「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプハック キャンプ道具

焚き火を教える|「子供用 火起こしセット」のススメ

投稿日:2018年1月7日 更新日:

こんばんわ、soloniwaです。

息子がキャンプに興味を持ち始めたので、ちゃんと教育をしようと思っています。ということで、早速「子供用の火起こしセット」を作りました。

子供用火起こしセット

  • 麻紐の火口
  • 小さい薪
  • 中くらいの薪
  • 大きい薪

たったこれだけです。

この材料をこじんまりと井型に組み上げることで一度の着火で火起こしが可能です。今回は良質の広葉樹の薪を使用していますが、自信のない方は針葉樹の薪を使用することで、より火付きがよくなりますよ。(針葉樹は火持ちは悪いが、火付きがとても良いんです)

 

道具はこれだけ

グレンシュフォシュ・ブルークス ワイルドライフ

北欧で100年以上の伝統がある名斧です。職人が丁寧にひとつひとつ手作りしている斧は確かな品質と機能性を合わせ持つ鍛鉄の芸術品。日常的に使用するものですからどうせなら良いものを長く使いたいところです。このグレンシュフォシュ・ブルークスの ワイルドライフ は本当にオススメ。絶妙な大きさで、片手でも両手でも振り下ろせますよ。

高儀 X-BEAM 替刃式 折込鋸 コンパクト

根強い人気のあるコンパクトノコギリです。携帯性も抜群で子供も使いやすいサイズ。そしてコスパが素晴らしいです。切れ味も非常に良いのですが、日本の「燕三条」で作られているという事実に納得です。

小さめの井桁型がオススメ

こんな風に焚き火台の上で組んでいきます。炭床(焚き火台に敷いてある格子状のもの)を用意してあげるとより組みやすくて良いです。(写真んではスノーピークの炭床Sを使用しています)

初めての火起こしは必ず成功の体験をさせたいもの。最初に教えるのであれば、間違いなく成功する「井桁型」が良いと思います。小さく細い薪で組み込んだら、30〜50cmほどの麻ひもをほぐし、まるめて中央に置きます。この麻ひもにライターで着火し、あとは待つだけです。

よほど湿った薪でない限りは成功すると思います。ちなみに、息子はこの作業が凄く楽しかったみたいです。

井桁型とは?

キャンプファイヤーの薪の組み方を覚えていますか?「井桁型」は最もオーソドックスな組み方になります。名前の通り、木を縦横に組んで漢字の「井」の形に組んでいく組み方です。空気の通り道が均一にでき、構造全体が燃えるので、火力も強く、大きな火柱ができるのが特徴です。

井桁型を2つ作るのがコツ

コツは「小さい井桁型」の周りに独立した「大きい井桁型」を組むこと。完全に別の井桁形が分離しているように組むことで、より多くの空気の通り道ができ、激しく燃え上がります。

「火口となる麻ひも」→「小さい井桁型」→「大きい井桁型」と順に火が育っていくことで自動的に火が育っていくのです。手間は薪を組み込む最初だけ。火口となる麻ひもが火をつけるのは「小さい井桁型」です。ここに熱量を集中させることで、「小さい井桁型」が安定して燃え、「大きい井桁型」の着火剤となるのです。

これは本当にオススメですよ。

一発着火で大成功

着火してしばらくすると火柱があがり、無事にお湯をわかすことが出来ました。

ちなみに、下の写真でクッカーがのっているのは、スノーピークの焚き火台Mグリルブリッジです。本来の使い方とは違いますが、こんな風に置くことで、非常に安定したごとくになりました。しかも薪の追加も非常にしやすかったです。

※本来は網を支え、火からの距離を調整する道具です。網を忘れて困った結果こうなりました(笑)

余談:よく考えたら「麻ひも」最高ですね。

ちなみに、麻ひも、久々に火口に使いましたがやっぱり素晴らしいですね。安価だし火付きも申し分ない。そしてビジュアル的にもナチュラルなので気分が良いです。最高でした。

これを車に放り込んでおけばいつでも焚き火できますね。数十センチあれば良いので、これだけあれば、200〜300回くらい着火できそうです(笑)コスパ最強。

 

この後は薪割りの講習とテントの立て方を実践して1日が終わりました。子供の成長を見守るのは本当に幸せな気持ちになりますね。

キャンプが初めての子供には出来るだけ「分かりやすいセット」にしてあげると、キャンプのハードルを下げることができるかもしれません。簡単な説明書をつけてあげるのも楽しいかもしれませんね。

参考になれば幸いです。

 

今回使用したもの

NASKA (ナスカ企画) 麻ひもインディコ 毛糸 100m A-1/1

 

信州ナラ・クヌギの薪 容量50L 約長さ約35cm 25kg

snow peak(スノーピーク) 焚火台 M [3~4人用]

スノーピーク(snow peak) 焚火台 M グリルブリッジ ST-033GBR

 

スノーピークの焚火台が選ばれる理由は?大きさ別の活用シーン – solo×niwa







-キャンプハック, キャンプ道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

uniflame-makigrill-review

ユニフレームの 「薪グリル 」を買ってみた|レビュー|UNIFLAME Maki Grill Review

ユニフレームの 薪グリル を買いました。本当に素晴らしい商品で感動したので、徹底してレビューをさせていただきます。 薪グリルは、ユニフレームから販売されているグリルです。大きさは41cm×30cm、高 …

レトロ感がたまらない♪ トヨトミの石油ストーブ ミラノレッド(限定色)が可愛すぎる。

今日は灯油を買ってきました。タンクに2つ分。ついでに常設型の電動式ポンプもゲットしたので冬仕度はバッチリです。 で、ストーブを色々物色していると、あるじゃないですか。。 ちょっとレトロなかわいいやつ。 …

本当に買ってよかった|オススメのキャンプ用品・キャンプ道具はこれだ!

こんにちわ、ソロニワです。 今日はオススメのキャンプ用品について書きます。 先日は寒空の中、キャンプ納めに行ってきました。今年もキャンプをしている時が一番幸せを感じることができた気がします。私にとって …

そら豆の煮方|シンプルだけど超美味い「黄金レシピ」

そら豆の煮方について 今日はそら豆をいただきました。 もらった理由 =「もう剥けねー」 20kgの紙袋が2個くらいあって「もう剥けねー」というのが理由のようでした。理由が率直すぎて好きです(笑)なので …

レビュー|スノーピークのペンタシールドはソロキャンプに最高だった。

スノーピークの「ライトタープペンタシールド」は、ポール一本で設営ができる本当に気軽なタープです。 変形五角形の独特な形で張り姿も非常に美しいです。最大で横に4mの大きさをカバーでき、軽量で気軽に張れる …