「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプハック キャンプ道具

バーベキュー|放置で火おこし!炭火の起こし方を極めよう。

投稿日:

キャンプをする人にとって、焚き火とバーベキューは外せないものですよね。

そして逃れることができないのが「火おこし」です。大げさかもしれませんが、「火おこし」が上手くできるかどうかでそのキャンプが楽しいものになるか、辛いものになるかは決まると思います。

 

私はこう思います。

 

「火を制すものはキャンプを制す」

 

今年は炭に強くなってぜひ、スマートなキャンプを楽しんでみてください。

 

炭はどこで買えばいいの??

キャンプ場、アウトドアショップ、ホームセンターなどが一般的ですね。
近くにそういったショップがある方はいいですが、そうでない場合はネットで購入されるのが良いかと思います。キャンプ場で買えばいいのですが、種類も選べませんし値段も比較的高めなので、持っていけるのであれば事前購入をオススメさせていただきます。私はネットで大量購入して、自宅保管。必要な分だけ持って行くようにしています。

どんな種類の炭を買えばいいのか?

同じ原木から作った炭でも、白炭と黒炭とでは、炭素、酸素、水素、灰分などの成分、発熱量、硬さ、火つきや火もちのよさなどの性質も全く違ったものになります。

白炭や黒炭、海外のマングローブ炭などいろいろな種類がありますが、ある程度慣れている方で「煙やにおいを抑えたい」「室内でも使用したい」という方は備長炭などの白炭がよいと思います。煙やにおいが極端に少ないので。欠点としては火が付きづらいので時間がかかるのと、着火剤を少し多めに使います。白炭の代表的なものは、ウバメガシからつくられる「紀州備長炭(きしゅうびんちょうたん)」ですが非常に・高価です。

 

【極紀州製法】 伝説の備長炭 白炭 (15kg) 切割小

 

結局、バーベキューにおすすめの炭は?

黒炭の代表となる「岩手切炭(いわてきりずみ)」は比較的手頃で扱いやすい炭なので、バーベキューにはオススメです。火つきがよく煙やにおいが少なく、高い火力と長持ちする火、そして比較的手ごろなお値段、まさに万能な黒炭になります。小さい火鉢でも使いやすいよう、約6.5㎝に切ってありますので「切炭」の名がつけられています。日本一の生産量を誇る岩手県で純国産のコナラ・ミズナラを炭材として作られており、品質・量ともに安定して入手することができるのです。

一方、格安の木炭(海外製が多いです)は火付きは非常に良いのですが、すぐに燃え尽きてしまします。火付きはとてもはいいので初心者でも非常に扱い易いのですが、欠点として火持ちが悪く、煙や臭いが強いので、私は絶対に使いません。(バーベキュー場以外でやると苦情がくるレベル。その点備長炭などの白炭は本当に煙と臭いが少ない)

ただし、予算もあると思いますので本当に初心者でお金をかけたくないのであれば、仕方ないと思います。木炭の火付きは本当に良いですし、バーベキュー場であれば我慢できると思いますので。

 

炭 岩手切炭 楢(なら)堅一級品(純国産品) 6kg

 

 

炭の火起こしは「必ず道具を使おう!」

 

もう一度書きます。

 

炭の火起こしは「必ず道具を使おう!」

 

もの凄く大事なこと。炭の火起こしには必ず道具を使いましょう。ここは絶対にケチってはいけません。初心者は必ずといっていいほど炭の火起こしで苦労します。下手すると1時間たっても火起こしができないなんてこともありえます。。

お金は少しかかりますが、数千円で半永久的にスマートな火起こしができるようになりますので、絶対に道具を購入してください。

末永く使うものなので、あまりケチらず。。ユニフレームのチャコスタは間違いないので、予算が許せばこちらで決まりですが、予算を抑えたいのであればキャプテンスタッグの安価なものでも十分火起こしはできます。ほぼ放置で炭に着火できますのでオススメですよ。

 

※火起こし器は上昇気流により放置でも炭に火がつきます。

 

 

 

こちらはチャコスタのレギュラーサイズ。
3、4人のバーベキューでであれば十分かと。

ユニフレーム チャコスタ II665435

 


こちらはラージバージョンです。大人数はこちらで。

ユニフレーム(UNIFLAME) チャコスタⅡラージ 665442


キャプテンスタッグ バーベキュー用 折りたたみ火起し器 FD 炭焼き名人 M-6638

 


・チャコールスターターに炭を詰める。
・着火剤(新聞紙は使わない)に火をつけ、チャコールスターターを上にのせる。
・10分程度放置する。
・火起こし完了。

 

着火剤はどれを使えばいいの?

私が多様しているのはピンク色のビニールに入ったパック燃料です。固形やゼリー状などいろいろなものがありますが、パック燃料が一番使い易いと思います。青い固形燃料は保存が難しく、しばらくすると帰化してしまいますし、断然ニチネンのパック燃料をオススメします。

10分以上は燃焼しますので、確実に火がつきます。もし、アルコールバーナーを持っている方であればバーナーの上にチャコールスターターをのせれば問題なく着火します。これも私が多用する方法になります。

 

ニチネン製 パック燃料 着火剤 四角タイプ 27g(燃焼時間 約20分30秒) 安心安全の日本メーカー製 揮発しないので固形燃料と比較して長期保管にも最適 12個セット qa100051a12

 


炭の後片付けはどうしたら良いの?

年に数回バーベキューをするようであれば火消しツボは購入しましょう。そのまま燃え尽きるまで放置という手もありますが、エコではありませんね。

水をかけて消す?とんでもありません。水をかけた瞬間灰は盛大に舞い上がり、周囲には迷惑以外の何ものでもありません。。そして、急激に冷やされたグリルは傷んでしまいます。備長炭などは安いものではないので、出来るだけ再利用し次回も使えるようにしたいものです。

一度火をつけた備長炭は「消し炭」といって火が付き易くなっているので、次のバーベキューでの火起こしも楽になります。火消しツボもケチって欲しくない道具ではあります。大事に使えば一生ものですからね。しっかりとしたものを選んでくださいね。こちらもユニフレームのステンレスのものがオススメです。しっかりとロックもでき、錆びないステンレス製。これは一生ものになると思いますよ。

ユニフレーム 火消し壺SUS 665763

 

炭の扱いは一度覚えれば毎年、毎回役に立つ知識になりますので、ぜひこの機会に身につけ、実践してみてくださいね。
みなさまのアウトドアライフがより豊かになりますように。

ではまた。







-キャンプハック, キャンプ道具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石油ストーブで極上の冬キャンプを楽しむ|スノーピーク レインボーストーブ

今日は関東も肌寒い気候でしたね。もうシャツやジャケットがないと寒いくらい。 夏を過ぎてこんなふうに急に気温が下がり始めると、途端に石油ストーブが頭に浮かんでくるんですよね。 暑がりでもあり 寒がりでも …

スノーピークの 超優秀な棒 |パイルドライバーの魅力とは – Snow peak

  こんにちは、solo×niwaです。 今日のおすすめのキャンプ用品はこちらです。スノーピークの傑作だと思います。 スノーピーク(snow peak)パイルドライバー   スノー …

”トランギアのケトル” はなぜ世界中で愛されているのか?

今日の ソロノニワ おすすめのキャンプ用品はこちら。   トランギアのケトルです。     確か旅人に世界で最も愛されているやかんナンバー1だった気がします・・たぶん合っ …

火起こしにはスノーピークのフォールディングトーチ|レビュー Snow peak Folding torch

スノーピーク フォールディングトーチ 買ってみました。 早速レビューをしますが、結論から言いますと「絶対買い」です。 なぜなら火起こしに十分な性能と使い勝手、道具としての美しさがあるから。よほどお金に …

キャンプにコンパクトノコギリを持っていったら最高だった!おすすめのコンパクトノコギリ

みなさんはどんな焚火台を使用されていますか? 最近では直火ができるところは本当に少なくなり、「焚火台」を使用しなければならないケースが多いですよね。そしてソロキャンプなどではコンパクトな焚火台を使用す …