Googleアナリティクスの「チャネル」「参照元」「メディア」の違い

 

 Googleアナリティクスの「チャネル」「参照元」「メディア」の違い について
Googleアナリティクスでサイトの解析をされている方でも意外と用語が完全に理解できていない方も多いのではないでしょうか。

今回は集客タブの中にある項目「チャネル」「参照元」「メディア」について説明させていただきます。

 

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

 

チャネル:ホームページへの流入経路を10種類に分類したもの

「どういうルートでホームページへ辿り着いたのか」ということを、一番大まかに分類したものです。

チャネルは、自然検索からのトラフィックを表す「Organic Search」や、外部サイトからの流入を表す「Referral」など、デフォルトの設定で10種類となっています。つまり、チャネルではホームページへの検索エンジンからの流入がどのくらいか、SNSからの流入がどのくらいか、など大まかな分析ができるということ。

逆に言えば、Yahoo検索とGoogle検索のどちらからの流入が多いのか、FacebookとTwitterどちらからの流入が多いか、などは分かりません。

 

続いて、参照元の説明になります。

 

参照元:チャネルよりも詳細な情報(流入元のサイト情報)を分類したもの

「どういうルートでホームページへ辿り着いたのか」ということを、詳細に分類したものです。参照元は、チャネルよりもより詳細にトラフィックを分類しています。例えば、Google検索の結果からの流入ならチャネルではは「Organic Search」となりますが、参照元ではより詳細な情報である「google」になります。「どこの検索エンジンなのか」といったところまで分かりますね。

 

メディア:参照元の情報を元に、一般的に分類したもの

参照元の情報を元に一般的に分類されたものになります。「チャネル」と非常に似通っているのですが、Googleアナリティクス上での扱いが違います。ひとことで言えば、参照元・メディアの値を元に作成されるのがチャネルとなります。

分類の順を下記に示します。

参照URLをアナリティクス上で取得 → 「参照元」を分類 → 「メディア」を分類 → 「チャネル」を分類

 

用語の定義や分類の仕組みを正しく理解することでより意味のあるサイト解析ができるようになるかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

 

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA