ガーデニング 剪定鋏|高儀の「 菊堂」が凄い!

こんにちわ、solo×niwaです。

今日はキャンプはお休みです。奥さんと1日「ガーデニング」をして楽しみました。たまには家で土いじりをするのも楽しいものです。日差しも暖かく、作業をしていると暑いくらい。日中はTシャツで過ごしてしまいました。近所のおばあちゃんがちょいちょい来てはアグリ系の「コンサル」をしてくれました(笑)

新芽に「春」を感じます。これからの季節は緑が美しいので、「ガーデニング」も楽しくなりますね。

伸びすぎた庭木の剪定もしたのですが、ホームセンターとかに安く売っている剪定鋏が切れない切れない。

奥さんが持ってきたのがこれ(笑)なにやら花柄が印刷されていて「可愛らしく」なっているんですが、「アルミ」で作られているようで枝を切ろうとすると「ふにゃ」ってなってしまいました。残念ながら、鋏としての機能は0な感じでした(笑)

ということで全く作業が進まず・・「よし!お金で解決しよう!」そう思いこれを買ってきました。

新潟県三条市で無骨なモノづくりを続けている「高儀」さんの剪定鋏で、名前は「菊堂」というもの。庭木や果樹の剪定に最適な「剪定鋏」です。

新潟は三条市といえば「スノーピーク」ですが、私はひそかに「高儀」を工具界のスノーピークだと考えています。

本当に無骨な「良い工具」を作るメーカーさんなので、愛用させてもらっています。この鋏以外にも、非常に斬れ味が鋭いノコギリや「モノを掴む」ためのプライヤー「GISUKE」を愛用させていただいてます。

「高儀」とは?

経営理念は「伝統と革新」新潟の三条市で工具などの真面目なモノ作りをされているメーカーです。越後の三条村で1866(慶応2年)に鋸鍛冶を始めるたのが始まりで、1910(明治43年)には販路拡大のため海外との取引を開始されています。打ち込む。切る。削る。はつる。叩く。人間の手に握られて様々な用途をこなす建築に関わる刃物や道具。そんな人間の手に近いハードウェアを「伝統」を大切にしながら作り続けている、とても素敵な会社です。

これが一目惚れしてしまった「菊堂」の剪定鋏です。

色々みてまわったんですが、道具としての美しさをこの製品に感じて購入しました。刃の部分の渋いシルバーから、ハンドル部分のブラックはのグレデーション具合とかは芸術的・・美しすぎてクラクラしてしまいそう。

素晴らしいのが「全てが金属」でできているということ。つまり、「一生モノ」ですね。ちなみに、この安全ロックも金属製です。

ロックを外して開いてみるとこんな感じ。ハマグリ刃が美しい。まるで「バークリバー」の高級ナイフのような雰囲気を持っています。道具好きにはたまらない。

早速「剪定」してみました。このくらいの枝は「触れただけ」で切れる感覚でした。何これ!斬鉄剣ですか!?(笑)

さっきまで苦戦していた剪定が嘘みたいに一瞬で完了しました。ありがとう!「菊堂」。

 

最後に

道具というのは絶対に良いものを使いたいものです。

今日が良い例で、「良い道具」を揃えていれば、1日1日を「より良く過ごす」ことができます。人生とは日々の積み重ねにすぎませんから、つまりは「より幸せな人生を送ることができた」ということ。大げさかもしれませんが、だからこそ私は キャンプブログ「ソロニワ」を書いているんです。

「良い道具は良い人生を作る」

この「菊堂」もおそらく我が家で、一生モノとして使い続けられるでしょう。やはり「高儀」さんのモノづくりは凄いなぁ。

今回は「庭木の剪定」のために購入した鋏ですが、キャンプで焚き付けの調達とかにも重宝しそうです。これから本格的な春がきます。ガーデニングの「剪定鋏」で迷ったら高儀さんの「菊堂」を自信を持ってオススメしますよ。

ではまた。

 

Amazon楽天市場

 

ちなみに、これも「高儀」さんの製品なんです。超絶愛用している「GISUKE」というプライヤーです。これも素晴らしい!

Amazon楽天市場

 

http://soloniwa.jp/camping-goods-im-glad-i-bought-it/

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA