秋キャンプにいこう!絶対に楽しい理由&あると便利なもの

画像:プジョーでキャンプ

こんにちわ、@ソロニワです。

さわやかで澄んだ空気、美しい紅葉においしい味覚。キャンパーにとって、秋は一年で一番楽しい季節です。

本格的な秋にむけて、秋キャンプがおすすめな理由と、注意すべきこと、用意しておきたいキャンプ道具をまとめてみました。

さあ、秋キャンプにいきましょう!

秋のキャンプが絶対に楽しい理由

清涼な気候

秋は気温と湿度が下がり、とても心地よいです。夏に汗だくで行なっていた「設営」や「薪割り」は、楽しいアクティビティに変わります。

キャンプ場への道中もまた最高です。窓をあければ爽やかな風が吹き込み、大自然の冷房を存分に味わうとこができます。

そんな感覚は秋にしか味わうことができません。

良い気候は人間関係も良好にしてくれます。これほど気持ちの良い季節に、外で遊ばない理由はありません。

焚き火で秋の夜長を過ごす

秋の夜長には美しい月でもながめながら、焚き火をするのが最高です。

夏と違い夜の気温が低いので焚き火が心地よいのです。秋は焚き火を心から楽しむことができます。

食欲の秋

食欲の秋といわれるように、秋にはおいしい食材がたくさんあります。鮭・キノコ・サツマイモ・栗。どれもキャンプで調理するのに適したものばかりです。秋は野外で美味しいものを食べながらみんなで盛り上がりましょう。

鮭

空いているキャンプ場

夏は子連れのファミリーで大混雑するキャンプ場ですが、秋は比較的すいています。混んでいてタープが張れないなんてことはありません。シャワーの時間も気にしなくてもよいのです。キャンプを心から楽しむためには、空いているというのは本当に重要なポイントです。

虫が少ない

虫が少ないというのもポイント。蚊になやまされることもなく、夕方から夜にかけては、心地よい「秋の虫の音」をたのしむことができます。他の季節にはない贅沢な夜をたのしみましょう。

秋のキャンプで注意すること

画像:GreenField

朝晩の気温差

秋は昼間の気温は比較的高く、朝晩の気温はかなり低くなります。そのため、服装やシュラフ、暖房などに気を使う必要があります。秋キャンプでは軽い薄めのダウンや、冬でも使えるシュラフを用意しておくとよいでしょう。

夜露がある

夏のキャンプしかしないかたには経験がないかもしれませんが、秋のキャンプでは夜露に気をつける必要があります。とはいえ対策は簡単。夜になったら荷物は「屋根の下」に入れましょう。小さめのタープをひとつ用意しておくと万全です。

あると便利なキャンプ道具

焚火台

秋にはおもいきり焚き火を楽しみましょう。暖かいだけでなく、夜の明かりにもなります。選ぶのであればスノーピークのものが絶対におすすめ。間違いないです。

スノーピークの焚火台についての記事はこちら。「焚火台」を買うなら絶対にスノーピーク

暖かい寝袋

秋のキャンプには暖かい寝袋が必要です。なんでもよいですが、冬でも使えるような暖かいタイプをえらびましょう。夏と同じではだめですよ。

永久保証で日本製の「ナンガ」は間違いのない選択です。チャックを引っ掛けて、生地に穴が空いてしまっても修理してくれます。とくに山渓さんとのコラボモデル、オールブラックは通常より安価で同性能。そしてかっこいいですよ。

ストーブ

ストーブがあれば、より快適なキャンプをすることができます。電源の有無・テントの大きさや人数で使い分けましょう。

一番おすすめしたいのはスノーピークのタクードです。高さが控えめなので積載しやすく、15時間の連続燃焼が可能です。一般的なツールームテントであればすごく暖かくなりますよ。

タクードストーブについての記事はこちら。

スノーピークのタクードストーブを買ってみた

電源サイトの場合はセラミックヒーターがおすすめ

電源が使えるサイトであればぜひ利用したいので「空気を汚さない」セラミックファンヒーターです。小型で出力の大きいものがおすすめです。 iSiLERのファンヒーターは小型で1200W。おすすめです。

小さめのタープ

秋の夜露から大切な荷物をまもりましょう。おすすめなのはコンパクトになる小さめのタープです。ヒルバーグのタープ10は3m×3.5mの長方形のタープです。

荷物を守るのはもちろん、小型のテントならタープ下に設置することもできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA