「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 買ってよかったもの

キャンプ用品・キャンプ道具のおすすめをまとめてみた!本当に買ってよかったもの。

投稿日:2018年3月17日 更新日:

「買ってよかったキャンプ用品」・「キャンプ道具」についてまとめました。

 

「年間数十泊」「焚き火はライフスタイル」

そんなソロニワがオススメするキャンプ用品は、どれも多くの人が認めるスタンダードなもの、だから間違いがないし、長く使うことができるんです。全て実際に使用しているものだから、自信を持ってオススメします。

テントからキャンプまわりのアメニティまで、色々なアイテムが大集合です。

テント

ヒルバーグ アクト(1人用)

ソロ用テントの最高峰
ヒルバーグのアクトは間違いなくソロテントの最高峰だと思います。そのデザイン、機能性、質感、どれをとってもこれ以上のものが思い当たりません。そのくらい完璧なテントだと思っています。超オススメ!

ヒルバーグ アクト テント 1人用

焚火台

スノーピーク(Snow peak)焚火台

スノーピークの最高傑作

究極の「焚火台」といっても過言ではない。キャンプ道具ではありますが、まるで「工芸品のような佇まい」をもった道具です。逆ピラミッド型の美しいデザインと、丈夫な設計、おまけに設置や撤収も簡単! という、全く「隙のない道具」です。キャンプをしたいなら、絶対に買うべき道具です。

サイズ 大きさ 重さ 詳細
S 25cm×25cm 1.8kg 焚火台S
M 35cm×35cm 3.6kg 焚火台M
L 43cm×43cm 5.3kg 焚火台L

 

ユニフレーム 薪グリル

uniflame-makigrill-review

「薪ストーブ」のような雰囲気を持ったグリル

横長の形状が抜群に使い勝手が良く、反射板があり凄く暖かいので、特に冬のキャンプでは「大活躍」します。形状的にも、薪ストーブのような雰囲気を持っていてとても美しい道具だと思います。横長の形状を生かして長い薪(40cmくらいまで)をそのまま放り込むことができますし、左側は「薪」右側は「炭」という2バーナーのような使い方もできます。ごとくは非常に安定感があり(10kgまで)重いスキレットなどをのせてもぐらつくようなことはありません。

サイズ 大きさ 重さ 詳細
レギュラー 410×300×350(高さ)mm 3.6kg 薪グリル
ラージ 680×400×400(高さmm 4.6kg 薪グリル ラージ

 

ピコグリル 398 Picogrill

スイス製の超軽量焚火台

とにかく軽くてコンパクトになる、ステンレス製の焚火台です。ザックに気軽に放りこめるサイズと442gという軽さが特徴です。春夏のバイクツーリングでは大活躍します。焚火台って何個あっても良いんですよね。シチュエーションに合わせて使い分けるのが本当に楽しい。

ピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台 398g

火吹き棒

ファイヤーブラスター

Fire Blaster

雰囲気が抜群|ドイツ製の火吹き棒

わずかな熾き火や炭火、弱くなった炎をあっという間に甦らせるドイツ製の「火吹き棒」です。スリムでアルミ製のため軽量。口元と持ち手部分にはブナ材が配置されていて優しいぬくもりを感じます。「火吹き棒」というのは、あるとないとでは大違い。メンテナンスでブナ材にオイルを馴染ませたりするとなお雰囲気がよくなります。使い込めば使い込む程に味わいが出てきて本当にカッコ良い道具です。ファイヤーブラスターがあるだけで「炎」の調整が楽しくなりますよ。超オススメします。

 

 

バーナー

スノーピーク ギガパワーストーブ ”地”

GigaPower Stove Chi-8

世界的に有名な「胸ポケットに入るストーブ」

これ以上コンパクトなシングルバーナーがあるのだろうか?

スノーピークが作った世界レベルのシングルバーナーです。「胸ポケットにも入るサイズ」で、火力も申し分ないです。

1998年の発売時には、世界中を驚かせました。そこから20年以上愛されているストーブです。これからキャンプを始める人に「全力でオススメしてあげたい」シングルバーナーです。「こんなに素晴らしいバーナーがあるんだよ!」と。

本体の下の部分が真鍮でゴールドなのが旧モデル。アルミ製でシルバーに変わったのが新モデルです。新モデルには ”オート” という、ワンタッチで火をつけることができるイグナイター(火花を飛ばすもの)がついているモデルもあります。でも私は旧モデルの方が味があって好きなんです。ゴールドが入っている方が美しく感じるんですよね。だからあえて「旧モデル」を愛用しています。

モデル 出力 重さ 詳細
旧モデル 2,500kcal 88g ギガパワーストーブ 地 (旧)
新モデル 2,500kcal 75g ギガパワーストーブ 地 (新)
新モデル(着火付) 2,500kcal 90g ギガパワーストーブ 地 (新) オート

 

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

カセットコンロのガスが使える!

このバーナーも「名作」です。先に紹介したスノーピークのギガパワーストーブとの最大の違いは「カセットガス」が使えるということ。つまりアウトドア専用のガス缶ではなく、一般的なカセットガスが使用できるから、燃料費が凄く安くできるんです。「実用的なバーナー」だといえるでしょう。マイクロレギュレーター搭載のため、寒さにも強いのが嬉しいです。冬の朝、他のバーナーが点かなくなり、ST-310 に助けられたことが何度かあります。持っててよかったー。

補足として、カセットガスは「デザイン」があまりよくないので、レザーのガス缶カバーをひとつ持っていると良いですー。絶対にオススメです。

 

ライター

SOTO スライドガストーチ

スタイリッシュな伸縮チャッカマン

人生で一番使用しているライターです。ニョキッと伸びる伸縮式なので、ポケットに入れてもかさばらず、毎日使用していても壊れる気配もありません。安価なカセットガスから燃料を補充できるのも素晴らしいです。色々なメーカーからこういったライターは出ていますが、SOTOのものが「ダントツで優れている」と思います。間違いなくキャンプの必需品ですよ!

 

 

クッカー

トランギア メスティン

スウェーデンのアルミ製飯盒

とてつもなく便利なアルミ飯盒です。長方形で高さを抑えた形状、そして熱伝導率の良い「アルミ製」なのでご飯がめちゃくちゃ美味しく炊けます。熱源や火加減をあまり気にすることなく焚き火に突っ込むだけでも美味しいご飯が炊けるのが素晴らしいです。蓋はお皿やフランパンとしても使用することができます。とにかくこれさえあれば「ソロキャンプ」の調理はなんとかなる。その位便利なクッカーになります。持っていないキャンパーは、絶対に買うべき。

サイズ 大きさ 重さ 詳細
レギュラー 17×9.5×6.2cm 150g メスティン
ラージ 20.7×13.5×7cm 270g ラージ メスティン

 

スノーピーク トレックシリーズ

スノーピークのクッカーはこれ一択で良いと思う。

非常に美しくスタッキングできるトレックシリーズ。700ml・900ml・1400ml の3種類の容量があり、全てが機能的にスタッキングできます。700ml のトレックの中には同社の200ml 〜 600mlのチタンマグがスタッキングできるという完璧なシステムになっています。素材はチタンとアルミから選択することが可能。チタンは熱伝導率が低いのでラーメンなどを食べるのに最適。アルミを選択すれば、ご飯を美味しく炊くことができます。

とにかく全部スタッキングできるのが凄く便利で、揃えていくのも楽しいです。個人的には究極のクッカーだと思っています。

サイズ 大きさ 詳細(チタン) 詳細(アルミ)
700ml 直径105×113mm トレック700(チタン)
900ml 直径120×107mm トレック900(チタン) トレック900(アルミ)
1400ml 直径140×114mm トレック1400(チタン) トレック1400(アルミ)

 

ロッジスキレット

鍛鉄スキレットの最高峰

スキレットが欲しいのであれば ”ロッジ” を選択しておけば間違いないです。長年キャンパーに愛されてきた道具は「風格」が違います。国産の「南部鉄器」とかも良いんですが、ロッジのスキレットは少し深いんですよね。その「絶妙な深さ」と「蓋の重量感」が凄く良いんです。

分厚い鉄製のスキレットは、蓄熱製が抜群なため食材に満遍なく火を通すことができます。本当に色々な食材が美味しくいただけます。ある程度深さがあるのでレトルトカレーを温めたりもできますし、網を敷けばジャガイモを蒸したりなんかもできてしまいます。おすすめのサイズは8インチ!間違いないです。

人間が使うのに最適なサイズ感だと思う。

 

 

ナイフ

オピネル

フランスの折りたたみナイフ

キャンプの「折りたたみナイフ」と言えばオピネルです。このナイフをどう使用するかというと「調理」です。折りたたみなので携帯しやすく、包丁の代わりに使用するのに最高。薄めの刃のため、研げば「恐ろしいほどの切れ味」を誇ります。パンやトマトを切るのも非常に「正確に薄く切れる」のには感動します。(家の包丁を完全に凌駕している気がする・・)サイズはやはり最もスタンダードな 8番 がオススメです。刃は2種類あり、カーボン刃は研ぎやすく切れ味と雰囲気が抜群、メンテナンスが面倒な方は錆に強いステンレスを選びましょう。

No. 刃の長さ カーボン ステンレス
No.6 7.0cm カーボン #6 ステンレス #6
No.7 8.0cm カーボン #7 ステンレス #7
No.8 8.5cm カーボン #8 ステンレス #8
No.9 9.0cm カーボン #9 ステンレス #9
No.10 10.0cm カーボン #10 ステンレス #10
No.12 12.0cm カーボン #12 ステンレス #12

※ No.11 – 1939年に生産中止

 

モーラナイフ ブッシュクラフト ブラック

「北欧ナイフ」といえばモーラナイフ

スタイリッシュなブラックの持ち手に、厚さ約3.2mm の黒染めのカーボンスチールの刃がついたナイフです。切れ味は非常に鋭く、研ぎやすいナイフです。バトニングなどのハードなブッシュクラフトに最適なナイフです。あまり気をつかわずハードに使い込んでいますが、使用するたびに愛着がわく不思議な道具です。シルバーの刃もあるのですが、ブラックモデルにして本当によかったと思います。

 

のこぎり

シルキーゴムボーイ・ポケットボーイ

魔法のようなノコギリ

始めてこのノコギリを使った時。「何これ!嘘だろ」というのが感想でした・・それくらい斬れ味が凄かった。ニュージーランドの園芸家の間で「めちゃ切れる!」と話題らしいです。15〜20cmくらいの丸太を何本も切りました。まるで魔法のような斬れ味のノコギリです。絶対買った方が良いですよ。私が最も愛用しているのは、240mmのゴムボーイです。現地で薪を調達するとなると、ちょっと長い方がやはり楽で使い易いんですよね。なので、210mm か 240mmがオススメ!

刃長 重さ 詳細
130mm 180g ポケットボーイ130
170mm 225g ポケットボーイ170
210mm 230g ゴムボーイ210
240mm 265g ゴムボーイ240
270mm 290g ゴムボーイ270
300mm 320g ゴムボーイ300

 

グレンスフォシュ 薪割り鎚ショート 451

スウェーデン鋼・鍛鉄の工芸品

職人がひとつひとつ打ち鍛えた鍛鉄の工芸品です。比較的高価ですが、グレンスフォシュにしかない独特の雰囲気を持った斧です。この「薪割り鎚ショート」というモデルはハンマーにもなる斧頭を備え、斧頭の重さで薪割りができるという素晴らしい斧です。20〜30cm程度の丸太なら一発で真っ二つにすることができます。今一番のお気に入りです。

グレンスフォシュ 薪割り鎚ショート(中大径木用)[品番:451]

 

破壊力は抜群です!まずは動画をご覧ください。

 

テーブル

ユニフレーム 焚き火テーブル

フィールドが「キッチン」になるテーブル

この焚き火テーブルも色々なキャンパーに愛されています。持ってない人はいるのかな?エンボス加工されたステンレスの天板は、汚れに強く、油汚れなども、サッと拭き取るだけです。熱々のダッジオーブンをそのまま乗せることもできますし、この上で小さな焚火や調理をすることもできます。耐荷重は50kgもあり、とにかく頑丈で壊れる気がしません。収納は天板の中に足が全て収まるので天板だけの大きさにすることができます。

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104

 

チェア

ヘリノックス チェアワン

コンパクトチェアの最高峰

バックパックにも入るくらいコンパクトなのに、座り心地が凄く良いという神チェアです。迷う必要はありません。これは買いましょう。ヘリノックスからは色々なチェアが販売されていますが、この「チェアワン」はフラッグシップモデルだけあって素晴らしいです。一押し!

 

ウォータータンク

ヒューナスドルフ キャニスター

ドイツ製のオシャレなキャニスター

とにかくサイトがオシャレに変わります。一般的なウォータータンクは「白」が多いと思いますが、その「白」が多くの場合サイトの雰囲気を害します。「どうにかならないか」と思っていたところ、このタンクと出会いました。オリーブドラブのカラーが自然にマッチして雰囲気が抜群によくなりました。写真のものは5Lの容量なので、ソロキャンプに最適なサイズになります。このくらいのものを複数もって人数に応じて使いわけるのも良いと思いますよー。5L・10L・20L と3つのサイズがあるのですが、キャンプでの使用であれば、5Lか10Lが現実的なところかと思います。

容量 大きさ 詳細
5L W26.5×D14.7×H24.7cm ヒューナースドルフ 5L
10L W35×D16.5×H31cm ヒューナースドルフ 10L
 20L W35×D16.5×H49.5cm ヒューナースドルフ20L

 

コンテナ

スノーピーク シェルフコンテナ

まるで「芸術品」のようなコンテナ

こんなに「かっこ良いコンテナ」は他にないです。金属製なので丈夫で、最大で3つまで積み重ねることもできます。薪の運搬や調理器具などを収納して車内を整理するのに非常に便利。デザインがとても美しいのでそこにあるだけでサイトの「オシャレ度が上がる」というのもポイント。少し値段はしますが、コンテナはこれを買っておけば間違いないと思います。容量は25の方が使い勝手が良く、オススメです。

サイズ 大きさ 重さ 詳細
25 325×520×210mm 3.6kg シェルフコンテナ 25
50 405×625×270mm 5.5kg シェルフコンテナ 50

 

マットレス

サーマレスト Zライトソル

THERMAREST(サーマレスト) Zライト

軽量・コンパクトなキャンピングマット

軽量・コンパクト、さっと広げるだけでベッドが完成します。気軽なのに非常に寝心地が良く、断熱性能も高いです。ちょっとこれ以上のマットレスにはまだ出会ってません。やはり「サーマレスト」は最高です。寝袋の下に敷くのはもちろん、テントのインナーの隙間とかにしくと長座布団のようになり、前室での調理とかがとても快適になります。この「コヨーテ」の色が凄く良い色で、ダメになってもまた同じものが欲しいです。それくらい良い製品。

 

 

 

グローブ

エムテック
「衛生的」でグリップ力抜群のグローブ
薪割りや小枝拾いなどに便利なグローブです。アウトドア用のレザーグローブも良いのですが、頻繁に洗えないのがネックなんですよね。このエムテックは、通気性がよく毎回洗濯して衛生的に使用できるので、とても便利です。グリップ力も抜群!500円程度で買える似たような商品はたくさんありますが、これは少しレベルが違います。特許製法で作られた日本製パーミア生地を使用しており、「強度2倍」「通気性4倍」というスペックと、快適性を追求した新世代グローブです。

ラジオ

無印良品の充電式ラジオ

たぶんこれが最高峰!「キャンプに最適」なラジオ
ちょうど「キャンプに持っていくのに良いラジオないかなー?」とフラフラ歩いていたところ、劇惚れして購入してしまいました。充電式で単4電池が使えて、手回しで充電できて、スマホの充電にも使えて、ライトとブザーと時計がついていて、ラジオ局がプリセットできて、デザインと音質が良いなんてズルすぎる! キャンプのラジオはこれ一択で良いと思いますよ!

 

「これは本当に買ってよかった!」そう思ったものがあったら随時更新する予定です。

これからキャンプを始める方も、すでに始めている方にも、少しでも参考になれば嬉しいです。







-キャンプ道具, 買ってよかったもの
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ユニフレームの焼網ハンドルでいろんなもの持ち上げてみた。- UNIFLAME

ほんとうに買ってよかったものシリーズ。 ユニフレームのウェーブ 焼網ハンドル です。いってみれば、ステンレス製の「焼き網を持ち上げるやつ」なんですがこれは買ってよかったです。 焼き網を安定して持ち上げ …

ベージュ系コットンチェアが最高!絶対におすすめのチェアをご紹介いたします。

「ベージュ系コットンチェア」のススメ キャンプをするには必ず必要になってくるチェア。最も体に近いところにあり、身を預ける時間の長いキャンプギアだけに、値段だけでなく座り心地や素材感、耐久性など、細かい …

ファミリーキャンプのクッカーは UNIFLAME(ユニフレーム) fan5 シリーズがオススメです。

今日のおすすめのキャンプ用品はこれ。 ユニフレーム(ユニフレーム) fan5 シリーズ。 大鍋、小鍋、メッシュバスケット、ライスクッカー、フライパン のセットになります。 ・大鍋(ステンレス) ・小鍋 …

キャンプ用品もあるよ!|「Amazonプライムデー」開始です!

今日から年に一度のAmazonプライムデーですね。 本日の12:00〜7/17(火)23:59までの間、プライム会員の方は期間中、非常にお得に商品を購入することができます。 色々あってわかりにくいので …

ピコグリル398(Picogrill)のレビュー

ピコグリル398を購入したので使用感のレビューをします。 先日のソロキャンプで実際に使用してきましたが、素直に感動しました。 「ピコグリル398」は、間違いなくソロキャンプや、バイクツーリングに最高の …