本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ用品 35選

おすすめのキャンプ用品を種類別にまとめてみました。

キャンプ用品は人間が自然と「いい関係」を築くために必要なものです。

なぜなら自然は私たちにいい意味で無関心だから。

自然はただ「それ」としてあるだけ。だから時には厳しい表情をみせることもあります。そんな時、優れた道具は人間を守り快適にしてくれます。自然と深く触れ合うことを可能にし、自然からの恵みを扱いやすくしてくれます。

だからキャンプ用品が存在するのです。

凍てつく寒さと静寂は冬のキャンプの醍醐味。
道具は無関心な自然に飛びこむ力をくれる。

ここで紹介しているキャンプ用品は、すべてが自然と「いい関係」を築けたものたちです。実際に使用し、フィールドでの実績があるからおすすめできるのです。

テント・タープ・シュラフ・焚火台・斧 etc・・・揃えるべきキャンプ用品はたくさんありますが、道具について考え、揃え、組み合わせていく。それ自体すら楽しむことができたら素敵だと思いませんか?

この記事をみて、お気に入りの道具を1つ、2つと見つけてもらえればこんなに嬉しいことはありません。よろしければお付き合いください。

テント

スノーピーク ファル3

一番のお気に入り。FAL3はスノーピークの山岳用テントです。Pro.Airというリップストップ生地を使用しているため、軽量なのに丈夫。収納もコンパクトなのでバックパックにも入ります。設営はポール2本を差しこんでペグダウンするだけ。そして、縦に出入り口があるので傾斜地などでも重宝します。(頭側を高い方にできるので快適性と見晴らしが両立できる)

これは最高の幕ですよ。あと2つくらい買っておきたい。

ゴールドに近い色合いが美しい。大きい家より小さな小屋がいい。そんな人にこそおすすめしたいテントです。

スノーピーク アメニティドームS

アメニティードームS は質がよいのに安価な素晴らしいテントです。特筆すべきはインナーサイズで、220cm×150cm という大きさは絶妙。大人2人でも過ごせますが、ソロキャンプで贅沢に過ごすのもオススメです。インナールームは自立式なので、タープに入れこんだり、シェルターでカンガルースタイルなども楽しめます。前後をメッシュにすることが可能なので夏も涼しいです。

広い前室とサイドの出入り口も本当に便利。エントリーモデルでこの快適性なのが恐ろしいです。

スノーピークなのに2万円台!エントリーモデルにしては充分すぎる機能性です。アメニティドームは1年に1万5000張ほど売れているそう。

ヒルバーグ アクト

ヒルバーグのソロ用テントです。ポール一本で設営できる素晴らしいテント。最小限な構成が美しいです。横開きで前室もあるので煮炊きも可能。極寒の冬でも快適に過ごすことができますよ。

これぞヒルバーグクオリテイ!極寒の地で生まれたテントには随所にキャンパーを関心させる質感があります。

タープ

スノーピーク ヘキサ Pro.air S

スノーピークの小型のヘキサ型タープになります。リップストップ生地を使用しているので軽量なのに丈夫です。デザインと色合いが恐ろしくかっこいいタープで、先に紹介したファル3との相性は最高です。

ヒルバーグ タープ10XP

素晴らしいタープです。遮光性、8箇所のループを駆使して色々な張り方が楽しめます。ガイロープはデフォルトで接続されているため、設営も楽々。より軽量なULというモデルもあります。

なんだかんだタープは長方形が使いやすいなぁと感じます。

マットレス

サーマレストZライトソル

装備を最小限にしたい時、暖かい時期のキャンプに重宝します。クッション性が高く、断熱性は銀マットとは比べ物になりません。設置と撤収も一瞬でできるのでストレスはありません。設営や撤収の際に荷物を置くのにも重宝しますよ。多分買い替えながら一生使うでしょうね。

一番の魅力は設置の簡単さ。そして、エアーマットなどのように穴あきを心配しなくてよいのがいいです。

スノーピーク キャンピングマット2.5w

オートキャンプの時はこれ。寝心地が最高のマットレスです。6.2cmという極厚なので底冷えしらず。冬のキャンプでも大活躍です。一度バルブが故障しましたが、スノーピークに送ったら無料修理で戻ってきました。(さすがは永久保証!)収納袋が大きめに作られているので「スポッ」と入り全くストレスがないです。

過酷な自然との「いい関係」を作ってくれる道具です。

シュラフ

ナンガ オーロラ 600DX

永久保証でメイドインジャパンという最強シュラフ。ユーザーがチャックを噛んでしまい破れても修理してくれるそうです。なんといっても社長の理念が素晴らしくて「ダウンはごまかそうと思えばいくらでもごまかせる。だからこそ正直にいきたい」という言葉に心から感動しました。

よい道具にはよき作り手の想いがある!

チェア

ヘリノックス チェアワン

軽量でコンパクトなのに座り心地も良いという最強チェア。折りたたみチェアも良いが、こういったバックパックに収まる大きさで快適なチェアを作ることにより魅力を感じます。

あらゆる状況で携帯できるチェア。素晴らしい。

テーブル

スノーピーク オゼンライト

わずか270gしかないA4サイズのテーブル。使い勝手がよいだけでなく本当に美しい。どうしてこんなに素晴らしい製品を開発できるのだろう。そんなふうに思えるテーブルです。

お待たせいたしました。燕三条セットでございます。

ユニフレーム 焚き火テーブル

ステンレス製の天板を使用し耐荷重50kgという最強テーブル。テーブルの上で小さな焚き火も起こせる。高さは37cmでロースタイルに最適。荷物置きにも最高です。

さりげないサイドのウッドにセンスが光る!

ランタン

スノーピーク リトルランプノクターン

とてもシンプルな構造で、ガス缶をそのままランプにできるランタン。テーブルの上に設置するだけで温度があがったような気持ちになる。作り手の温もりを感じる素晴らしい道具です。

ノクターンがあると体感温度が少し上がる気がする。アーバンだけど、どこか温もりのある道具です。

スノーピーク BFランタン

コールマンにはない潔いシンプルなデザインが逆に素敵。ワンマントルで明るさは170W。ガスカートリッジを使用するので気軽に使える点がよいです。

BFlantern
よけいな飾り気はいらない。優れた道具とはそんなものでは?

フュアーハンドランタン

非常にやわらかなあかりが魅力的な灯油ランタン。そこそこ明るく燃費はよく、構造がシンプルで壊れない。ハリケーンランタンの別名のとおりどんなに風の強い日でも火が消えることはない。使ってみると100年以上も愛されている理由がよくわかる。オートキャンプには必ずもっていく道具です。

ノー・エレクトリックな灯りのスタンダード!

クーラーボックス

スノーピーク ハードロッククーラー

イエティと双璧をなすスノーピークのクーラーボックス。なんといっても保冷力とデザインが良い。圧倒的なウレタンの厚みが絶対的な安心感を与えてくれる道具。夏のキャンプには必ず持っていきます。

熊でも壊せないクーラーボックス。

バーナー

スノーピーク ヤエンストーブ ナギ

ごとくが風除けを兼ねていてウインドスクリーンを必要としないガスバーナー。ガス分離式のため安全性が高く、大きな鍋やスキレットも余裕でおける。最近はこれしか使っていない。

自然に直置きしたときの息をのむような美しさ。

コールマン スポーツスターⅡ

燃料にガソリンを使用するガソリンストーブ。デザインや構造がほとんど変わらず昔から愛されている。寒い中でも全く火力が落ちないので厳冬期のキャンプでは大活躍します。うまく表現できませんが、ガス式のバーナーとは違う「とても美しい炎」を出すストーブです。

アナログなガソリンストーブは荒野での友となる!

フライパン

ターク 26cm

150年以上変わらぬ製法で作られているドイツのフライパン。一枚の鉄板をハンマーで叩き成形していく。耐久性は半永久的。蓄熱性が高いので食材が本当に美味しくしあがります。食に対してポジティブな姿勢で望むことのできる、魔法のような道具です。

turk26
ヘビーデューティーな道具は人の心を落ち着かせる。

スキレット

LODGE スキレット 8インチ

スキレットといえば「LODGE」。テネシー州サウスピッツバーグで生まれ、120年以上の歴史をもつ。8インチはサイズ感が抜群でとても気に入っている。蓄熱性が高く食材を抜群に美味しく焼き上げることが可能です。スキレットを愛する人はみなロマンチックです。

ロッジは燃えさかる炎の上でこそ使いたい道具。

岩鋳 南部鉄 ファミリーパン 17cm

岩手の盛岡で作られているスキレット。水道水に含まれる塩素を除去する働きもあります。手のひらサイズのスキレットはとても使いやすい。バイクツーリングの時はこれを持っていくことが多いです。家では朝食作りに大活躍。

誇らしき、メイドイン・ジャパン!

クッカー

スノーピーク ヤエンクッカー

ULキャンプでは大活躍する。テフロン加工されたシンプルなフライパンはとても質感が高く便利。蓋を共有する鍋とセットになっているのでこれだけあればキャンプができます。

程よいサイズのシンプルなフライパンがとても使いやすい

スノーピーク チタン トレックコンボ

900mlと1400mlの鍋のセット。色々なクッカーを買ったがついこれを使ってしまう。チタンなので水ものに限定されるが、アルミやステンレスなどのように溶け出すことがないためとても安心して使用できる。蓋はフライパンにもなります。焚き火に燻されているときの美しさが好きですね。

クッカーには、煤とともに沢山の思い出が刻まれる。

スノーピーク ソロセットチタン

荷物を極力減らしたい時はこれ。バーナーパットをしけば1人用の炊飯ができ、パスタも茹でれる。お湯もわかせる。シンプルなチタンのクッカーは本当に美しいです。

最小限の道具でやりくりするのが楽しいのだ!

マグ

スノーピーク 雪峰

最も気に入っているのはスノーピークの雪峰。ダブルウォールのチタン製で暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たくキープすることができます。しかもチタンだから金属臭がつかないんですよね。中でも、H200とH300のサイズはとても美しく、手にした時の感覚が気に入っています。

自然の中でこそ、雪峰は輝く!

カトラリー

スノーピーク スクー

フォークとスプーンを両立させたチタン製のカトラリー。ステンレスを超える半永久ギアだけに、とても愛着がわく道具。ミニマムなキャンプではこれ一本で全てを済ませることもできる。本当によくできたカトラリーです。

スクーが1本あればほかには何にもいらない。

ボトル

ウォータータンク

ヒューナスドルフ 5L

ドイツのヒューナスドルフを愛用しています。ヒューナースドルフは1829年創業、ドイツの伝統的なメーカーです。キャンプではだいたい一人2〜3Lくらいの水が必要なので2人でちょうど良いサイズ。ソロだと安心して使えます。デザインの良いポリタンクってあまりないので貴重な存在です。

無骨なODカラーは自然にすんなりと溶けこんでくれる。

ウォーターボトル

ナルゲン オアシス トライタン 1L

手元には1Lのボトルを用意しておくととても便利です。愛用しているのはナルゲンのオアシスというモデル。高品質なプラスチックを使用していて、10Fの高さから落としても割れない、お湯を入れてもOKという素晴らしいボトルです。

形状が平たいのでとてもパッキングしやすい。

焚火台

スノーピーク 焚火台S

焚火台の元祖といえばスノーピーク製。なぜなら、スノーピークの焚火台は自然に対する「ロー・インパクト」なそれとして誕生したから。圧倒的な耐久性はいまだに他の追随を許しません。そして、3サイズある焚火台のなかでもSサイズの利便性はピカイチ。専用のグリル網も唯一ストレートタイプとなっていてとても洗いやすい。ソロキャンプもしくはDUOキャンプにオススメです。

スノーピークの焚火台には感動的なストーリーがある。だからいつまでも使い続ける。

ピコグリル398

スイスの超軽量焚き火台。スノーピークの焚火台を持っていけない時はこれを使用する。A4サイズの雑誌ほどに収まるので携帯性は抜群。ザックの隙間に放り込んでいけますよ。

軽量なのに、かなり本格的な焚き火をすることができる。

薪癒し亭 信州ナラ・クヌギの薪

通販で買ったものの中で一番よかった薪。ぎっしりと詰まった薪はどれも大きく重量感がある。火持ちもよくとても美しい薪。原材料となる樹がとても健康だったのだろうと思わせてくれます。もう何度もリピートしています。

良い薪は、切られてもなお美しい。

ライター

SOTO スライドガストーチ

いわゆるターボライター版の着火マン。最大の特徴はカセットガスから直接燃料を補充できるところ。よけいなアダプターなどはいらない。キャンプにはなくてはならない存在です。

Gas torch
使い捨てないライターこそ正義だ!

グレンスフォシュ ワイルドライフ

斧はインディペンデントな道具だ。石器時代から使われ、開拓時代を支えた道具には圧倒的なロマンがある。グレンスフォシュはスウェーデン王室御用達の最高級の斧。ワイルドライフは中でも「最初に揃える斧」といわれている。軽量で携帯性に優れた素晴らしい道具である。

開拓時代から、斧は自由の象徴だ!

ハスクバーナ 手斧38cm

安価なのに素晴らしい斧。38cmの長さは絶妙に使いやすく、市販の薪を割るには十分な破壊力がある。先に紹介したワイルドライフよりは少々重いです。

毛むくじゃらの男になりたい。

ノコギリ

シルキーポケットボーイ 170mm

シルキーは兵庫県で作られているとても切れ味のよい斧。ニュージーランドの園芸家の間では「よく切れる」と評判ののこぎり。170mmの長さは絶妙に使いやすい。これ以上短いと物足りないし、長すぎると耐久性が低くなる。

いろいろな長さがあるがこれが一番使いやすい。

ストーブ

スノーピーク タクード

スノーピークの傑作ストーブ。小型で15時間の燃焼時間。天板で煮炊きもできるというとても便利なストーブ。永久保証だから心配はないが、これは永遠に販売してほしい。

takudo
ストーブは煮炊きが楽しいのだ。

収納

JKM トランクカーゴ 50L

軽量で荷物がたくさん入り、頑丈で椅子にもなり、カッコいい、といいう完璧な収納ボックス。雨でも野ざらしにしておける安心感は素晴らしい。何個でも揃えておきたい。

優しく自然になじむコヨーテカラーがたまらない!

スノーピーク シェルフコンテナ25

インダストリアルなデザインでスノーピーク製というのがたまらない。薪や小物入れに重宝している。3段まで積み重ねることもできるので、オートキャンプの時はこれ。これはお気に入りの薪癒し亭の薪を詰め込んでいる様子。こういった時間に、とても幸せを感じる。

薪はキャンプの主役。カッコよく運びたいものだ!

まとめ

以上、おすすめのキャンプ用品の紹介でした。

実際のフィールドで試し本当に良いと思ったものだけを厳選して紹介させていただきました。みなさんの「ギア選び」の参考になればうれしいです。

道具の歴史は人間の進化の歴史。自然の中で暮らしていくためには良い道具が必要だったのです。

良い道具に囲まれるとなんだか嬉しい気持ちになるのは、人間の歴史を考えると当然なのかもしれません。

さあ、自然と「いい関係」を作りに出かけましょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA