米国170年の歴史|グリップスワニーの G-1 グローブが ”神” – Grip Swany

グリップスワワニー G-1グローブ(Grip Swany)

 


画像:Grip Swany

(グリップスワニー)Grip Swany G-1 Mサイズ

 

グリップスワワニーとは

__アメリカで170年の歴史__

1848年ゴールドラッシュで一攫千金を狙う採掘者に向けGRIPSWANYグローブが誕生しました。素手での発掘は困難を極めた為、バッファローの革でグローブを作ったのが始まりです。その当時から現代に至るまで、頑強で非常に質の良いグローブ等を生産し続けているメーカーです。1985年4月GRIPSWANYが国内生産されることになり、日本人の骨格にフィットするように裁断型も調整され革もソフトに仕上げ最高峰のアウトドアワークグローブが誕生しました。

今回ご紹介しているのは歴史あるグリップスワニーのベーシックモデルとなります。ハイテク素材で縫った革製のグローブで、風や火、雨にも強くアウトドアやキャンプでの使用に最適。

米国で生まれ発展を重ねてきたグローブは日本で更に進化を遂げ、日本人の手にも合うように規格を改良、日本専用工場で職人の手により1つ1つ縫製されています。このグローブを使用したら他は使えなくなりますよ!

 

防弾チョッキにも使用|デュポン社のKEVLAR糸を使用

縫製には ”鋼鉄の5倍の強度がある” とされている魔法の糸、ケブラー糸を使用しています。そのため、悩みであった糸のほつれは最小限に抑えられ、飛躍的にグローブの耐久性を向上させています。

 

 

非常に柔らかく、馴染みの良い革

耐久性抜群の北米産の牛革(ステアハイド)を使用し、ハードな革製にも関わらず、立体裁断や、縫製を外側にすることにより、抜群の装着感を実現しています。その装着感は本当に素晴らしく、革は非常に柔らかいです。ありがちなジーンズ洗いたてのようなバサバサとした質感では革、冬に女性が着用するような革グローブの柔らかさに近いです。私がこのグローブを選ぶ一番の理由はこれです。

ステアハイドとは 生後3~6ヶ月以内に去勢した2歳以上の雄牛の皮で、強度のあるボリューム感のある皮質が特徴。

無料修理サービス付き

品質に絶対の自信があるからつけることができる ”無料修理サービス” が付帯しています。ケプラー糸が革より先にほつれてしまった場合、無料で修理してくれるサービスが付帯しています。高価なグローブだけにこういったアフターの部分はしっかりとしています。長年使用するものだけに、ありがたいですね。

メンテナンスも簡単

GRIP SWANYのメンテナンスはとってもカンタン。ミンクオイルを塗りこむだけでOKなんです。ミンクオイルには、革の柔軟性、撥水性を保つと同時に、耐久性を増し、汚れを落とす効果もあります。クリーナーとしても使えるので一つは用意しておくと良いですよ。

Amazonで見る楽 天 で見る

 

長い歴史の中で検証と改善を続けてきたグローブ、はっきり言ってその完成度と品質は文句のつけようがないです。

火のついた薪も3秒程度ホールド可能でキャンプでの焚き火では大活躍してくれます。もっと大きく厚いグローブもありますが、結局使わなくなるんですよね。この位のサイズ感のグローブが一番使い勝手が良いんですよ。バイクに乗る方は防寒グローブとしても非常に優れていますよ。

おそらく10年を超える歳月を共にするグローブ、本当に良いものを選んでいただきたいです。

 

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

ではまた。

Amazonで見る楽 天 で見る

 

http://soloniwa.jp/2017/10/29/gripswany-fire-parka/

ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA