フェアーハンドランタン(Feuerhand Lantern)のレビュー

フェアーハンドランタン 276を買ったのでレビューをします。

ランタンの購入で迷っている人がいれば、心からおすすめします。フェアーハンドランタンは、絶対に間違いのない素晴らしいランタンです。

フェアーハンドランタンとは?

ドイツの「Feuerhand社」(1902年創業)が製造している灯油ランタンになります。100年以上もの間製造され、2億台以上ものランタンを世に送り出しています。

非常に対候性に優れた信頼性の高いランタンであることから極地遠征やドイツを始め、各国の軍用としても採用されています。本体は、亜鉛合金鉄製、二重構造の燃料タンク、耐久性の高いSUPRAX製ガラスの風防など、隅々までこだわった作りと、それを支える職人の技術力。

名実ともにヨーロッパで最高峰のランタンといえるでしょう。

フェアーハンドランタンの特徴

雰囲気が抜群

ガソリンランタンのように圧倒的な明るさはないものの、非常に雰囲気のある灯りです。穏やかで整った平たい炎の灯りに、心が癒されます。「ランタンてこうあるべきだよね。」そう思わせてくれる魅力があります。

風に強い

全面がガラスに包まれているため、風に強いです。そのため、こういった形状のランタンは、ハリケーンランタンと呼ばれていて、風速80m/sでも消えないと言われています。風速80mがどれくらい凄いかというと、頑丈な建物が倒壊し、車が小型ミサイルのように飛ぶくらいの風です。

ずっと使える

構造は吸い上げた灯油を燃やすだけです。底面のタンクにコットンの紐が浸されており、その紐を少し出して着火するというもの。非常に単純な作りなのでずっと使うことができます。

安い

海外(ドイツ製)のランタンなのに、3,000円程度で購入することができます。同じような作りのペトロマックスのランタンが18,000円程度しますので、その差は歴然です。

豊富なカラーバリエーション

フェアーハンドランタンには数多くのカラーがあります。ポップなものからシックなものまで、
好みやサイトのカラーに合わせて選ぶことができ、アウトドアでの使用はもちろん、お部屋のインテリアにも最適です。


画像:楽天市場

20時間以上の燃焼時間

一度満タンにすれば20時間以上も点灯します。一泊程度のキャンプでは十分な性能です。

優れた構造

優れた燃焼を支えているので、その特殊構造。両サイドのパイプを通って空気が火元に流れ込み、安定した炎を作り出します。

フェアーハンドランタンの使い方

ランタンは、このような箱に入っています。

準備は簡単です。キャップを外して、ここに灯油を入れるだけ。

注意点 付いているパッキンは紙製なので、車載では漏れます。持ち運ぶときは灯油を抜きましょう。

点火するには左側に付いているレバーを下げ、切り欠きに引っ掛けます。

これが「切り欠き」です。

カバー部分が持ち上がるので、右手のつまみを時計回りに回して、1mm〜2mm程度芯を出します。

芯に点火しましょう。

先ほど降ろした、左側のレバーをあげて戻します。

炎の高さは1cm〜2cm程度になるように右側のつまみで調整します。時計回りで芯が出て、炎が大きくなります。反時計回りはその逆で炎が小さくなります。

この優しく美しい灯り・・たまりません。

キャンプで使用している様子

先日のキャンプの様子です。タープの下にテントのインナーだけを設置して一泊してきました。スノーピークのノクターンとともに。深夜ともなるとなんともいえない灯りをもたらしてくれました。

炎にあるといわれる、1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)の効果でしょうか?もの凄く心が落ち着きました。

炎のやわらかな灯りとともに、夜は更けていきます・・

まとめ

フェアーハンドランタンはドイツで100年続く伝統的な製品。

丈夫で、雰囲気も抜群、作りも良く、その上安いという素晴らしいランタンです。こういったモノが世の中にもっともっと増えて欲しいですね。気軽に購入できるような価格なので一度試してみては?

凄く良いですよ、コレ。

@ソロニワでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA