本当に買ってよかった!おすすめのキャンプ道具を紹介します。

本当に買ってよかった。おすすめのキャンプ道具をまとめてみました。

どれも実際に使用しているからこそおすすめできる、素晴らしいキャンプ用品ばかりです。

テントとタープを組み合わせる

先日も寒空の中「キャンプ納め」に行ってきました。冬は結露があるので、リビングが必須です。テントは低いものが多いので、屋根を別に作っておくと非常に重宝します。テント側には170cmのポールを使ってスノーピークのペンタを張っています。

弱風であれば、真下で焚火をしても問題ありませんし、テントの出入り口と一体化したこのスタイルは、寝室への出入りが非常にスムーズなのでお気に入りです。

おすすめのスキレット

ロッジのスキレットも持っていますが、ソロの時は南部鉄器のスキレットがコンパクトで便利です。ソロキャンプに、朝の目玉焼きに、長年愛用しています。

キャンプの灯は優しさがキモ

スノーピーク ノクターンのやわらかな灯りがあるだけで雰囲気がガラリと変わります。(写真右手のテーブル上)これはスノーピークの最高傑作の一つだと思う。例えるなら温度感が10度くらい変わる感じ。

やわらかい炎の灯りは本当に落ち着きます。

炎がとても暖かい

夕食後は スノーピークの焚火台SバーゴのチタンヘキサゴンのWストーブでまったりと暖をとります。二方向から熱がやってくるので、めちゃ暖かいです。

そこにあるのは、「自然の音と焚き火の爆ぜる音だけ」

この世のパラダイスは今ココにあります。

夜がふけると、星達が会話をはじめました。

いくつになっても、こういう時間と感性を大切にしたい。

とても寒いけれど、楽しい夜を過ごせました。キャンプでの「夜の静けさ」や「炎のゆらめき」には 絶対的な魅力 があります。だから多くのキャンパーは冬でもキャンプに行くのでしょう。

現実の世界はとても複雑ですが、シンプルに自分が「何をして楽しむか」を明確にしておく必要があると思いました。

おすすめのキャンプ用品

無事にキャンプ納めも終わったので、おすすめのキャンプ用品を紹介します。私がモノ選びで心がけているのは、ずっと愛せるかどうか。価格で選ぶのではなく、デザイン・素材・機能・耐久性で選んでいます。

では紹介していきましょう。

スノーピーク アメニティドームS

アメニティードームS は、ソロキャンプにオススメしたいです。

スノーピーク製で「質がとても高いのに安価」という素晴らしいテントです。

最も素晴らしいのが、「インナーサイズ」です。220cm×150cm という大きさですが、これがソロキャンプには絶妙。(寝るスペースが横に二つ分あるくらいの大きさをイメージしてください)マットの横に荷物をおいても余裕で座るスペースもあり、もの凄く快適に過ごせます。

スノーピークのスタッフさんと話していても「なんだかんだアメドは使いやすい」「きれいな長方形がいいんだよねー」という声が多いんですよね。

色合いが玄人ぽくはないのが唯一残念なところかな?

スノーピークには、グレードの高いかっこいいテントは他にも沢山ありますが、ドーム型のテントにおいて、このサイズ感はアメドSにしかないものがあります。前室も広めなので、テント内でお湯を沸かしたりできるのも気に入っています。

スノーピーク フォールディングトーチ

スノーピークが作りし、究極の道具。

物理の法則を無視して強引に燃やす感じがカッコいいです。さしずめ、スティーブ・ジョブズの現実湾曲フィールド(目的達成の為に現実をねじ曲げるスティーブの言動のこと)のよう。

湿った薪もその業火の前には全くの無意味です。「ちょっと火力落ちたなー」という時に一瞬でリカバリしてしまいます。

デザインはまるで腕利き諜報員の選りすぐりの道具のようで男心をくすぐります。これを買ってからというもの、不満はひとつもなく、着火剤の類が不要になりました。

スノーピーク 焚火ツールポール

伝説の武具 オーディーンの槍「グングニル」みたいでめちゃくちゃカッコいいです。

焚き火周りの必須アイテムのうちの一つですが、姿形が美しすぎる・・おまけにオールステンレス製で錆びず、ハンマーで打ち込んでもびくともしない耐久性。

「カッコいいのに運動神経もいい」みたいな。

高いですが、廃盤にならないうちに絶対買っておいた方が良いです。将来的にもっと高くなると思います。

スノーピーク キャンピングマット2.5w

寝心地が最高です。厚みがあるので冬のキャンプでも大活躍。

一度バルブが故障しましたが、スノーピークに送ったら無料修理で戻ってきました。永久保証ですからね。敷く時はバルブを開けて放置すれば大体空気が入ります。しまう時はバルブと逆側から巻いていって最後にバルブを閉じるだけ。収納袋が大きめに作られているのでストレスがないです。

もう他のマットでは眠れない。これ最高ですよ。

ユニフレーム  焚き火テーブル

ベテランキャンパーは必ずと言ってよいほど持っている人気のテーブル。ユニフレームの最高傑作です。べらぼうに使い倒していますが全く劣化しません。

対荷重50kgでステンレス天板なので重いものを気にせず載せることができますし、机の上で「焚き火」しても大丈夫です。汚れても丸洗いできるから全然オッケー。私は4個持っていますが、メイン用とサブ用で2個くらいあると便利ですよ。

ロスコ メカニックツールバッグ

このバッグめちゃくちゃ便利です。バーナーとかエスビットとかガス缶とかをまとめているので、キャンプの時にさっと持ち出すことができます。小さめのボストンバッグのような形なので、非常に視認性が良く、中のものを取り出すのも簡単です。分厚い帆布製で耐久性が高いのもポイント。

これは絶対買いですよ!

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント

冬のキャンプでは本当にお世話になりました。ストーブ用の特殊な鋼材を使用したアタッチメントで、乗せるだけでシングルバーナーがストーブになってしまいます。素晴らしい商品です。

単純な構造なのにかなり暖かいです。今年の冬は本当にお世話になりました。

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

折りたたむとペラペラの板状になるウッドストーブ。チタン製だから丈夫、ラフに扱っても錆びません。テーブルの上で小さくした薪をくべればりっぱなストーブになりますし、調理もできます。本当に素晴らしい道具です。一生使うと思う。

グレンスフォシュブルークス ワイルドライフ

スウェーデン鋼を使用し、職人により丁寧に作られた斧です。

値は張りますが、他の安価な斧には醸し出せない絶対的なオーラがあります。ワイルドライフは片手でも両手でも使用できる絶妙なサイズ感が魅力。本革のカバーも非常に上質で満足度はめちゃくちゃ高いです。

グレンスフォシュブルークス 薪割り鎚

少し重いですが薪割りをするなら本当にオススメできる斧です。

破壊力抜群で、20cm~30cm 程度の丸太なら一発で割れます。451は、もともと大型薪割りである450のモデルを日本人の体形に合わせて別注したものになります。

これは絶対に買った方が良いです。

ソト(SOTO) スライドガスマッチ

これなんでいままで使ってこなかったんだろう。便利スギルます。もうこれ以外のライターは使えないです。かっこいいし、先が伸びるし、燃料がなくなったらCB缶から補充できるし、史上最高のライター。

スノーピーク シェルフコンテナ 25

サイズは25と50がありますが、重さを考えるとこの25の大きさがおすすめ。このコンテナに薪を詰めていくとちょうど使い切る感じになります。これがあるだけでサイトがお洒落になるし、キャンプが凄く楽しくなります。3つ買いました。これも一生モノかな。

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L

元々薬品の輸送用に開発されたボトルだけあって絶対に漏れない。そして頑丈。

いままで散々使ってきて、漏れたり不満に思ったことがないのが一度もないです。

500mlも持っていますが、1Lのサイズが一番使い勝手が良いです。サイズも重さも、全てがちょうどいいんですよね。

EPI(イーピーアイ) ウインドスクリーン

このウインドスクリーンは超おすすめです。

ステンレス製で頑丈。パッとひらくだけで頼りになるスクリーンになります。風除けの効果は抜群。どっしりとしてめちゃくちゃ安心感があります。車で移動される方はこれ一択で良いと思います。テーブル上のストーブの反射板としても使えるので本当に便利です。

シルキー ポケットボーイ 万能目 170mm

ニュージーランドの園芸家の間で有名な日本製のこぎりです。キャンプ用にのこぎり買うならこれにした方が良いですよ。色々な長さがありますが、この170mmのものが使い勝手が良いです。切れ味は抜群で折りたためるのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

シルキー ゴムボーイ 万能目 240mm

この240mmは超オススメ。薪を現地調達するにはある程度長さがないとダメです。ノコギリというのは、長い方が圧倒的に楽です。この長さはめちゃ使いやすいです。

スノーピーク リトルランプ ノクターン

テーブルの上で点灯すると柔らかく上品な灯りが周囲を照らしてくれます。非常にロマンチックな道具。構造が非常に単純なので壊れることもなさそうです。ガスさえあればいつでも炎の灯りを楽しめるというのが素晴らしい。名品だと思います。

南部鉄 ファミリーパン 17cm

南部鉄器のスキレットです。小型なのでソロでキャンプする時にすごく役に立っています。

鉄製のスキレットって焚き火にもガンガン突っ込めるし、焦げても焼き切ってしまえば良いし、ラフに使えるのでキャンプには最適。必ず持って行きます。大きさの違うものをいくつか持っていると人数に応じて使い分けられるので良いですよー。

ロジック8インチ スキレット フライパン

ロッジの超有名なスキレットです。アメリカ製。8インチのサイズが絶妙で使い勝手が良いです。インテリアにもなるくらい雰囲気が良いので満足しています。

ちなみに、、専用のふたは絶対買った方が良いですよ。肉をジューシーに焼くことができますし、目玉焼きなどにも活躍します。そして凄くインスタ映えします!

turk ターク クラシックフライパン

ドイツで150年もの間、変わらぬ製法で作られているという一枚板から作られたクラッシックフライパンです。美しく、重厚感があり、食材美味しく調理することができます。

「究極のキャンプ道具のひとつ」を手にいれた気がする。

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチスタンド

地味な道具ですが、使うとその素晴らしさが分かります。7mmのステンレス棒で作られているので、錆びず、重いフライパンや鍋でも置くことができます。ちなみに、この上に金属のバットを置くと机上で焚火をすることができます。(机の上に熱が伝わらないので安心して焚火ができます。)

スノーピーク(snow peak) トレックチタンプレート

スノーピークの超軽量なお皿です。チタン製ので熱伝導率が低いから熱くなりにくいです。そして、スタッキングができるので持ち運びも楽々。

私はこれを12枚所有していますが、大量に持っていって紙皿のように使い、家に帰ってから食洗機に入れるという流れが非常に楽で良いです。2018年では廃盤となっていたので、入手する最後のチャンスです。

スノーピーク(snow peak) チタンシェラカップ

色々使ってきた中でたどり着いたのが、スノーピーク製のシェラカップです。チタン製で軽く、錆びることもないので一生使えます。目盛りがついているので炊飯時などに便利。シェラカップについてはこれ以上のものが作れる気がしませんね。間違いないですよ。

スノーピーク(snow peak) タクードストーブ

スノーピークから発売されているコンパクトタイプのストーブ。電源が入らないのでどんなところにも持っていけるのが嬉しいです。タンク容量は3.1L、連続燃焼時間は15時間です。金属の塊のような外見がとても美しく、道具としての存在感は神のようです。本当に買ってよかった。

キャンプだけでなく家でも使用していて、毎朝タクードに火入れをする儀式がとても好きです。

ファイヤーサイド ファイヤーブラスター FB1

いわゆる「火吹き棒」なのですが、「聖なる伝説の武器」みたいでカッコ良いです。火起こしの際や、炎が消えかけたときに魔法のようにリカバリすることができます。構造がシンプルなだけにずっと使うことができますし、少し汚れてくると余計カッコ良いです。絶対にオススメできる道具です。

まとめ

優れたキャンプ道具はキャンプを楽しくしてくれます。

自然の中で使うものですから、なによりも耐久性があり、長く使えるものを選びたいですね。多くのキャンパーに愛されているということは、その道具がそれだけ優れているということです。

迷った時は、「定番品」を選ぶと間違いがないと思いますよ。

少しでも参考になれば幸いです。

【2018年版】おすすめのキャンプ用品 総まとめ!

2018.12.01

やはり、冬のソロキャンプは最高!solo×niwa

2018.02.11

『冬のソロキャンプ 』 暖房とおすすめのキャンプ道具

2017.11.23




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA