まずは4つの軸から|初心者でも気軽にできる。Googleアナリティクスでアクセス解析

Googleアナリティクスは無料で使用できる素晴らしいアクセス解析ツールです。

でも、データを眺めて、セッションが伸びた、減った、直帰率が高い、だけで終わっていませんか。しっかりとした解析の軸をもつことで、このツールを最大限に活用することができます。まずは下記の4つの軸を意識してアクス解析をしてみてください。きっと違った見方ができるようになり、活用していただけるはずです。

 

その① どこから流入してくるのかを調べ、アクセス数を増やすヒントを得る。

Googleアナリティクスでは、ユーザーの流入元を調べることができます。例えばアドワーズよりスポンサードサーチからのトラフィックの方が2倍のコンヴァージョンがあった場合は、「スポンサードサーチの予算を強化した方が、より優良なユーザーをサイトに呼び込むことができます。

 集客 > 全てのトラフィック

 

その② どんなキーワードで訪問されたのかを調べ、ユーザーの目的であるキーワードを強化する。

ユーザーがどんなキーワードで訪問しているかを調べることでそのキーワードに紐づく記事やコンテンツを追加することができる。ユーザーの目的に沿ったページとなることで、アクセス数の増加やその後の獲得数も伸びてくると思われる。

集客 > キャンペーン > オーガニック検索キーワード

 

その③ ユーザーが最初に見るページや、よく見るページを強化して興味を惹かせる。

ユーザーが最初に訪れるページを知り、そのページを強化することによって、サイトの印象を良くすることができる。基本的にはトップページが多くなると思われるが、次に訪れる2ページ目を把握し、ユーザーの興味を惹くコミュニケーションをすることが重要。もしユーザーに見せたい強みとなるページがある場合、そのページへの遷移がどのくらい行われているのかも知ることができる。そこで遷移があまり行われていない場合は、そのページへの導線部分に問題がある場合が多い。

 行動 > サイトコンテンツ > ランディングページ

2ページ目を確認したい場合は、グラフの上に表示されているタブを「入口からの遷移」に切り替える。

 

その④ サイトの中のどのページで離脱しているのか、出口の部分を分析する。

 行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ

 直帰率をクリック > 並び替えの種類を「加重」

よくページが見られていて、なおかつ離脱の多いサイトが表示されますので、上位に表示されるページは問題がある可能性が高いです。離脱を減らしていくことで、獲得数を減らしていくことが可能になります。

ぜひ試してみてくださいね。

ではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA