asobito(アソビト) の 「スキレットケース」を買ったらストレスがなくなった!

 

「スキレットのケース」を買ったら ストレスが減りました!

 

「asobito」(アソビト) の 防水帆布ケースを買いました。ずっと悩んでいた「スキレット」の持ち運び問題が解決されたので、本当に快適になりました。

 

「asobito」(アソビト) の 防水帆布ケース

防水加工が施された9号帆布の生地は、単に「丈夫」なだけでなく、素材の雰囲気がとても良いです。落ち着いたオリーブの色合いは自然に溶け込み、汚れが目立つこともありません。そして、何より使い込むほどに味が出るケースの数々には、まるでジーンズのような愛着を感じます。

 

asobito」(アソビト) とは?

スタンレーなどの有名キャンプギアを輸入代理販売している「株式会社ビックウイング」が展開しているブランドです。9号の防水帆布生地を用いたケースは「もの遊び」+「外」というテーマから生まれました。「耐久性が高いだけではつまらない」そんな考えをもとに、優れたキャンプギア用ケースを製造・販売しています。

 

スキレットのケースはオススメ

 

今回購入したのは「asobito」(アソビト)の 6.5インチ スキレットケースです。9号の帆布を使用していて丈夫なのはもちろん、経年劣化による「味」を楽しむこともできます。

 

スキレットケースは2種類のみ

スキレットケースとしてはこの6.5インチ用・10インチ用の2種類が発売されています。私が愛用しているロッジの8インチのスキレットケースのサイズはありません。

 

8インチのスキレットには6.5インチ用が使える

ロッジの8インチには6.5インチ用を流用することができます。実際には持ち手が少しはみ出てしまうんですが、本体はぴったりと収まるため、持ち運びにはなんの問題も感じていません。むしろ隙間がなく「ぴったり」で安心感があります。

 

 

スキレットケースを導入した流れ

 

ロッジの8インチスキレットが大好き

ずっと愛用しているロッジの 8インチスキレットです。ステーキを焼いたり、焼肉をしたり、カレーを温めたり、蒸し物をしたり、私のアウトドアライフはこいつと共にあります。これからも一生使い続けようと思っています。

 

 

大好きだけど、不満もあった

ロッジのスキレットのことは大好きでしたが、持ち運びには不満もありました。

  • 重くてかさばるので収納に困る
  • 箱に入れるとデッドスペースが生まれる
  • 車で走っているうちに蓋がずれる
  • 割れそうでヒヤヒヤする
  • 焚き火で汚れたスキレットの持ち帰りに困る

※こんな感じで「ぐしゃーー」となります。キャンプ場などの「荒れた路面」ではヒヤヒヤです。

 

asobitoのケースが解決してくれた

これまでの不満を一気に解決してくれたのが「asobito」(アソビト)の 6.5インチ スキレットケースでした。3千円ちょっとの課金でこれからずっと快適に過ごせるなら費用対効果は抜群でしょう。もはや、「タダみたいなもの」です。

ケースに入っているので、蓋がずれるのも気にならず、車の隙間に突っ込んでいけるようになりました。蓋がずれて割れるという心配もなくなり、焚き火で真っ黒になったスキレットはそのままケースに入れられるので、他の荷物を「煤で汚してしまう」心配もなくなりました。

その製品にあったケースというのは本当に良いものですね。今回の件でもっともっと「ケース」には課金していこうと思いました。

「asobito」(アソビト)のケース、超オススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA