「人はどうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えた ”キャンプブログ” です。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 スノーピーク

スノーピークのテント「アメニティドーム M」「S」が優秀すぎる!!

投稿日:2017年5月7日 更新日:

スノーピークのテント「アメニティドーム」

カーキに赤いラインが特徴的なスノーピークのテント。色々なキャンプ場で必ずといっていいほど張られているので、スノーピークを知らないという人でもおそらく一度は目にしたことがあると思います。そしてスノーピークが作る製品はその全てがラグジュアリーでハイエンド。

仮説と検証を徹底的に繰り返した結果生まれた、非常にクオリティの高い製品の数々は登山家やキャンパーからの支持が厚く、そのオーバースペックともいえるキャンプ用品は多くのキャンパーを魅了し、同ブランドを愛するキャンパーは「ピーカー」とも呼ばれるほど。

その素晴らしさはテントも例外ではありません。社長自ら年間60泊はするという徹底的したユーザー目線と、良質の素材をおしみなく使用した良質なテントは、そのテントを使用するキャンパーに至福の時間をもたらしてくれます。

その中でも特に人気が高く、「超入門用」ともいえるのがこちらです。
4人以上のファミキャンなどではこれ一択でも良いかもしれません。

 

スノーピーク テント アメニティドームM [5人用]

シートとマットはお値段もしますが、長く使うテントですから、快適に過ごすためには必須です。

スノーピーク(snow peak) アメニティドーム マット・シートセット SET-021

通称「アメド」と呼ばれるこのテントはスノーピークを代表する製品のひとつ。

 

はっきり言わせていただきます。
このテントを買えばまず間違いはないです。

 

その位よくできたテントで、数あるスノーピーク製品の中では非常にお求めやすい価格となっています。
ラグジュアリーでハイエンド。初心者には手が届かないイメージが強いスノーピーク製品ですが、まずはここから初めてみてもよいのではないでしょうか。

 

ソロやDUOキャンプにはこちらの「S」もおすすめですよ!機能的に十分なのはもちろん。
設置した時の満足感、そして見た目のサイズ感が凄く良い。入り口をポールで跳ね上げた時に凄く快適なリビングができるんですよね。ソロだとこの空間が本当に心地よい。

機能的には「M」があれば十分なのですが、やはり「S」も欲しくなるんですよ。。バックパックやバイクキャンプであれば最低限の広さで最軽量のソロ用テントを選びたいところですが、車で行く場合はソロとはいえ少し贅沢をしたい。私もソロキャンプが好きなのですが、やはり一人用では窮屈なんです。寝返りもほぼ打てませんし。。

そんな時におすすめなのが、この「S」です。自分が寝るスペースと荷物を置くスペースも贅沢に使えるので本当に重宝します。室内のボトムも 220cm × 160cm と本当に広々と使えるので、快適過ぎます。これを使用してからは他の1人用テントの出番がなくなってしまいました。

スノーピーク テント アメニティドームS [3人用]

シートとマットは必須です。

スノーピーク テントシート アメニティドームS マットシートセット

 

以下、公式サイトより↓ アメニティドーム M の詳細です。

ワイドな前室スペース_002

ワイドな前室スペース

変形五角形の前室は、ラゲッジスペースになり、濡らしたくないギアや荷物を余裕で置くことができます。リビングとしても使えます。

大型サイドパネル

大型サイドパネル

フロントパネルを閉じて横からの出入りも楽にできます。出入口としてだけでなく、室内と前室のベンチレーターとしても機能します。

適切な換気コントロール_004

適切な換気コントロール

フライシート後部にベンチレーターを1箇所装備しています。結露を軽減する重要な機能です。

大型Dタイプ入口パネル_005

大型Dタイプ入口パネル

インナーテントのメイン出入口パネルは大型Dパネルです。楽々出入りすることができます。

便利なメッシュポケット

インナーテントの正面入口に近い側面に便利なメッシュポケットを設けています。

通気性を重視したインナーテント_007

通気性を重視したインナーテント

前室と後室の出入口パネルを開放している状態。


インナーテントルーフにメッシュパーツ_008

インナーテントルーフにメッシュパーツ

出入口パネルだけでなく、アメニティドーム、アメニティドームS共に、インナーテントの天井部にはファスナーの開閉でメッシュパネルが現れるようデザインされています。通気性に優れ換気を促してインナーテント内を常にフレッシュに保ちます。

アメニティドームシリーズ_009

ボストンタイプと軽量タイプの収納バッグ

アメニティドームの収納バッグはフレームの長さや重量を考慮したボストンタイプ(左)。Sは軽量タイプの収納バッグ(右)を採用しています。

 

きっと至福のキャンプ体験をしていただけると思いますよ。

ではまた。

 







-キャンプ道具, スノーピーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

coolerbox

「クーラーボックス」のオススメは?|キャンプブログ|ソロニワ

​こんにちわ、ソロニワです。 キャンプ=「クーラーボックス」 暖かくなってくると気になり始めますよね。キャンプでは、基本一日以上は自然の中で過ごすわけですから、飲み物を冷たい状態に保ったり、食材を劣化 …

uniflame-makigrill-review

ユニフレームの 「薪グリル 」を買ってみた|レビュー|UNIFLAME Maki Grill Review

ユニフレームの 薪グリル を買いました。本当に素晴らしい商品で感動したので、徹底してレビューをさせていただきます。 薪グリルは、ユニフレームから販売されているグリルです。大きさは41cm×30cm、高 …

トランギアが好き

私の愛すべきトランギア製品ですw 「トランギアが好き」 そう、タイトルどおりです(笑) 好きなアウトドアメーカーはたくさんありますが。トランギアの製品はツボることが多いですね。 一言でいうとこれです。 …

キャンプ × のこぎり ≒ シルキーポケットボーイ

シルキーポケットボーイ(ゴムボーイ)ってご存知ですか? 日本製で、兵庫県小野市というところで生産されている折りたたみ式のノコギリになります。このノコギリが、なんとニュージーランドの園芸家の間では「よく …

一度生産中止になった、隠れた名品!|Lotus(ロータス) アルミポット

今日のおすすめのキャンプ用品はこれです。 これは、一度生産中止になった、隠れた名品なんです!   Lotus(ロータス) アルミポット   完全にソロ向けの製品ですので、ファミリー …