋を開けておくと煙が把握できて良いです。だいたい5分くらいで煙が出始めるので、その後は中火〜弱火でギリギリ煙が出続けるように炎を調整してください。10分ほど続けます。

火をつけてから15分ほど経ちました。煙が充満していると思いますので、このまま蓋をきっちりしめます。そして10分ほど放置してください。

こういう時にスノーピークのグローブは超便利です。熱々な無水鍋やダッヂオーブンでも問題なく触れます。質感も抜群!

しばらく放置〜♪

はい、完成です。私はいつも赤ワインと一緒に楽しんでます。休日前なんかは本当に幸せな気持ちになりますよ。生きててよかった。

こんなチーズが食べれるなんて、ほんと産んでくれた親に感謝します。

今回は無水鍋を使用しましたが、サイズさえあえばどんな鍋でもできるので、底上げネットだけは持っていた方が良いと思いますよ。地味ですが、本当に素晴らしい道具です。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

今回使用したもの

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン底上げネット8インチ 661758

Amazon楽天市場

 

無水鍋 24cm

Amazon楽天市場

 

スノーピーク(snow peak) ファイヤーサイドグローブ ブラウン UG-023BR

Amazon楽天市場

 

ソト(SOTO) スモークチップス さくら 500g ST-1311

Amazon楽天市場

 

【第1弾】10分で完成!メスティンを使った燻製の作り方







-キャンプハック, キャンプ道具
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イワタニ(IWATANI)の焼肉プレートを使って焼肉をしてみた。レビューとか。

イワタニの焼肉プレート使ったことありますか? カセットコンロがあれば室内でも焼肉ができるようになる素敵な商品です。コンロの上に設置すれば、火力が落ちることもなく、少ない煙で非常に快適に焼肉ができます。 …

キャンプに音楽を|無印良品のラジオが凄いので、全力でオススメします。

こんにちわ、solo×niwaです。 キャンプ用に、無印良品の充電式ラジオを購入しました。 乾電池でも充電池でも動いて、自己発電もできる、便利なラジオです。大きさも非常にコンパクトで、横幅12.5cm …

Snow peak|スノーピーク 「焚火台S」 の徹底レビュー

スノーピークの焚火台Sを持っていますか? 今日は スノーピークの焚火台S について、徹底的にレビューをします。 実際に使用してみると、コンパクトで、軽くて本当に重宝しています。家族ではMサイズを使って …

キャンプに極上のベッドルームを|スノーピークのテント おすすめ|Snow peak

スノーピーク(Snow peak)のテント 画像:snow peak ■目次 1. アメニティドームM(5人用) 2. エントリーパック TT(4人用) 3. ランドブリーズ(4人用) 4. ドックド …

一人を楽しむソロキャンプのすすめ もう一歩先の旅に出かけよう (大人の自由時間mini)/堀田貴之/著

今日のおすすめ書籍はこれ。ゴールデンウィーク前ですし。 WILD1で見かけて、つい買ってしまったのです。 堀田氏は春〜夏はカヌーやシーカヤック、冬はテレマークスキーなど通年を通してすばらしく遊んでいる …