solo×niwa(ソロニワ) とは? どうすれば幸せに暮らしていけるのか」を考えたアウトドアブログです。 幸せに暮らすためにはキャンプ道具がどうしても必要だったので、キャンプ道具やキャンプハックを中心にブログを書いています。

キャンプ道具 スノーピーク

キャンプに極上のベッドルームを|スノーピーク の テント おすすめ-Snow peak

投稿日:2017年8月18日 更新日:

スノーピーク(Snow peak)のテント


画像:snow peak

 

キャンプサイトで一際目を惹くスノーピークのテント達。スノーピークのテントは妥協を許さないモノづくりの姿勢をベースに、徹底したフィールドテストから生み出されています。なぜなら「テントは1日遊んで疲れた身体を休息させる快適なベッドルームでなければならない」と、スノーピークは考えているから。

実際に使用していると、雨の日にも全く不安を感じなかったり、ポールの色分けで設営がし易かったり、インナーのジッパーが締め易かったり、数えればキリがありませんが、細部にも品質の良さを感じることがあります。これはやはりモノづくりの基本となる考え方がしっかりとしているからなのでしょう。ちなみに各パーツに必要なスペックを徹底的に検証し、フィールドテストの上、生地の種類や厚さなどを決定しているそうです。

高価なイメージのあるスノーピークのテントですが、ビギナーからエキスパートまで色々な種類のテントが用意されていますので、初心者から上級者まで、どんなキャンパーにもきっと満足いただけることでしょう。

1. エントリーモデル|アメニティドームM(5人用)

「初めてのキャンプでこそ最高の体験をして欲しい」と考えるスノーピークはエントリーモデルにも惜しみなく高品質な素材を使用し、価格は控えめに設定しています。非常にお求め安い価格で、スノーピークのテントの良さを感じられる超有名モデル、それがアメニティドームなんです。通称「アメド」キャンパーなら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。設営の際にユーザーが迷わないように色分けされたフレームや、出入りし易いサイドパネルなど随所に工夫を感じることができます。正直テント選びで迷ったらこれを購入しておけばまず間違いはありませんよ。グループでのキャンプにも使用できる余裕をもった大きさです。

 


画像:snow peak

サイズについて

S・M・L の3種類があります。最もスタンダードなMの寝室サイズは270×270×150(h)cm(室内)となり、最大で大人2人+子供3人の5人が就寝することができます。

インナーサイズと就寝可能人数

アメニティドーム S:220×150×120(h)cm(室内)(大人2人+子供1人)

アメニティドームM:270×270×150(h)cm(室内)(大人2人+子供3人)

アメニティドーム L:300×300×165(h)cm(室内)(大人4人+子供2人)

スノーピーク テント アメニティドームM [5人用]

2. スタンダードモデル|ランドブリーズ(4人用)

スノーピークのスタンダードモデル、ランドブリーズです。色は濃いめのベージュで、高級感のある仕上がりになっています。対象としては中級者向け。三ツ又フレーム+魚座型の新フレーム構造で、 居住性と使い勝手を両立しています。大型の後室パネルとマッドスカートを備え、室温の管理性能が向上。前後のメッシュで風通しを良くすることができ、マッドスカートが春先や秋口の冷え込みを軽減してくれます。キャンプをしっかりと楽しめるようになり高機能を求めるようになってくると、必然的にこちらのスタンダードモデルが候補になると思います。


画像:snow peak

サイズについて

2人用4人用6人用の3種類があります。最もスタンダードな4人用の寝室サイズは260×220cmとなり、最大で大人2人+子供2人の4人が就寝することができます。荷物などをおいて広めに使用するには3人以下の使用がおすすめです。

インナーサイズと就寝可能人数

ランドブリーズ2:260×120〜165(変形)×127(h)cm(室内)(大人2人)

ランドブリーズ4:260×220×132(h)cm(室内)(大人2人+子供2人)

ランドブリーズ6:300×300×162(h)cm(室内)(大人4人+子供2人)

スノーピーク テント ランドブリーズ4 [4人用]

3. Proモデル|ドックドーム(6人用)

スノーピークテントの最高峰、Proモデルです。その素材とスペックの全てが最高峰。経験豊かな玄人キャンパーの期待にもしっかりと答えてくれます。

アウトフレーム構造の斬新なデザインが特徴的。フライシート上部には4つのクリアパネルがあり、採光窓として室内を明るく照らします。フルメッシュにした時の開放感は他の追随を許しません。冷気を遮断するマッドスカートや、雨の侵入を軽減するひさしが付いている点などはさすがに最高峰のPro仕様です。下の室内画像のように超快適なリビングとしても仕様できます。その圧倒的な明るさと開放感が十分伝わると思います。ランドブリーズ4との連結も楽しめますよ。


画像:snow peak

インナーサイズと就寝可能人数

ドックドームPro.6:300×300×155(h)cm(室内)(大人4人+子供2人)

スノーピーク(snow peak) テント ドックドームPro.6 SD-506 [6人用]

こちらはドックドームのアイボリーモデルです。キャンプサイトでは一際目をひく存在です。ドックドームの高機能はそのままに、爽やかなカラーはグラマラスなキャンプを演出してくれます。

スノーピーク(snow peak) ドックドーム Pro.6 アイボリー [6人用] SD-507IV

タープいらず。魅惑のオールインワンテント

ファミリーキャンパーが最終的に行き着くところがここではないでしょうか?居住空間が一体化している為、タープを貼る必要もありません。キャンパーの憧れがこのオールインワンタイプです。こちらもエントリーモデル、スタンダードモデル、Proモデル、と3つのモデルが用意されていますよ。

4.エントリーモデル|トルテュライト(4人用)

寝室とリビングの機能が全て備わっているため、このトルテュライトのみで快適なキャンプが実現します。インナールームは取り外しが可能。リビングだけで広く使用することもできますよ。


画像:snow peak

インナーサイズと就寝可能人数

トルテュライト:300×220×160(h)cm(室内)(大人2人+子供2人)

スノーピーク(snow peak) テント タープ トルテュ ライト TP-750 [4人用]

5.スタンダードモデル|タシーク(2人用)

アクティブデュオ向けの2ルームシェルターです。カップルやご夫婦にちょうど良いコンパクトサイズ。オプションのエクステンションを連結することで大型のファミリータイプにも変更可能です。


画像:snow peak

インナーサイズと就寝可能人数

タシーク:270×145×160(h)cm(室内)(大人2人)

スノーピーク(snow peak) テント タシーク TP-640 [3人用]

6.Proモデル|トルテュPro.

先にご紹介したトルュライトのProモデルになります。違いとしては生地がよりハイスペックなものとなり、シールド加工が施されているという点。その他は同一となります。


画像:snow peak

 

インナーサイズと就寝可能人数

トルテュPro.:300×220×160(h)cm(室内)(大人2人+子供2人)

スノーピーク(snow peak) テント トルテュPro. TP-770R [4人用]

7.ランドロック(6人用)

究極の2ルームシェルターともいえるスノーピークのランドロックです。大型でありながら完成されたフレームワークにより非常に高い剛性を誇るスノーピークの名作です。インナーテントの高さは何と190cm!成人男性が立って行動できます。アウトドアフィールドに究極のリビング&ベッドルームを提供してくれる「ランドロック」は、ファミリー層を中心に絶大な人気を誇ります。


画像:snow peak

インナーサイズと就寝可能人数

ランドロック:370×240×190(h)cm(室内)(大人2人+子供4人)

スノーピーク(snow peak) テント /R ランドロック TP-671 [6人用]

2017年 ランドロックがリニューアルしました

  1. インナーテントのドア部分が開放感のある中央開きに変更。
  2. インナーテント内からベンチレーションの開閉が可能となる。
  3. インナーテントにコードの引き込み口が2つ新設。
  4. インナーテントを固定するためのセーフティベルトが廃止されフライシートに直接固定するセーフティリングが新設、側面からの強風に対する安定性が増しました。

以上、スノーピークのテントのご紹介でした。

非常に高価で手が届かないと思われているスノーピークのテントですが、エントリーモデルであれば3万円程度で購入することができます。徹底したユーザー目線で考えられたテントは非常に使い心地が良く耐久性も抜群。キャンプをより快適なものにしてくれるはずです。ぜひ一度試していただきたいですね。

みなさまのアウトドアライフがより充実したものとなりますように。

 

ではまた。

ソロノニワ(solo×niwa)おすすめのキャンプ用品







-キャンプ道具, スノーピーク
-, , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] キャンプに快適なベッドルームを!|スノーピークのテントの選び方-Snow p… […]

  2. […] キャンプに快適なベッドルームを!|スノーピークのテントの選び方-Snow p… […]

  3. […] キャンプに極上のベッドルームを|スノーピーク の テント おすすめ-Snow p… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(試作品)ユニフレーム焚き火テーブルの専用トート♪のご紹介です。

今日はユニフレームの焚き火テーブル(神)の専用トートのご紹介です。 このテーブルはキャンパーに大人気のくせに専用のバッグがないのが残念でした。。 そして、私があまりに熱く語るものだから。 会社の方がオ …

スノーピークの「焚火ツールポール」を絶対に買うべき ”3つの理由” 

こんにちわ。solo×niwaです。本日紹介するのはこちらです。 スノーピークの焚火ツールポール 焚き火台の近くの地面に突き刺し、火はさみなどをかけておくステンレス製のポールになります。あまり期待して …

スノーピーク ギガパワーストーブ “地” のすすめ|旧モデル入手の最後のチャンスです。

今日のオススメのキャンプ用品はこちら。 誕生から19年も愛され続けているスノーピークのストーブです。     1998年、スノーピーク初の燃焼器具として世に送り出された、ギガパワー …

ナイフとファイヤースチールで火起こし|極太のフェロセリウムロッドが凄い!

こんにちわ、solo×niwaです。 焚き火の火起こしで困ったことはありませんか? 今日はライターを使わない着火方法について紹介します。使うのはナイフとファイヤースチールという金属の棒。フェロセリウム …

美しい|柳 宗理のアイススプーン

今日紹介するのは 柳 宗理氏のアイススプーンです。たまたまロフトで「これカッコいいなぁ」と、目について買ったのですが、これがすこぶる調子が良いのです。 アイスに「すっ」とささる感覚が良い アイスという …