炭の起こし方|「火起こし器」と「着火剤」を利用してみよう。

炭の起こし方ついてオススメの方法をご紹介します。

炭の火起こしはバーベキューやキャンプに必須のスキル。スマートに火起こしをして、バーベキューを心から楽しみましょう!

炭の起こし方

火起こし器を使う

炭の火起こしはには道具をつかいましょう。

初心者は必ずといっていいほど炭の火起こしで手こずりますが、専用の道具を使えば、そんな心配は不要です。火をつけたらそのまま10分ほど放置すれば火起こし完了です。

おすすめなのが、ユニフレーム製のチャコスタという火起こし器。

金属製のパネルを組み合わせたシンプルな構造ですが、上昇気流により効率的に炭に着火することができます。

サイズはチャコスタと、チャコスタラージの2種類がありますが、車での移動であればラージを用意しておきたいところです。逆に、ソロキャンプやデュオキャンプが多いかたは通常のチャコスタで十分でしょう。

チェコスタの使い方

使い方は簡単です。以下の手順で炭をつめ、着火剤の上にチャコスタをのせて放置するだけです。あとは自動的に着火するので、うちわであおぐ必要もありません。

・チャコールスターターに炭を詰める
・着火剤に火をつけ、チャコールスターターを上にのせる
・10分放置する
・火起こし完了

炭の種類のおすすめ

炭には2種類あります。白炭と黒炭です。

白炭は高温で焼き上げられており、硬く、密度が濃く、煙が少ないのが特徴です。

「白炭」なら備長炭

代表的なものは、ウバメガシからつくられる「紀州備長炭(きしゅうびんちょうたん)」です。

炭の最高峰といわれ、非常に火持ちがよく発熱量が多く、煙が少ないという長所を持っていますが、火付きはあまりよくありません。そして高価です。

お金に余裕があるならぜひ利用したい最高級の炭です。

「黒炭」なら岩手切炭

一方、黒炭の代表となる「岩手切炭(いわてきりずみ)」は比較的手頃で扱いやすい炭なので、バーベキューにはオススメです。燃やすとほのかに良い香りがただよい、その灰は純白で、とても美しいです。

日本一の生産量を誇る岩手県で純国産のコナラ・ミズナラを炭材として作られているため、品質・量ともに安定して入手することができます。

大きさが揃っているので火力も安定させやすく、火つきもよく、火力が強く、煙も少ないという素晴らしい炭です。

着火剤のおすすめ

私が多用しているのはピンク色のビニールに入ったパック燃料です。固形やゼリー状などいろいろなものがありますが、パック燃料が一番使い易いので愛用しています。

炭の後片付け

炭の火起こしはわかったけど、後片付けは?と思いますよね。

年に数回バーベキューをするようであればぜひ、火消しツボを用意しましょう。酸素を遮断することでスマートに炭を消すことができます。残った炭は再利用できるのでとてもエコ。

火消し壺を利用するメリット

一度火をつけた備長炭は「消し炭」といって火が付き易くなっています。つまり次の火起こしが圧倒的に楽になるのです。

大事に使えば一生もの。しっかりとしたものを選んでくださいね。おすすめなのはユニフレームのステンレス製のもの。しっかりと蓋がロックでき、錆びないからずっと使えます。

これは一生ものになると思いますよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA