solo×niwa(ソロニワ) とは? どうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えたアウトドアブログです。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプハック キャンプ道具

冬キャンプに「カンティーン湯たんぽ」のススメ-Clean Kanteen

投稿日:2017年11月22日 更新日:

今日ご紹介するのはカンティーンのステンレスボトルです。これを湯たんぽにします。

カンティーンというのは、カリフォルニア発の高品質ステンレスボトルのメーカーです。非常に高品質で衛生的な水筒なのですが、真空断熱ではないので、保温力はなく熱いお湯と冷えた飲み物は長持ちしません。

でも、「カンティーンカッコいいしどうしても一年中使いたい」→ 「じゃあ、マイナスをプラスにしよう」という流れで、今回はその「保温力がない」というのを逆手にとり「湯たんぽ」として使用してみました。

カバーには100均のボトルカバーを使用しています。

普通に一晩暖かいですし、通常の湯たんぽと違い「水切れが良く」、「直火で温めることもできる」というメリットもありますので、ぜひ試してみて下さい。


ダイソーで購入したボトルカバーです。そのうち気に入ったカバーを見つけようと思っています。ちなみに、MAKE MY DAY は気にしないでください。


こんな感じでボトルカバーにおさまります。なのでMAKE MY DAY は気にしないでください。

本体は熱々になるのでタオルとかで触ってくださいね。持つ時は上のフックの部分をもつと良いですよ。このフックがまた頑丈で素晴らしいです。

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルリフレクト 18oz ブラッシュ 19320016015005

 

カンティーン湯たんぽの素晴らしい点

水筒を利用するためモノが増えない

カンティーンは水筒です。冬以外には水筒として使用し、冬には湯たんぽとして利用すれば一年中活用することができます。二つの機能を一つのものに持たせることになるので余分なものが増えません。

水切れの良さが圧倒的

通常の湯たんぽで問題となりやすいのが、構造的に「水切れが悪い」ということ。こちらはボトルタイプのためその心配は無用です。水切れが良く、食洗器で洗うこともできるので、非常に衛生的に使用することができます。広口なので内部の汚れも一目瞭然です。

直火であたためなおすこともできる

裏技かもしれませんが、ステンレス製で断熱材を使用していないため直火であたためることができます。(ふたは必ず開けてください)私はテント内でストーブの上にこのボトルを置き、沸騰するまであたためてから寝袋に入れています。熱源はストーブなので非常にエコですし、ストレスがありません。

朝は洗顔に使える。

一晩使用した後、朝には40℃程度のぬるま湯になっているのでこのお湯で洗顔することができます。これはなんだか凄く満足感がありますよ。朝起きた瞬間にお湯が手元にあるわけです。

キャンプでは起床後すぐに前室とかでお湯洗顔ができるのでちょっと感動的。これぞエコですね。

カンティーンのボトルってデザイン性が非常に高く、衛生的で素晴らしいのですが「冬に出番がないなー」と思っていたんです。道具というのは「日常的に使ってこそ価値がある」と思っているので今回の発見は嬉しかったです。

カンティーンをお持ちの方はぜひお試しあれ。

みなさまのアウトドアライフが充実したものとなりますように。

ではまた。

今回紹介したもの

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルリフレクト 18oz ブラッシュ 19320016015005

Amazon楽天市場







-キャンプハック, キャンプ道具
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テントファクトリー キャリーワゴン オールランド ワゴンはコスパ最高!色も良いです。

今日のおすすめのキャンプ用品はこれ。 テントファクトリー オールランド ワゴンです。 どうしてこのキャリーワゴンが必要なのか?キャンプ場には大抵の場合台車が用意されていますが、フリーサイトなどへ荷物を …

「チタンの道具で静かに過ごす」至福のコーヒータイム ♪

今日はお気に入りの隠れ家にて読書。 チタンの道具と共に、至福のコーヒータイムです。 今日は読書をするため静かに過ごしたかったので、音の大きなバーナーは使いません。 バーゴのチタンウッドストーブとエバニ …

【第3弾】やはり10分が最強? メスティンを使用した燻製の作り方

メスティンで燻製シリーズ第3弾です。※チーズ美味しかったランキングあり♪ なぜやるのか 先日の第2弾では5分でエスビットを使用して燻製を作りました。反省点としては パック燃料の火力が強すぎて少し焦げ臭 …

バーベキュー|放置で火おこし!炭火の起こし方を極めよう。

キャンプをする人にとって、焚き火とバーベキューは外せないものですよね。 そして逃れることができないのが「火おこし」です。大げさかもしれませんが、「火おこし」が上手くできるかどうかでそのキャンプが楽しい …

冬キャンプ ×「薪ストーブ」は新しい火遊びの形だと思う。

今日は薪ストーブについて。一瞬、「大変そう!」と思いましたか? 体験したことのない人にとっては遠い世界のことのように思えるかもしれませんが、家ではなくキャンプで始めるなら意外とハードルは低いです。なぜ …