ホームページに使用されているHTMLはそんなに難しくないから一度でいいから作成してみよう!

今日は簡単なホームページの作り方。

始めての方は、とにかく作ってみる事が大事だと思います。
必要なのはパソコンとテキストエディタ、インターネット回線だけですよ。

「HTML」ってまるで暗号のように複雑に感じられる方は多いと思います。が、 実際にはHTMLはそれほど難しい言語ではありません。パソコンとネット環境さえあれば、1分で作ることも可能です。 簡単なウェブページなら、数種類のタグを覚えれば作成することが出来るんです。

大事なのはまず作ってみる事。

じゃあどうやって作ってみるの?
究極的に省略して表現してしまえば下記のとおりになります。
テキストエディタで下記の例の文章を書いて、ファイル名を「index.html」にして保存する。

なぜ「index.html」って名前にするのか? → ここを参考にしてください。

<html>
<head>
<title>ページのタイトル</title>
</head>
<body>
<h1>ページの見出し</h1>
<p>テストページを作ってみました!</p>
</body>
</html>

デスクトップ上にできたindex.htmlファイルができていますよね。

そのファイルをブラウザにドラッグ&ドロップしてみて下さい。

 

見れましたか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA